« 2012年4月15日 - 2012年4月21日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »

ギンランとヒメハギ・・付録にキンラン

2012年5月1日天気は晴れ

 この季節に里山で大変会いたくなる野花があります。ギンランとキンランなんです。キンランの思い出は、後ほどで・・

Ginnrann2012
ギンラン・・ラン科キンラン属の多年草です。

 山道の道沿いに咲いてます。草丈10センチほどの小さな花です。このラン科の花の咲く場所は、我が地で小生は一箇所しか知りません。後ほど記するキンランもほとんど見れませんが、過去に沿道で出会ったことがありますね。
 ちょっと季節が早かったかもですが、会いたくて行った場所には、この画像の一花しか楽しめませんでした。最初に見つけた時(数年前)は、数花を楽しんだ記憶があり、年々増えることを願ってました。残念ですが、毎年会いに行きますが、少なくなっているような気がして心配しています。

Himehagi2012
ヒメハギ・・ヒメハギ科ヒメハギ属の常緑多年草です。

 この花は、この季節には大きな池土手(手入れのされた)辺りに行くとよく見られます。色と造形の面白さが好きなんですね。本年の画像は、乱雑に咲いているものを掲載しましたが、面白い花をつけた草姿を、寝転ぶようにして近写を楽しむ花なんですね。デジカメを地面に置いて、カメラ任せに撮影することもある花です。この画像のなかには、白花も写ってますね。パソコンに落としてから気づきました。老眼が進んでいますね(笑)。

Kinnrann2011
付録のキンラン(昨年の画像)・・ラン科キンラン属・多年草です。

 なぜ付録としたのは、昨年の画像で我慢していただくためです。ギンランよりも大きくよく目立ちます。咲く場所も毎年違う場所のような気がします。此花は歩いているのかと思う時がありますね。以前に出会った場所に行くと見つかりませんが、ふと出会うことがよくありますね。また盗掘されているのかもしれませんね。それぐらい綺麗な草姿をしていますね。車で走っていて、里山付近の沿道で出会ったことがありますが、菜の花等が咲き乱れているのですが、おっと車を止めてしまうほど、同じ黄色の花ですが美しさに違いを感じますね(葉姿が素敵なのかも)。

 このキンランには、大変深い思い出があります。一番最初にキンランに出会った時に、その美しさに魔が差して、我が家に持ち帰り鉢植えにしたことがあります。ネットの野花の師匠に、「此の花を鉢植えで、育てることはできません。」と教えられて、恥ずかしい思いをしましたが、この事件で野花を追う心構えが確りとできました。
 小生は、絶対に花に手を触れないと誓いましたね。自然のままの花達を楽しもうですね。自然のまま・・この楽しみ方を知ると、心が益々和み、豊かになり、そっと眺めていると虫達が花を演出してくれることも知りましたね。
 触るよりも悪どい、盗掘が多いですね地エビネが見れなくなってしまいましたね。里山を探し回りたいのですが、時間がなく、花好きの爺さんの鉢植えエビネを楽しむしかないです。

 ギンランよりも少し遅く咲くキンランにも会いにゆきたいですが、無理なようです。母校野球部が春の県大会でベスト4に勝ち上がっています。こちらの応援も重要ですからね。

| コメント (2)

ノミノフスマにノミノツヅリ

2012年5月1日天気は晴れ

 もう5月に入ってしまいました。野の花達はどんどん咲き上がっています。春の柔らかい日差しというより、初夏を思わせるぐらいの陽気な日々がありましたね。深夜はまだ肌寒い日もあり、寒暖の差に小生はついて行けてないのでしょう。体が怠いですね。

 さて里の野花綴りを更新しますが、いっきに花達が来ていますので、ああこの花にも思い出がと綴りたいのですが時間がありませんね。そこで、2記事に分けて進めてみます。

 畦道や農道や休耕田では、花盛りなんですが、そのてんこ盛りにと言った状態の中にいかほどの野花達が咲いているのでしょう。この記事を書きながらですが、頭に十種以上は浮かんできますね。その中で、この時期に真っ白に彩る小さな小さな花達がいます。

Nominofusuma2012
ノミノフスマ・・ナデシコ科ハコベ属の一年草(越年草)です。

Nominotuduri2012
ノミノツヅリ・・ナデシコ科 ノミノツヅリ属の越年草です。

 上記の野花を検索してみると(Wikipedia等々)「小さな雑草花」と記されていますね。この花達の思い出は、我が家西方の田園にどれくらいの野の花が咲くのだろうと追いかけかけて、2,3年後に名前を知りましたね。ノミ(蚤)が付く面白い名前ですが、この花達の名も上手く付けたものだと、また花追いに拍車がかかったことを思い出しますね。ノミノフスマの画像の中に「カスマグサ」も写っています。安いポケットデジカメで花達と遊んでましたが、近写で楽しむ味を覚えましたが、ピンボケの山を築きまして、ネットのお友達と「ピンボケ倶楽部」を結成して遊んだことを思い出しますね。カスマグサは、現在のデジカメでもピンボケの山です。

 こんな小さな花達を知り、以後はどんなに小さな花達をも見逃さないぞと楽しみを増やしてくれた花達を綴りました。

| コメント (0)

« 2012年4月15日 - 2012年4月21日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »