« 2012年6月24日 - 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月29日 - 2012年8月4日 »

夏の大花を眺めながら、日々が流れました。

2012年7月12日天気は雨のち曇り・・

 梅雨の季節ですが、雨量が大変に多い感じがします。深夜の業務でも、例年なら強い雨なら長くて40分ぐらいで収まるのですが、本年は2時間以上降り続くことありますね。配達業務は、皆さんカッパを着て頑張られるのですが、強い雨だと中までずぶ濡れとなりますね。若い連中達は、「海水パンツで、裸で配達してやろうかー」と冗談交じりに言うぐらいですね。

 さて亡くなった親達の跡を継いで大阪で風呂屋を営んでいる甥っ子の結婚式も終わりました。これで、我が法事から叔父の葬儀、後輩の葬儀と続いてきた冠婚葬祭も一段落すると思います。
 次の祭は、母校野球部の夏の予選ですね。本日から母校野球部は、コールド勝ち発進しましたね。また応援の日々がやってくることになりました。

 そんなこんなで、趣味の野の花を追いかける楽しみが出来ないでいます。塵埃記の更新が進みませんので、カブで走りながら(仕事をしながら)眺める夏の大花達を掲載してやることで、誤魔化してやれとなってしまいました。

Kimigayorann
キミガヨランですね。この花は今の季節に農家のお庭、お寺のお庭等々と眺めます。常緑低木とありますね。野で咲いているものも見ますから、大変に強い植物のようですが、美しさには、走っていても止まって眺めてしまいますね。深夜に、お客様の玄関に咲いているのを車のライトが照らし出しますが、オウッと声が出ますよ。

Tatiaoi
タチアオイですね。この大花も、野や田園畦道、農家のお庭や畑と至るところで眺めています。我が地では、夏の定番の大花となっていますね。長く咲き続けているようですね。また種類も多いようですが、ある農家のお庭で八重咲きのタチアオイを見ました。そこの奥さんが、「花のまま、ぽとりと落ちて散りますよ。」と言う話を聞きましたね。

Gama
ガマですね。この花も大花と言えますね。ソーセージの様な棒が雌花で、その先に雄花だそうですね。水辺や池の周り、水田跡あたりで眺めています。秋から冬のガマの穂の方が有名ですね。

オマケは、ネムノキです。

Nemunoki2012
この花の木も、夏に赤い面白い花を咲かせるので、眺めて楽しみますね。マメ科の落葉高木ですので、下から眺めることがほとんどですね。この花の木を上から眺めてみたいと思っていましたが、ある高台にあるお客様の庭から、道路そばに咲く夏のネムノキを上から楽しむことができました。
 夜に葉をゆっくりと閉じるから、眠る木(ネムノキ)となったとありますね。そんなことも知らずに毎年楽しんでいたのですね。

 まだまだ夏を彩る大花達は、たくさんあると思います。我が地の極身近で眺めた大花達と言うことで、塵埃記を進めてみました。

 一言戯言を、テレビのニュースから九州方面で、雨による災害が広がっていますね。亡くなられた人達も多数出ています。お悔やみを申し上げるます。ですが、国会中継も流れていますが、日本は自然災害の頻発する国家です。それを踏まえた国の政治の方向性の問題(大義)が、後回しになった様な議論ばかりの様な気がしますね。
 政局云々より、日本の大義をかざして、国民に選択させる政治を目指して欲しいと、戯言を落としておきましょう。

| コメント (2)

« 2012年6月24日 - 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月29日 - 2012年8月4日 »