« 2012年5月13日 - 2012年5月19日 | トップページ | 2012年5月27日 - 2012年6月2日 »

ウツボグサ・ナワシロイチゴにタンナサワフタギ

2012年5月26日天気は晴れ・・

 昨日は、春雨の中をカブを飛ばして仕事をしました。月末の25日は、会社関係の集金をいっきにまわるのですが、田舎のことです。農道や里山をぬけて走ってゆきます。昨年には、上手く出会えなかったウツボグサが咲いていましたね。残念ですが、カメラを持っていませんでした。

Utubogusa2012
ウツボグサ・・シソ科の植物の一種です。(2012.5.25撮影)

 野花を追いかけ始めた頃(10年以上前)は、我が家の裏に広がる田園地帯やその中にある野池土手辺りを、毎日の様に愛犬の散歩中に野花を楽しんでいました。ウツボグサは野池土手で出会ったのが初でしたね。この野池辺は、大変に植生が豊かでして、遠くに行かなくても、季節の花が次々と咲き上がってきます。まだ野花達のことをほとんど知らなかった小生にとっては、日々珍しい花と出会えると池に向かっていましたね。
 渡り鳥たちが飛んでくる野池です。色んな野花達の種を運んでくるのかもしれないと思ったりしています。

 ウツボグサのこの面白い造形と花穂と花弁の色合いの美しさを眺めて、いっきに野花にのめり込ませてくれましたね。陽射しの良いところに咲くようでして、キラキラとフリルを纏って、踊っているように風に揺れてましたね。
 上記の画像のウツボグサは、小生の穴場で撮影しました。カブで10分です。飛ばしましたね。近場の野池は、草が刈られていました。

Nawasiroitigo2012
ナワシロイチゴの花・・バラ科キイチゴ属です。(2012.5.23撮影)

 お腹を空かした子供の頃に、学校の帰り道でよく食した苺(「ナワシロイチゴの実(2006年撮影)」)でして、この実はノイチゴだとばかり思っていました。ネットのお友達から、ナワシロイチゴと言う正式名を教えていただき、野花の正式名を知ることに目覚めさせてくれた思い出の野の花ですね。
 この季節、田舎では至るところで眺めることができます。実も沢山なりますが、誰も採ろうとしませんね。ジャムにすると美味しいそうですね。まだ作ったことも、食したこともありませんね。

Tannnasawafutagi2012
タンナサワフタギ・・ハイノキ科 ハイノキ属です。(2012.5.23撮影)

 この木の花は、毎年同じ場所で楽しみます(近くの山池の林床です。)。綿毛をいっぱい樹葉に載せたよう見える姿が大好きなんです。実を言うとサワフタギとの区別が小生にはつかないことや、「樹木名は、葉を見て判断する。」らしいのですが、とても小生ごときは、まだまだその領域に入れないでいます。ネット画像との比較やら、我が地の森公園内では、タンナサワフタギと木札が下がっているのが多いことでタンナサワフタギとしていますが、自信がありません。
 未だにこの樹花を楽しむと、樹名の難しさを教えてくれることで、思い入れがあるのかもですね。昔の画像も、サワフタギにしたり、タンナサワフタギにしたりしていますね。他の場所で、この樹花を確り楽しんだ記憶はありませんね。タンナサワフタギは、朝鮮のサワフタギとなるそうですね。

 今回は、この3花ですが、どんどんと思い入れの花達が咲き上がっている。また咲き出しているですが、頭の中に浮かぶこの季節の里の花達を全ては追えないですね(笑)。今日も良い天気ですが、この更新が終ると、仕事に出かけます。

| コメント (4)

良心を持つ(作る)大切さ・・遊季節・H24・4

2012年5月20日天気は晴れ・・

 深夜の仕事中に、NHKラジオの心の時代「明日への言葉」を楽しんでいます。面白いお話が多いのですが、どうしても自分の日常と比較してどうかと考えてしまいます。

 沢山のアルバイト(配達員)が勤務する会社(新聞屋)のことも思考してしましますが、心の持ちようによって良い方向に向かう様な気がしてなりません。管理・指導する(社員系)人達が、「配達員は宝物」と言う心を持って接すると良いと思いますね。なぜかと言うと、配達員の勤労で会社が成り立っているからですね。社員系(事務から営業を含め)は、ある意味でその経費で働いていますからです。
 深夜に働いて稼ごうとする配達員達は、能力には関係なく単純な仕事(危険もともないます)をやり遂げなければなりません。そんな中で、管理・指導する人達の心を読み取ろうとします。そこで心だけは、「配達員は宝物」と言う思いやりの心が必要だと思いますね。その良心だけで、指導や育成にも心が通い合い信頼が生まれ、スムーズな業務になりますね。心を持っているか、いないかだけで決まるような気がします。

 この様な良心は、色んな世界に通じますね(「我が部下は宝物」・「我が生徒は宝物」等々)。行動に表すことができなくても、心を持っていると、周りの人達は、その心を読み取ろうとします。持っているかいないかと言う小さなことですが、大変に大切なことだと思いますね。また良心を持ち続けることで行動や姿勢を産んできますね。

 小生も老成してから心の持ちようを考えるようになりましたが、若い人達に良心の作り方(持ち方)を学んで欲しいと思いますね。人間社会の複雑さの中で、どんなに時代が進んでも、心の読み取り合いが最重要なところとなりますね。ネット社会においても同じ様に良心を求め合っているのですからね。
 この事がなくなると、心無い事件の多発となり、孤独な心に苛まれる社会となりますね。「絆」と言う言葉がよく使われますが、良心を求め合っているのだと思いますね。
 良心を持つことによって、人の世は生きやすくなるのじゃないでしょうか。持つだけ簡単なことですね。目標・夢(欲)も良心の上に乗せて欲しいです。

遊季節・H24・4が出来ありました。お暇な方はお楽しみください。

 

| コメント (2)

« 2012年5月13日 - 2012年5月19日 | トップページ | 2012年5月27日 - 2012年6月2日 »