« 2013年6月9日 - 2013年6月15日 | トップページ | 2013年7月7日 - 2013年7月13日 »

退院しました・・

2013年6月23日・・天気は曇り時々雨・・

 皆様、手術入院しますの記事に、ご心配のコメントをありがとうございます。塵埃記を更新して、皆様へのお返事といたしたいと思います。
 
 昨日に無事退院して、自宅に帰ってきました。帰ってきてすぐに孫達と近くの檀家寺のお庭でくつろぎました。
顎骨のう胞の切開手術は無事に摘出されたようです。削り取った骨は、また再生してくるそうですが、相当時間がかかるそうです。もとの歯茎に戻るまでは、2、3ヶ月かかるそうです。それから、歯医者さんで入れ歯にしてもらうことになりますね(左奥歯が3本なくなりました。)

 歯と顎は、少し時間がかかりますが、なんとかなりそうなのですが、入院中に高血圧症の可能性があると判断されました。いつごろから高血圧だったのでしょうね。いままで元気いっぱいに過ごしてきましたから、検診にも行かずにいましたから、わからなかったのですね。これも入院して判った事ですから、また不幸中の幸いと良い方向に考えるようにしています。

 市民病院の循環器科のお医者様は、「抑える薬を出しておきますが、このままにしておくと大変危険な病気です。手紙を書いておきますから、近くのお医者様に相談に行き高血圧を抑える管理をお願いしてください。」と言うことになりました。幸いに歩いて行けるところに、高校の先輩にあたり、懇意にして頂いている医者がいます(亡父、亡母がお世話になった)。市民病院の先生もご存知でしたね。

 帰ってきて、孫達との遊びで、大好きな日本酒を楽しみましたが、もう気楽にガブガブと楽しめなくなりました。また煙草も大好きだったのですが、これも相当減らすか、禁煙に踏み切らないといけないようになりましたね。
 呑気者ですから、そんな節制ができるか大変心配なんですが、自身の心の中では、今までに普通の人達の何倍も楽しんできた人生だから、そのツケをお返しする年齢になってしまったのだなーと思うようにしています。

 入院中に色々思考しましたが、あと何年人生を楽しめるのでしょうね。「一病息災」と言う言葉もあるなーとか、自身の死は自覚できない(どこで倒れようと良い)。ゴミとなって後始末に、皆様にご迷惑をかけるだけだなーと言うような人生観がわいてきたりしましたね。

 入院中の読書は、「月刊・正論」・「月刊ウイル」等々の月刊誌を読み漁りました。もう我が国を取り巻く世界は、外交戦争と言っても良い感じを持ちましたね。日本人のもっている高尚な精神性(魂)で、人間が作り出す貧困や自然破壊を防ぐ国になって欲しいなーと思ったりしています。
 また、なぜ各国は軍事を増強しなければならないのだろうと言うような戯言を塵埃記に落としてみたくなっていますね。

ではでは、少し疲れました。まだ入院ボケしているようですよ。
 

| コメント (2)

« 2013年6月9日 - 2013年6月15日 | トップページ | 2013年7月7日 - 2013年7月13日 »