« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

呑気な野遊び・・

2012年3月2日天気は雨

 もう3月に入りましたね。寒さの厳しい仕事の日々でしたが、ここに来て暖かさを感じました。今日の深夜の仕事は、久しぶりに体表に汗が出ていましたね。

 そんな日常ですが、BSで過去のアカデミー受賞作品が放送されて楽しんでいました。好きな作品だった「セント・オブ・ウーマン(夢の香り)」が放送されて楽しみました。何度見たかなーと言うぐらいですね。続いて、「不都合な真実」を見ました。このアカデミー賞作品は、ドキュメンタリー受賞でしょうか、元大統領候補のゴア氏の温暖化防止の講演会そのままの映像でしたね。
 どちらの映画も大変に感動しました。どう感じたかと言うとアメリカの良識と内在する正義のパワーが存在するのを感じました。
 「セント・オブ・ウーマン」では、清廉潔白な勇気ある優秀な頭を持つ青年が出てきます。また「不都合な真実」では、未来を予測したゴア氏が、人類に向かって「まだ間に合う」と叫びながら真実を訴えていますね。

 小生は、この2作品で少し心が暖まりました。正しい道へ導いてくれそうな超才能ある人達が、必ず人類の未来を切り開いてくれる様な気持ちになったからですね。アメリカの民衆もそれを期待しているから、2000年代に出来上がったような映画のような気がしましたね。
 やっぱり心が清廉に動く人がと同感して思いました。私達も才能豊かな正しい心を持つ人達を見極め、潰そうとするような人達(マスコミも含め)も見極めて、政治家やリーダーを選択してゆく努力が必要だと感じました。小生の見極め方は、才能はもちろんですが、清廉潔白と勇気のある人ですね。
 まだご覧になっていない人は、「不都合な真実」は見て欲しいと思いましたね。また日本の外交もアメリカ(世界中)の良識派と親交を深めて欲しいですね。沖縄の問題も・・・と思ったりします。

 さて、昨日は好天で暖かかったので、集金業務の前に、我が地の里山辺りをカブでのんびりまわって来ました。もう早春の花達がポツリポツリですが、咲きあがっていましたね。ありふれた小さなもの達ですが、デジカメもって眺めていると、心が安らぎますね。「幸福」とはとよく考えますが、この歳になって自己の心の持ち方(有様)だと思えるようになりました。
 簡単に言うと、総てを手に持った信長、秀吉、家康から、何も手に持たないボロ衣だけの良寛、山頭火、お釈迦様あたりの心こそ幸福度が味わえるのじゃないだろうかとですね。「負け惜しみじゃないですよ。」と言う言葉が我が口から落ちると言うことは、後者の幸福度を味わうのも厳しい心の修行が要るようですね。と言うことは、呑気者はどちらの幸福感も味わうことは無理ですね(笑)。

 本年初のデジブックを作ってみました。まだまだ花達の季節ではないので、画像が少なく、チョット文章で誤魔化してやれと遊び心いっぱいで作ってみました。拙いスライドショーですが、クスット笑っていただければ、幸い(幸福)です。

「呑気な野遊び1」

| コメント (4)

« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »