« マンサクとロウバイ | トップページ | 精神面でも、強い日本を取り戻す・・ »

心に不安な感情が湧き出してきています。

2013年2月14日天気は晴れ。

 中国との不安な関係やら、中国の公害の地球環境への影響やら、北朝鮮の核実験やら、どんどん値上がりする物価やらと我々を取り巻く環境(未来)が不安な気持ちを抱かせることがいっぱいになってきたように思います。
 小さいところでは、野の花達を楽しみたいと暖かい季節を待っているのに、マダニの感染症問題ですね(孫達と遊べないですね)。

 諸々を思考するに、人類・地球はどこへ向かっているのだろうかと不安がいっぱい湧いてきます。「愚かなり人類」と叫びたくなりますね。解決策を思考していますが、争いをやめて、対話する世界を作り出せばと思いますが、難しいようですね。地球自体が温暖化等々で、滅びの世界に入ってゆくことを考えれば簡単なことのように思うのですがね。

 中国やアフリカ諸国の大大陸の様相を眺めますと、もう手遅れかもしれないと不安が募ります。ネットなどの発信も主義や主張じゃなく、地球全体の未来を人類がどのように行動すれば良いのかと言うようなことを、学識者達だけでなく、どんどん個人発信して欲しいです。もう先進国の全人類が啓蒙してゆかねばならないと思います。
 まだ思考がまとまってなく、訳のわからないことを言ってしまってますが、争っている場合じゃないと、このままだと、国々の問題よりも全てが滅んでしまうと言う啓蒙を発信すべきだと思ったりしています。

 ブログ発信して10年以上なりますが、野の花達に自然(地球)の大切さを教えてもらったなーと振り返っています。2004年あたりから、200万画素のポケットデジカメで、自然を画像にしてブログを飾ってきました。
 その画像群をデジブックにアーカイブとして整理してみました。お暇な方は、のんびりとお楽しみください。

« マンサクとロウバイ | トップページ | 精神面でも、強い日本を取り戻す・・ »

塵埃記(2013)」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
本当に不安要素が満ちていますね。
ところが、これが昭和48年のオイルショック以前でしたら、日本中がイケイケドンドンでしたね。
そんなことも、つい少し前のことのような気がしています。

人類の滅亡・・・・・確かに、人類の生存の歴史なんてものは、宇宙の歴史から見るとのほんの一瞬でしかない様ですね。
ある学者によれば、人類はいつか必ず滅びるそうですが、
間違った人為によって、滅びるのが早まるのは哀しいですね。

この頃の世情では、「どうせ取られても自分の命だけ」・・・と割り切って生きていかないとやっていけない感じがしますね。

日本では、今後ますます老齢者切りは進むでしょうから、我が山の神様は先行きを大変不安がりますが、小生は前出の「どうせ取られても自分の命だけ」と変な割り切り方を、彼女に披露している次第です。

日本の精神構造の根幹部分がどんどん侵食されていますので、自分は良いとしても、後世が気の毒です。

先日、医者の待合時間に文庫本を読んでいて、こんな言葉に出会いました。

「草に喩ふれば、裾野に穂を閃かす薄の如く、木に形容すれば、野路にひと際秀でたる一本杉の如く、人に具現すれば風骨珊(さん)として秋に聳えたる清痩(せいそう)の高士の如し」というくだりでした。

「清痩の高士」・・・・明治の文ですが、文人の気骨を感じますね。

※なかぞらさんのページで、こらそん・からまわり時代の遊びが「陳列?」されて来ました。

投稿: ぶちょうほう | 2013.02.15 12:01

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

そうですね。後世に対しての不安が湧いてきているのでしょうね。

自分自身に対しては、ぶちょうほう様的達観でゆくべきでしょうね。
 死に対しては、大変思考していまして、ある所までまとまっています。親の永い介護もあり、在宅で看取りましたから、また死に直面したことが3度(事故)あり、そのうちの一つは、痛みも何も感じないと言う、事故自体の記憶もないと言うものでした。
あのまま死んでいると思うと、空です。何もない世界を感じています。臨死体験と言えるのかどうかですね。

また老いてから、時間の長短はありますが、必ず介護されなければならないです。足掻かず死と向き合いたいと思っています。意識のある内に、死に向かう要望を子供達に残しておこうとも思っています。

なかぞら様のページを覗いてきました。アーカイブされていましたね。また楽しみに参りたいと思います。

私の画像アーカイブは、とりあえずはここまで・・終了しました。

投稿: 呑気おやじ | 2013.02.15 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンサクとロウバイ | トップページ | 精神面でも、強い日本を取り戻す・・ »