« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »

タチカモメヅル・エビヅル・ママコノシリヌグイにコマツヨイグサ

2012年6月30日天気は雨・・

 叔父を亡くして、その後一緒に母校グランドで汗を流した、一つ年下の後輩の急逝で驚きました。そんなこんなで自然の中に入り、野花をじっくりと楽しめていませんが、昨日の仕事の合間に探し歩いた花(大変に見つけにくいです。)を綴って、塵埃記をすすめます。

 Tatikamomeduru2012タチカモメヅル・・ガガイモ科 カモメヅル属の多年草です(2012・6・29撮影)。

 1cmあるかないかの大変小さな花です。毎年楽しむのですが、なかなか見つけにくいです。最初に出会った時は、ゴミか虫がついているのかなーと眺めた花ですね。草株が大変少ないです。毎年同じ場所で探すのですが、増えないようですね。野の大草に絡みついているのを探すのですが、葉の違いを見つけるように探します。
 本年も咲き出した花に出会えました。

Ebiduru2012エビヅルの花(2012・6・29撮影)・・ブドウ科ブドウ属でつる性の落葉木本です。

 このエビヅルも我が里では、大変に見つけにくいです。どこでもあるという木本ではないですね。「エビヅルの秋の実」(2007・10・7撮影)ですが、実がなると見つけやすいのですが、ある場所でしか見ることは出来ないです。
 夏の花を見ようとすると、タチカモメヅルと同じく葉の違いを探してから、小さな花が咲いているかを覗くことになりますね。

Mamakonosirinugui2012ママコノシリヌグイ・・タデ科イヌタデ属(またはタデ属)の1年草です。

 この花は、我が里ではこの季節には色んなところで見れますが、近づいてじっくり見てやらないと花の美しさがわからないほど小さな花ですね。野花を楽しみかけた頃に、花名が面白くて興味を持ちました。棘だらけの茎や葉から名付けられたそうですが、三角の葉の造形も楽しもうと思えば、充分に季節遊びできますね。

Komatuyoigusa2012コマツヨイグサ・・北米原産の帰化植物です。(2012・6・23撮影)

 我が家の裏の空き地に、この季節になると咲き上がりますが、ちょと荒れた農家の庭や、荒地や川原で沢山見ることができます。昼間も咲いていますが、夕暮れに時に一番綺麗な姿になっているようです。
 あまりにも身近な花として、野花綴りに記してやる事にしました。マツヨイグサ、オオマツヨイグサもこの季節には、至るところで楽しめますが、昼間は花姿を画像にする気になれませんね。深夜の仕事中に、車のライトを照らしてみると素晴らしい咲姿をしていますね。

Musihikiabu2012ムシヒキアブです。(2012・6・29撮影)

オマケです。ムシヒキアブはこの季節には、花探しをしているとよく見かけます。凄いスピードで飛ぶのですが、今回は、なぜかゆっくりと飛んでいましたので、草に取り付いた時に眺めてみると、確りとカナブンを捕らえていました。近写できるほど動かなかったですね。カナブンが重かったのでしょうね。
 ムシヒキアブと言う名前がよくわかる画像として、記してやる事にしました。

 叔父、後輩と続け様に急逝を見届けまして、自然遊びが出来ていません。7月8日には、甥の結婚式です。忙しいのですが、不幸からおめでたい幸へとの切り替えとなってくれるように祈りましょう。

| コメント (2)

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »