« 無私の心を学びたい・・ | トップページ | マンサクとロウバイ »

我里の花アーカイブです。

2013年1月30日天気は曇り・・

 アルバイトをしながら、色んな思考が浮かんできて日々を過ごしています。ネットのお友達との交流が途絶えてしまっています。この塵埃記を進めてから、ゆっくりとお伺いして、皆様の近況を楽しみたいと思います。

 また島崎藤村の「夜明けまえ」を楽しんでいるのですが、ある意味で現在の日本の状態に通じるような感じも受けています。異国の驚異で人心が乱れて行く・・

 中国や北朝鮮や国際テロ組織等々と我が国を取り巻く環境が、平和ボケから、異国の驚異を感じざるを得ない時代に入ってきているような感じも持ちます。新聞屋の当番(泊まりで)、各紙の色んな学者の記事を読みあさっています。
 まだまだ思考がまとまりませんが、日本人の心を取り戻す(いや、作り出す)ことが大切なような気がします。どんな心なんだ・・江戸、明治、戦前、戦後の日本の心も安心できないところもありますね。良いとこ取りで、作り出すでしょうかね。日本人は何を美徳としているのだろう・・また思考しておきます。

中国の方達は、会社で謝罪することがないそうです。謝罪すると、ミスや罪を認めることになるからですね。
体当たり事件の漁業船長は、即刻帰されましたが、それは日本に非があり、謝罪すべきだとなるようですね。

 また中国の方達が日本に来て、ご近所付き合いで、「よろしく」とお礼の品々を送ることは、日本と同じなんですが、日本は「お返し」と言って、また品々をお届けすると、大変悲しまれるようです。「お返し」は、お付き合いを断ると言うことらしいです。そんな違いをどう乗り切るのかと思考したりしています。心が通じれば・・とは思うのですがね。

 さてアルジェリアの事件で、心が曇りがちになり、思考が乱れてしまっていましたが、この一週間ほど、古い整理画像の花達を眺めて、楽しんでいました。花達は心を癒してくれますよね。

 そこでたいへん小さな画像(400ピクセル以下)にして、整理していましたので、デジブック(スライドショー)では、どんな画像になるのだろうと心配していましたが、なんとか癒しを楽しめるようです。
 まだまだ紹介したい花達が沢山ありますが、思いつきで選んでみました。懐かしい200万画素のポケットデジカメの画像は、花のアップばかりだなー、と振り返って楽しみました。
 お暇な方は、のんびりとお楽しみください。
(下端のページめくりをクリックすると手動で楽しめますよ。)


実を言うと、ブログの飾り(身近な花達)→ を変更したかっただけなんです。

« 無私の心を学びたい・・ | トップページ | マンサクとロウバイ »

塵埃記(2013)」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
呑気様とお付き合いが始まってから、もう11年くらいになるのでしょうか。
早いものですね。始めのうちは呑気様のページで遊ばせていただいていましたが、圧倒的な情報発信量でしたね。
当時の熱気は沈静化しましたが、今でもきちんと情報を発信し続けて居られることは、小生のようなグウタラ人間にはいつも励みになっています。

中国、北朝鮮、韓国の竹島占拠問題、アルジェでの大事件など随分わが国の安寧を脅かされることが多いですね。
相争い、欲望は果てしなく、いつも自分だけが正しい・・・・こんなところが人間のサガであり、ここのところを弁えてお付き合いを始めるべきなのでしょうかね。
そう言い切ってしまいますと、何だかとても空しくなります。

「日本人の心を取り戻す」、「日本人は何を美徳とするのか」・・・ご提示されるように拠り所は必要ですね。
それをどう求めるかは、それぞれの近づき方がありそうですが。
小生の場合は二宮尊徳あたりに行き着くのではないかと、うすうす思っているのですが、これは個人差があって当然のことですね。

呑気様がこの前の記事(「無私の心・・・」)で紹介された方達もいずれ劣らぬ立派な考えをお持ちの方達でしたね。

デジブックで「アーカイブⅠ」を拝見しました。
懐かしい花たちがたくさん出て来ましたね。
これから「アーカイブⅡ」を楽しませていただきます。

投稿: ぶちょうほう | 2013.01.31 10:46

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

日本の心とは、考えてみますと、世界の国々よりは、わかり易い気がします。世界は宗教であったり、民族であったりと、大変難解なようですね。

花アーカイブは、自分自身が楽しむために作成しました。この何年かは、会えていない花達もありまして、本年の目標にしたりしています。

投稿: 呑気おやじ | 2013.01.31 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無私の心を学びたい・・ | トップページ | マンサクとロウバイ »