« 2013年4月28日 - 2013年5月4日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »

アカツメクサとそれに寄生するヤセウツボ・ホウノキ・クレソン・シナアブラギリ

2013年5月10日天気は雨

 雨の日は、集金業務の仕事が出来ません(カブで回ってます)。のんびりとパソコンの前ですね。歯医者に通いだしました。「確り歯磨きされていたようですから、まだ治療すれば大丈夫です。」(歯医者に通院するのは、45年ぶりです)と言われましたが、さてさて何ヶ月通院しなければならないのでしょうね(笑)。

 この季節には、里山深くに入れば色々な花達に出会えるのですが、本年は上記のような状態で歩き回る時間がないですね。町の役員(連合区・副区長)も仰せつかってしまいました。ブログ更新どころではないのですが、本日は雨!・・身近なところで更新しましょうです。

 Akatumekusa2013アカツメクサです。
 本当の名前は、ムラサキツメクサと言うそうですね。この草は、この季節には加古川堤防土手に咲き乱れます。紫一色と言う状態ぐらいになりますね。牧草として持ち込まれたようですね。私は、桜と同じように、季節を彩る花だなーと眺めています。

Yaseutubo2013ヤセウツボの芽生えでしょうね。
 このアカツメクサに寄生する植物です。面白い造形を持っていますね。大変に増えてきています。我地では要注意外来種となるかもですね。牧草と一緒に入ってきたようですね。食用にはならないのでしょうかね(笑)。

Yaseutubo20132ヤセウツボです。
 成長するとこんな姿ですね。

 この季節は樹木の花達の季節でもあるのですね。里山沿道あたりの樹木の花が咲いてないか探しながら、仕事をしています。

Hounoki2013ホウノキの花です。
 この樹木は、高木が多いです。花を眺めるのは、いつも見上げる状態ですね。高木にポツリ、ポツリと花をつけているのを楽しみます。タイサンボクの花に似ていますが、間近で見ると素敵な花だと思いますね。望遠の効くデジカメで、画像にして楽しむ花となっています。

Oranndatagarasi2013オランダタガラシです。
 この水草は、増えてきましたね。至る所の農道の側溝の中まで繁茂しかけましたね。近づいて花を眺めると、素敵な花模様を持っています。クレソンと言って、ヨーロッパでは肉料理の付け合せやサラダにして使うので栽培されているようですね。私は、農家の人達にとっては、田植え時期の溝整理には大変厄介な植物になってくるのじゃないかなーと思ったりしています。

 オマケ(毎年のように記しますね)ですが、シナアブラギリが満開になってました。この樹木は、私が我地をグルグルまわりますが、眺めることが出来るのは、一箇所です。里山を切り開いて作った道路そば(凄い坂道になってます)にありますね。

Sinaaburagiri2013満開のシナアブラギリです。
 訳のわからない画像ですが、こんなに咲き乱れているこの木を眺めたのは初めてです。私は、花をアップでデジカメで遊んでまして、この花が大好きになったのですね。

Sinaaburagiri20132シナアブラギリの花です。
 樹木の花なのですが、草花の様な趣を持った花だなーと、この樹木に関心を持ってしまいました。何とも言えない素敵な花模様だと、いつも眺められたことに、喜びを感じています。

 そんなこんなで、歯医者通い始まり、老いを感じながらの日々となりましたが、なんとか塵埃記を更新し続けることが、老い防止だと(記事を探す行動)、頑張りたいと思いながらの更新です。


| コメント (2)

« 2013年4月28日 - 2013年5月4日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »