« 2013年3月31日 - 2013年4月6日 | トップページ | 2013年4月14日 - 2013年4月20日 »

人生観を語り伝える・・

2013年4月13日天気は快晴・・

 塵埃記の更新が進みません。野花を追いかける時間がないのが原因なんですが、雨嵐の時に京都のさくら観光に行ったりしていました、少し疲れが出たりして、仕事に差し支えないようにと(それと天候も不順でしたから)、ネットに取り付けず、のんびり日々を過ごしていました(実は三国志と言うネットゲームしてました。)

 戯言を落とすのが塵埃記ですので、深夜の仕事中にグルグル頭に回っていることを少し記したいと思います。

 この前の野球部OB会で、現監督に「選手に、あなたの人生観を語ってやりなさいよ。」と話しました。その言った言葉を振り返って思考していました。

 甲子園出場やプロ野球選手と夢見たり、目標にしていると思います(他にも社会に出ての夢も含みますが)。少年達は、夢や希望を持ちますが、そこに到達する過程で何が必要なのかが曖昧な状態だろうと思いますね(経験値が少ない)。
 そこで経験値の高い大人達が持っている各個人の人生観を語ってやれば良いですね。いろんな人の人生観を聞くことによって、それぞれの少年が、それぞれの心の中で育んでゆけば良いと思います。

 体罰指導などで、スポーツは楽しむことが重要だとの風潮ですが、私の人生観では、自分のレベルを上げるのには、辛くて苦しい、また厳しい練習に耐えなければならないと思いますね。
 プロ野球で活躍した選手の中には、母子家庭で育った選手が目立ちますね。彼らにはその人生観が確りと備わる素養の中で、大きくなったように思います(母を早く、楽にしたいと)。

 学校教育の受験優先体制もそうですね。受験はあくまで技術力ですね。塾等々で受験技術を磨けば、目標に近づけますね。
 目標の大学に入学するのがゴールではないですね。どう社会に出て活躍するかが重要だと思います。
 それぞれの先生達(人生経験者が)が人生観を語ってやって欲しいですね。「勉強は楽しいものだよ。」・「勉強も大切だが体も鍛えておけよ。」・「社会に出ると礼儀が大切だよ。」・「遊ぶことも大切だよ。」等々と、各先生の持っている人生観は多様だと思いますね。
 その多様な人生観を聞くことによって、少年達の心もそれぞれに感じ取って、それぞれが未来につなげて行けるような気がします。

 家庭でもそうですね、我が家も同じですが、家族揃って話し合う事はほとんどないですね。息子、息子嫁、爺、婆と各自が孫達に、それぞれの思いで教育してますね。
 一緒に食事でもしながら、息子夫婦と共に、私の人生観などを語りあっている(押しつけではなく)ところを、孫達に見せてやりたいですね。私の子供の頃には、そんな光景があったと脳裏に残っているような気がしますね。
 学校も家庭も、せっかく経験してきた人生観を活かせなくなった世を感じ、良い方法はないものかなーと思ったりしています。正しく良い人生観を持たせてやりたいです。
 テクニカル(技術)の優先が永く続くと、現在もそうかもしれませんが、人生観なんかで飯が食えるかーとなってしまいそうですね(笑)。

 また纏まりのつかない戯言となってしまいましたので、この6日に京都へ桜を楽しみに行きましたことです。
雨降りでして、花見とはなりませんでした。

Myousinnji2妙心寺のしだれ桜です。

さくら観光した場所の画像を添付したいのですが、レンズに雨がかかり画像になりませんでした。どんな桜か各ホームページでご覧頂いたらと思います。

京都・妙心寺の桜平野神社とを花見しました。

Hiranojinnjya3平野神社の桜です。花絨毯(笑)。

Tawaraya俵屋吉富で頂いた和菓子です。甘いものはダメでした。

俵屋吉富では、京和菓子資料館を併設してまして、素晴らしい和菓子作品を眺めることができました(館内は撮影禁止でした)。


| コメント (2)

« 2013年3月31日 - 2013年4月6日 | トップページ | 2013年4月14日 - 2013年4月20日 »