« 2013年2月24日 - 2013年3月2日 | トップページ | 2013年3月10日 - 2013年3月16日 »

妻の一旦停止違反・・・

2013年3月7日天気は晴れでしょう(深夜更新)。

 二日前に妻から面白い経験をしたと、話を聴きました。妻は過去に警察官に尋問された経験はないそうです。妻の話を塵埃記に落としておきたくなりました。

 妻が言うには、一旦停止線で確りと停止して、大概の停止線では、両サイドの見通しが確りできないからトロトロ発信して、確認の為にもう一度確り停止した。発進しようとした時に、脇から、ビービーと笛を吹いて若い警察官が飛び出して来て、「一旦停止違反だと脇へよれ」と言われて、その通りにして、話し合ったそうです。
 妻は、曲がったことが大嫌い(正義感が強い)ですから、「確り2度も止まったじゃないですか、見ていなかったのですか」と反論したそうです。若い警察官は、「妻の車を指して、これが止まっていると言うことだ。」とかモグモグ言ったそうですが、妻は停止したと自信があったのでしょう。彼は、「今回は、許してあげる」と言ったそうです。「違反をしてないのに、なにが許してあげるですか。」と言って立ち去ったそうです。
 止まった、止まってないとの正しい判断は、誰が・・警察官の言いなりなんでしょうかね。

 妻との続きの会話で、私は「気の弱い人や、老人だったら、一旦停止違反の切符(罰金7000円)をきらされただろうなー。」と話しました。私も曖昧な一旦停止違反で、2度違反切符を書かされましたからね。私もトロトロと止まるか止まらないかの速度で、私自身は停止したつもりだったのです。
 本当の暴走車の一旦停止は、隠れていては取り締まられないですね。走り去ってしまいますからね。私達のような安全運転で、ゆっくり走る車でないとですね。隠れているより、停止線そばで立っている方が、事故防止になるような気がしますね。

 一旦停止違反では、辛い思い出があります。引きこもっていた可愛い青年が、やっと新聞配達(一年半)で世の中を歩き出した時に、半年間で3回一旦停止違反で捕まり、免許証の停止期間ができてしまい、配達を断念せねばならなくなりました。彼は、夕刊を配達する通勤途中(50ccのバイクで)にある電車(一時間に一本)の踏切の一旦停止違反でしたね。私は彼に初めて、大声を出して叱りましたね。彼は、ボソボソと「同じところだから、止まったと思うのですが。」と言い訳していましたが、妻の話から、彼の止まったと言う方を信じてやればと、後悔の念が湧いてきましたね。
 彼は、噂では、落ち着いた職についてないと聞きます。もし彼の止まっていたと言うことが真実なら、彼の人生を変えてしまったのは、取り締まった警察官になりますね。

 あってはならないこととは思いますが、違反の取り締まりにノルマを課していないだろうか、また違反取締件数の多い警察官が上司に喜ばれ、優遇うされているのじゃないだろうかとですね。

 「不正を正してゆく強い心が、優しさを育む」・・・と私は思うのですがね。

 余談ですが、私は深夜の仕事(新聞配達人の手助け)をしているのですが、数日前に、パトカーが何台か来ていて、事故かなと眺めてみました。なんとミニパトカー(軽四)が、田舎町の側溝に頭から突っ込んいました。
この5年間毎日、深夜の田舎町を走り巡っていますが、事故を見たのは、初めてでした。

 なぜ見通しの良い側溝に落ちたのかは、わかりませんが、深夜働いている者からは、たぶん居眠り運転ではないだろうかと思いますね。
 私は新聞屋の泊まり業務もしてまして、時々警察官がやってきて、お話をします。ベテラン警察官が言うには、「業務が過酷で、若い警察官が辞める率が、大変高いよ。」と言っていた言葉を思い出しましたね。

| コメント (3)

« 2013年2月24日 - 2013年3月2日 | トップページ | 2013年3月10日 - 2013年3月16日 »