« 2012年1月1日 - 2012年1月7日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »

士道を伝承する大相撲・・

2012年1月22日天気は晴れ・・

 大相撲の把瑠都の優勝を祝福したいと思います。エストニアからやってきたのですね。エストニアも素敵な国ですね。国民の4人に一人が合唱団に参加している国ですね(エストニア・タリン合唱祭)

 色々と問題のあった大相撲ですが、なんとか士道を伝承して欲しいと思います。小生は、大相撲は格闘技の中で最強であろうと思っています。丸い土俵の中で瞬時に勝敗を決する格闘技ですので、その破壊力はすさまじいものだと思います。ちょんまげを結って、士道の礼儀を尽くして戦うと言う競技だからこそ日本人に愛され育ってきたのだと思いますね。

 大相撲ですが、横綱、大関と海外からの力士が目立ちますが、小生はなんら心配していません。彼らに士道を受け継いで欲しいですね。また引退後も士道を、自分の育った国に紹介して欲しいですね。
 大相撲界自体が、士道に反する行為が多すぎましたね。昔の士道だったら、切腹ものだと思いますね。小生は、国民自体がその精神(潔癖性)を忘れかけていると思いますね。

 千秋楽のテレビから、把瑠都の奥さんが着物姿だったのが印象に残りましたね。また桟敷の観客の中にも、着物姿がちらほら見えましたが、少なくなりましたね。相撲ファンなら、桟敷あたりの観戦は着物姿で楽しんで欲しいですね。大相撲を盛り上げる、また日本美を伝承するのをファン自体から盛り上げて欲しいです。
 内閣総理大臣杯も、着物姿で受賞してあげて欲しかったです。

 最強の格闘技としての面白さもありますから、世界から挑戦者が出てきて当然だと思います。しかし見世物や興行的になり過ぎてはいけないですね。日本の伝統や精神(士道)を受け継いでこそ大相撲ですね。
 今相撲界で活躍している海外からやって来た力士達には、日本人力士より士道(忍耐力)を感じますね。これからも相撲が強くなるだけではなく、日本の心を伝承して欲しいですね。

 把瑠都関には、おめでとうと言いたいです。エストニアと言う素敵な国を日本に紹介すると共に、彼がエストニアに日本の士道(伝統)を伝えてくれることを望みますね。親方衆には、相撲を強くするだけではなく、彼にその心(士道の真髄)を伝えて欲しいですね。親方衆達がその心を伝える能力が落ちてしまえば、大相撲の発展や伝承は難しいと思います。

 お金が稼げる国技から、心(士道)を伝承する国技として、各国からその心を学びたい、知りたいと言う挑戦者をどんどん受け入れても良いのじゃないでしょうか。日本の若者達も、その心を大相撲から学ぼうとする力士がどんどん出てきて、士道の本質を伝承して行って欲しいです。

 老いて来ましたが、色んな若者達を眺めながら、一緒に働ける幸せを感じながら、日々を過ごしています。今の日本の若者達が忘れかけている日本の伝統心(歴史の半分近くを先導した武士の心)を残したいですね。勤勉、勤労は士道の本質かもしれませんよ。 

 

| コメント (5)

« 2012年1月1日 - 2012年1月7日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »