« 2013年5月5日 - 2013年5月11日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

春の季節を、楽しめない日々となりました。

2013年5月31日天気は晴れ・・

 塵埃記の更新が出来ず、またネットのお友達のページにも訪問が出来ずに日々が過ぎています。この様な状態は、6月の後半まで続きますから、少し私の現状を記して、更新にします。

 歯医者に通いだしましたが、その時のレントゲン写真で、下顎の骨に異常が見つかりました。歯医者に勧められて、紹介状を書いてもらいまして、市民病院の口腔外科へ診てもらいに行きました。

 なんと手術が必要だとなりました。病名はまだ言ってくれませんが、「家庭の医学」で調べると、顎骨嚢胞だろうと思います。
 やっと2日前に、歯茎を切り、嚢胞を少し取り出して、検査しているところですね。今は、切開した歯茎を糸で縛っている状態ですね。大好きな酒や煙草が呑めなくなっています。

 そんなこんなで、5月の中頃から、歯医者通いに加えて、市民病院の口腔外科通いですね。全身麻酔での小手術で、入院が2週間ほど必要だと聞いています。
 口腔外科ですが、手術の為に身体全ての検査に通っている状態ですね。
 まあ、体の方は血液検査もその他も問題ないそうで、病院嫌いの自身の体が異常がないと判ったことが、「不幸中の幸い」だと思ったりしています。

 私は、お医者様には、一切の問いかけや要望を言わないことを身上としています。「お任せします。」とこの一言だけしか発しません。
 手術の日程なども、担当医が空いている日で決めてくれました。6月11日に入院します。それまでも、何度か病院に行かねばなりませんね。最初からだと、レントゲンからCTスキャン、その後も血液検査等々と検査ばかりですね。医者は、検査結果を見て、判断しているようですね。
 担当医との会話は、歯茎を切ったあとに、「酒と煙草は、ダメでしょうね?」と聞くと、医者は、「病院で、酒やタバコを嗜みたいという事は、警察でスピード違反しても良いですか。と言ってるのと同じですよ。」と言われて、「はあー」と頷いただけですね。

 入院中に、インターネット(できないみたい)を楽しみたいとか、どんな本を読破してやろか、諸々の思いを浮かべながら過ごしていますが、アルバイト先に迷惑を出来るだけかけないように、その日が来るまで、業務をある程度消化しておきたいので、焦る心も湧き上がってます。

 そんなこんなで、本年の春の花達との再会を楽しみにしていまいしたが、無理なようです。アルバイトをしながら、デジカメに残っていた花達で、デジブックを作りました。まあブログを飾る素材と成り果てましたね。

| コメント (2)

« 2013年5月5日 - 2013年5月11日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »