« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »

共生心未発達問題

20012年12月28日天気は雨

 前の塵埃記は、孫達の未来を想像していますで戯言を落としましたが、孫達の未来は国や地球の未来ですね。そこで思い(戯言)が少し纏まりましたので、塵埃記を進めます。

 私は、「いじめ問題」と言う言葉を変えれば良いと常々思っています。「共生心未発達問題」とか「人間関係未発達問題」とか、もっと良い言葉がありそうですね。

 なぜかと言うと、「いじめ」は行為そのものが行われた問題ですね。実際は事件になる前に、沢山の差別的な心理的圧迫の空気が流れているはずですね。大人社会も一緒ですね(ただ事件性を抑えているだけ)。

 この空気が流れている状態から問題にしないと、根本的な解決方法はないと思いますね。共生する心が育っていないからですね。
 この学校、この教室、この職場等々は共生心(人間関係)未発達だから、改善しようと取り組むべきであろうと思いますね。「いじめ」が起きると想定出来た時点で対処すべきで、「いじめ」と言う行為を封鎖すべきだと思います。「いじめ」(事件や問題)が起きてからでは遅いですね。

 核家族化やマンションのお隣も知らないと言う地域社会交流の貧弱化が進んだせいで、共生と言う言葉が埋没して行くようです。ネット社会の発達もそのことを推し進めている感じも持ちますね。(ネット社会では「共有」と言う言葉がありますが、私はよく理解できていませんね。)

 この共生と言う言葉を思考すると、現在の国々の領土や領域の紛争問題や民族差別紛争の問題にも及んできますね。変なナショナリズムを煽って、紛争していますよね。地球環境の悪化に比べればと思考すると、人類の愚かさも感じてしまいます。

 孫達の未来では、世界規模で地球の環境改善に取り組まなければなりませんね。その為には、共存・共生する心を大きく育てなければならないと思います。

 地球の自然から学べば良いですね。多種多様な共存・共生から成り立っていますからね。その多種多様性も減少しているそうですね。心配の種の一つですね。

 我が国や隣国との領土問題も、新聞等から色んな解説を眺めますが、どうも自国がどう取り組むべきかが多いですね。過去の歴史を踏まえると、彼の地の思想はこうだからの対処法みたいな論説が多いですね。歴史を踏まえて、改善しうる新しい思想を発して欲しいですね。
 未来志向または地球規模思想から共存・共生の道を解説する学者が、多く出てきても良い様な気がしますね。
 
 紛争(虐め合い)を続ける人類(我が国)の未来は、素晴らしいものとはならない様な気がしますね。
 共生心未発達問題と言えるでしょうね。

| コメント (2)

孫達の未来を、自分自身が歩く様に想像しています。

2012年12月23日天気は曇り

 デジカメ遊びが全くできずに、ブログの更新ができずに過ごしています。塵埃記に落とす想いは、深夜の仕事中に沢山わいてくるのですが、眠るとボヤけてしまいます。今一番の日々の関心事(楽しみで)で、戯言を綴ることにしました。

Magoburogu
 孫達の成長を眺めながら、日々を楽しんでいます。孫達は、いつも明るく元気ですね。泣いて何かを要求している時も元気いっぱいですね。
 おそらく何処の幼児達も明るく元気だと思いますね。成長するにつけて、明るさや元気さが変化して行くことだろうと思います。

 年末になり、自分の過去を振り返ったりしています。記憶にある60年間ほどは、色々な人生模様を描いてきたなーと思います。様々な人生の岐路に遭遇してきました。
 その都度選んできた進路が正しかったのかは、大変に疑問に思っています。

 でも、この歳になりますと正解だったと思う様にしています。人生双六に例えると、まだまだゲーム途中で、サイコロを振り続けなければならないですね。
 もしも違う路を選んでいたら、運命的に考えるとサイコロはもう振れなかったかもしれませんからね。身近な友人達の人生双六が先にゴールしてしまいましたからね。

 そのように思考すると、孫達も成長するにつけて、色んな人生の岐路に立たされることになりますね。どんな人生路を選んで歩いて行くのでしょうね。私と同じように、迷いながら歩いて行くと思いますね。
 そう思うと、私の知らない未来を、孫達が歩いて行くことになります。私のDNAをもった孫達が、色んな人生模様を経験してゆくことになりますね。
 私が土の中に入ってからの方が、彼らの人生模様が多岐に渡って続いて行くことになります。ある意味で私の代わりに、様々な未来を歩いて行く感じを持ちますね。

 息子に関しては、彼の未来というより人生模様を一緒に(同時)に歩いているような気がします。息子の人生双六も、孫達や家族の為に、まだまだサイコロを振り続けて行かねばならないですね。

 そこで思うのですが、自分が成功者になる人生双六のゴールは「明るく元気に」(小学校時代の標語)歩いて行くことだと私は思いますね。明るくて元気な姿が、好感が持てる社会が続いて欲しいですね。
 色んな人生路があり、欲が大きければ大きいほど、境遇の落差を感じると思いますね。しかしどんな境遇に陥っても明るく元気に生き抜いて行くことだと思います(サイコロを振り続ける)。

 標語は、「明るく元気に」のあとに「清く正しく」と言う言葉が続きますが、両方を成し遂げられたら、自己の心の内では、成功者だと思うことができると思います。
 
 金銭や名誉や地位と言う名の成功は、人生途中の大切なお荷物と言えるかもと思ったりしています。私も人生途中に、このお荷物を少々抱えたことがあります。まだ一つ持ってますが、誰かに譲ってあげたいですね(笑)。
 手に持っている荷物を、他人が評価する成功ですから、自己の心の中ではどうなんだろうと思ったりしています(重荷だったりして)。

 これからの未来を歩いて行く孫達にアドバスですね。「明るく元気に」は、常日頃に言い続けています。幼児の時は大丈夫ですね(元気すぎます)。
 成長するに付け、青春時代から社会人と色んな問題に遭遇するでしょう。その時に爺が言っていた「明るく元気に」を思い出して欲しいです。未来の孫達の人生双六を全うして欲しいですからね。サイコロを振り続ける(生き抜く)ことですね。
 真の成功者に成りたいなら、「清く正しく」を自己の心に焼き付けて歩いて欲しいですね。心の有り様で最終成功者となる一番簡単な人生路ですね。私自身ができたかどうか、これからできるか・・反省の気持ちがあるからですね。

 孫達の未来の青春時代ぐらいは眺めてみたいです。またその後の人生模様もどんなだろうか、私の代わりに楽しんでくれることを願っています。

| コメント (2)

« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »