« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »

感謝する心を持つ大切さ・・(ロンドンオリンピックから)

2012年8月9日天気は快晴・・

 天候は変な感じの日々となってます。日中は暑いですが、深夜は寒いですね(爽やかの方が良いかも)。
さてロンドンオリンピックを、深夜の仕事をしながらラジオで結果を知りながら、昼間にテレビ中継で試合の模様を楽しんでいますが、人生に大切なある心を知り、塵埃記に落としてみたくなりました。「感謝する心」なんですが、概略を記しまして、また深く思考してみたいと思いました。

 オリンピックで優勝した選手たちが、応援してくれた国民、サポートしてくれた人々、家族、友人に対して、感謝の気持ちを表す言葉が大変に多いですね。世界一になった選手達です。個人的には大変な努力を積み重ねてきて、性格も尋常でない個の強さを持った人達だと思いますね。いろんなサポートがないと世界一になれないと言う現状競技もわかりますが、感謝する心を持つことは、我々一般人にも大切な心だと思いますね。

 私達も、家族や隣人、勤めている会社や職場の人達に対して、感謝する心を持ちたいですね。この心が、総てを円満に、また成長につながるような気がしています。
 
 教育界においても、小さい頃から「感謝する心」を培って欲しいですね。親、先生、友人に感謝する心を持てば、色々な問題も解決の方向に向かうのじゃないかとですね。人間は何がしかのサポート(交流)がないと生きて行けないことを知る大切さですね。極端に言うと、対戦相手(敵)がいないと世界一にもなれないのですからね。敗れていった選手達にも感謝すべきでしょうね。ある意味のサポートだと思いますね。学校内の競争相手や、嫌いな奴らも、社会性を成長させる人達と捉えてみてはどうでしょうかね。

 一般社会(職場)においても大切な心だと思います。色々な若者達(母校野球部の選手達を含め)を眺めて、良き社会人になって欲しいと願っています。
 先ずは、雇ってもらった会社に感謝ですね。それから職場の先輩、同僚、後輩に感謝する心があれば、少々仕事ができなくても、皆から認められ、一歩づつ人生を歩んで行ける様な気がしますね。また上から眺める人達も、多くの下の者達がいないと成り立たないと言う感謝の心を持つべきでしょうね。

 小生は良心を持つことの大切さを常々思考しています。個人が良心を持ち、悪心を少なくすることで、世の中が良くなるのじゃないかと、子供の様な思いを持ち続けています。「感謝する心」は、オリンピックの世界一なにった選手達からの良心を強く感じましたね。

 「感謝する心」(良心)は、これからも深く思考してみようと思います。民主主義や自由主義の中で、個の自由度や個の優劣度が優先する社会にどんどん向かっていますが、心が伴っていない気がしてならないです。
 政治家や官僚から感謝の言葉を聞くことがなくなりましたね。日本のリーダー達の心はと・・考えてしまいますね。そんな甘い考えで、国の運営ができるかと言われるかもですが、国は国民(庶民)が支えていることを忘れないで欲しいですね(国民に感謝ですね)。
 景気が悪くて、生活が大変だと嘆く我々ですが、ある意味での豊かさは、感謝に値するかもと思いたいですね。

 また訳の判らない戯言を落としてしまいました。日本は世界に誇れるほどの豊かさの中で暮らしているみたいですが、良心の成長が伴っているのだろうかと不安視しています。良心の一つの「感謝する心」を増やしてゆくのも良いのかもと、オリンピックを見て記してしまいました。
 また色んな些細な事例を引き合いして、この心の大切さを綴ってみたいですね。もちろん小生の好きな野の花達や自然のありがたさに感謝する心も発信したいですね。
 

| コメント (2)

« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »