« 精神面でも、強い日本を取り戻す・・ | トップページ | 妻の一旦停止違反・・・ »

春を探しに、近場をぶらぶら・・・

2013年3月1日天気は曇りのち雨・・

 もう3月に入ってしまいました。日々の流れが早いです。相変わらずの日常です。大変に寒い日々が続きましたが、昨日(2月28日)は、天候も晴れ渡り、暖かい日中でした。仕事のついでに、春を探しに行こうと、ごく身近な所ですが、デジカメ遊びしました。
 本日のブログは、画像群で更新することにしました。

Harunono野辺です。
ナズナ、ホトケノザ、オオイヌノフグリと咲いています。私は深夜働いてますから、午後遅くから起き出しますので、オオイヌノフグリは、夕暮れ迫ると花を閉じ始めるようですね。

Tukusi2013土筆です。

Tanetukebana2013タネツケバナです。

Hakobe2013ハコベです。

Nanohana2013菜の花です。

Senntikoganeセンチコガネです。
もう農道を歩いてました。キラット光っていたのですが、画像にはできず。

 さて春探しは、こんなものでしたが、身近でも色んな鳥達を楽しめますね。ですが我がデジカメでは、ズームに限界(24倍ズーム)がありますね。上手く楽しめないから、眺めるだけにしていましたが、春の明るい日差しでしたので、楽しんでみました。
 40倍ズームの簡易デジカメが発売されましたね。大変に欲しいです。身近な鳥達は、苦も無く撮れそうな気がしますね。

Keri2013ケリです。

Tugumi2013ツグミです。

Karasu2013カラスです。
暖かくなると、カラスは田圃に沢山集まりますね。何かが湧いてきているのでしょうね。ミミズ?・タニシ?

 我が近場の野池や川では、沢山の渡り鳥達が楽しめますが、これも今のデジカメでは、確りと追うことができませんね。カメラを構えると、素早く遠ざかったり、飛び立ってしまいます。鮮明な鳥を捉えていませんが、「まあこんなものです」と言うことで、掲載しましょう。

Kogamo2013コガモでしょう。

Karugamoカルガモでしょうか?

Magamoマガモでしょうか?
後方に、アオサギが居ます。この大きな鳥は、沢山いましていつでも画像にすることができますね。

 近場をぶらぶらと1時間半のデジカメ遊びでした。

 身近なところでも、沢山の被写体があります。春になると野辺は、花達が咲き乱れます。花達は今のデジカメで充分に楽しめます。鳥達や獣達と言った動く被写体も沢山居るのですが、自然をもっと大きく楽しみたいですね。

 デジカメの性能がドンドン進んでゆくと、アマチュアカメラマン達が沢山の画像を作り出します。その中には、プロも驚くような写真が混じりそうな気がしてならないですね。

 デジカメ遊びを振り返りますが、200万画素のデジカメの時は、クリアーな画像にしようと、花は美しいものを探し歩き、動くものは抜き足差し足で近づいて画像にしました。難行を繰り返した思い出が蘇ります。
 デジカメが良くなり、だんだんと苦労しなくなって、簡易に画像にしている感じもしますが、高山植物も山を登る難行をしてはじめて画像にできるように、身近な被写体ももっとじっくり追いかけたいですが、時間がないことが、少し苦を感じています。本日の画像は、全く満足していません。


« 精神面でも、強い日本を取り戻す・・ | トップページ | 妻の一旦停止違反・・・ »

里の花綴り・H25」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
呑気様ほどの撮影技量になると、写真の出来栄えにはいろいろ注文が多くなることでしょうね。
多寡が遊びの世界ですので、向上心や何かでそれほど要求しなくても良さそうだと思う方も居るかもしれませんが、それは逆で、遊びで撮るるからこそ、凝って納得した画にしておきたいという気持ちが有るものですね。
心の中では「自分だけは画に納得・満足していたい」という思いは皆さんに共通のことかもしれません。
小生も10年間愛用してきたカメラが故障・廃棄してから、もう8ヶ月以上も満足できない画と付き合っています。
最近4ヵ月くらいになるのですが、欲しい機種の新聞一ページ大の大きなコマーシャル写真を目の前に貼り付けて、ため息をついています。
今のところの道楽といえる唯一のものが、カメラのこの機種の購入であるかも知れません。

春を現す草花や、動物たちがたくさん出て来ましたね。
センチコガネが今頃から出ていたとは驚きました。
コガモはこの仲間の中では警戒心が一番強い様ですね。
なかなか近付かせてくれませんね。

一番下の画でアオサギの前で泳いでいるのはオシドリ♂ではないでしょうか。
姿が美しくて可愛いので、この鳥を撮りたくて、バードウォッチャーに人気の鳥ですね。

チョコマカと動きの早い小鳥達を目標物にして、とても良く撮れていると思います。

投稿: ぶちょうほう | 2013.03.03 14:09

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

カメラ技術が全くありませんので、本当の意味での写真を趣味とされてきた方達の様には遊べていません。
 デジカメの性能の進歩に助けられているような気がしてならないです。カメラのことを思うと亡父を思い出してしまいます。

 でも写真(画像)の持つ特徴などを思考したりはしてしまいますね。止められない時間の連続からの切り取りを意識してしまいますね。
 アップ画像が多い植物群の、同じような画像ですが、その時の切り取った時間を思い出しますね。
 そんなこんなで、新しく被写体にする時も過去の画像を思い出して、少しでも違う角度や姿を求めていますが、そんなに上手くゆきませんね。

 なぜかと思考したりしますが、やっぱり自然とは、一瞬の出会いですからね。花達と出会った時は、一期一会となり、上手く撮影しようと言うより、花に近づいて、その時間を楽しんでしまうようです。

投稿: 呑気おやじ | 2013.03.04 16:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 精神面でも、強い日本を取り戻す・・ | トップページ | 妻の一旦停止違反・・・ »