« 2013年3月10日 - 2013年3月16日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »

フサザクラ・キブシ・ヤシャブシにアセビ・・

2013年3月28日天気は曇り・・

 もう3月も過ぎ去ろうとしています。我が家の裏の池土手の桜も咲き出しました(サクランボは散りました)。塵埃記を更新することができないでいました。仕事のついでに、早春の花達は楽しんでいます。走り撮りになっていますが、後日に3月のスライドショーにして、戯言と一緒にアップしたいと思います。
 ネットでは、ブラウザ三国志と言うゲームにハマリ込んで、遊んでいます。本年の花達をアップする時間を取られてしまいましたね。

 ではでは、カテゴリーの「里の花綴り・H25」として塵埃記を進めます。なるべくH24年の花綴りに掲載していない花達にしようと思っています。

 仕事やゲームに追われて、近場の野や里山近辺の花達だけを楽しんでいましたが、この22日に、ちょっと標高のある里山あたりを楽しんできました。ネコノメソウ・ショウジョウバカマ・セリバオウレン(終わりかけ)等々と、しゃがんで楽しむ花達も咲き出していましたが、見上げる樹木の花達を掲載してみましょう。

フサザクラです。Fusazakura2013

フサザクラの花です。Fusazakurahana2013
 この木姿を眺めたくて、里山に入りました。数年前から残り花を撮って楽しんでいましたが、満開の姿を見てみたかったのですね。桜と同じように、花が散ってから葉を出すそうですね。眺めた感想は、面白い趣を感じて、この花を詠んだ句があるのだろうかと思いましたね。万葉集にあるのだろうか、ご存知の方は教えてください。

キブシです。Kibusi2013

キブシの花です。Kibusinohana2013
 まだ花の少ない時期だから、この鮮やかな黄色は惹きつけられますね。垂れ下がっている花に近づいて眺めると、「嗟呼、里山の中の花だなー」と思います。農家のお庭では、眺めることのない樹木ですね。

ヤシャブシです。Yasyabusi2013

ヤシャブシの花です。Yasyabusihana2012
 この樹木もありふれていますが、この里山には多いですね。まだ緑の少ない時期ですので、眺めは楽しめますね。検索すると、この花は花粉症アレルギーを引き起こすことがわかったそうで、街近くに(六甲山系)植樹されていたものが伐採されているそうですね。

アセビです。Asebi2012

アセビの花です。Asebinohana2013
 この樹木は、我が地の里山には大変多いです。農家のお庭でも見ることができます。もう何処も満開と言う花ですね。この様な花姿は此れから色んな樹木の花で楽しめますね。ツツジ科だそうですね。どこかの農家の畑で、ツツジとアセビが満開になって並んでいたのを眺めたことがありますね(どこだったけー?)。

オマケは、ヒサカキの花です。Hisakakiaka2013
 ヒサカキの花は、好きな花でして白花はよく眺めて楽しみます。近場の雑木林で楽しみますが、白花の樹木に混じって、目を惹きつけた美しい赤花を眺めることができました。

 簡単な戯言を付けただけですが、画像掲載として、塵埃記を進めてみました。里の花綴りはこんな感じになります。此れからどんどん花達が咲き上がります。さてさて本年に、ページに登場する花達は・・・・と思っていますが、花達を追えるのか心配な心も湧き上がっています。
 じっくりと里山を歩いて、まだ出会っていない花達に巡り会いたいです(本年も無理かも)。

画像をクリックすると大きな画像になります。・・素直に眺めた様子を掲載したいのですが、上手く表現できません。もっと引いて木姿の画像も撮ってみましたが・・・絵になりませんね。

| コメント (2)

« 2013年3月10日 - 2013年3月16日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »