« 県立社高校野球部・秋の県大会はベスト16でした。・・遊季節・H24・9 | トップページ | ミカエリソウ・ヤマトリカブトにアキチョウジ・・オマケ色々・・ »

ミズオオバコ・アサザとキカシグサ・・オマケにトウゴマ・・

2012年10月5日天気は晴れ・・

 明日から、佐保神社の秋祭りが始まります。あっという間に1年が過ぎ去ったような気がします。アルバイトに出てから、秋祭りは、酒を楽しむだけになりました。若い衆にお任せです。
 野花をじっくり楽しみたいのですが、給料を貰っている以上、仕事を確りとこなさなければならず、里山深くに入って、のんびりと味合うことが出来ないでいます。本日は、少し時間がありましたから、車で野花を追いかけてみました。オケラが、まだ蕾だったのが残念です。花に会いに行けるかなー??です。

Mizuoobako2012ミズオオバコ・・トチカガミ科ミズオオバコ属の水草(2012.10.5撮影)。

 小さな溜池に咲いています。例年なら水面から出て咲いている花を楽しみます。本年は水中で咲いている状態です。花下に気泡が写っています。水の濁りがなく、日当たりも良く、まあまあの花画像になったなーと喜んでいます。水草とありますが、水中花とも言えますね。いつも花より葉を眺めることが多いです。葉も確りと楽しみました。

 Asaza2012アサザ・・ミツガシワ科アサザ属の多年草(2012.10.5撮影)

 この花もあるお寺の庭池のようなところに沢山咲き上がります。此の花を楽しみたくて、車を走らせてしまいました。我が地のお隣町に稲美町と言うところがあります。大変溜池の多いところなんですが、アサザはその地域で楽しめると言うことで、探し歩いたことが多々ありましたが、出会えないでいました。
 なんと小生がよく野花を探し歩く場所近くの山寺そばの小池に咲き乱れてました。一昨年ぐらいに出会いましたが、毎年眺めに行きたくなる花ですね。
「アサザ咲き乱れる小池」です。

Kikasigusa2012キカシグサ・・ミソハギ科キカシグサ属に属する抽水植物(2012.10.5撮影)

 アブノメやらコナギやらと、水田雑草と言われる花を追いかけます。このキカシグサは大変小さな花(1、2mmでしょう)でして、花そのものを画像に出来ませんでしたが、本年は花姿がわかる画像になったようです。水田雑草の中では、鮮やかな赤い色を持っていて、気になっていたのです。名前がわからず放置していましたが、名前が分かってから、花画像をと追いかける楽しみを与えてくれた野花ですね。

 次は、オマケのトウゴマです。

Tougoma2012トウゴマ・・トウダイグサ科トウゴマ属の多年草(2012.10.5撮影)

 この季節に農家の庭で、たまに見かけていました。画像にしても、名前が判らず放置していました。本日のある農家のお庭で見かけて、カメラを構えていますと、その家のお婆さんが出てこられました。「名前を教えてください。」と頼みますと・・「トウゴマと言って、今は生花などで楽しんでます。」と言うことでしたが、種をあげますから、育ててみてくださいと頼まれました。
 我が家に帰って、ネット検索でトウゴマを見ますと、紀元2000年から4000年前からの草(熱帯地方は木本です)でして、大変面白い記事がいっぱいでした。これからのエネルギーとしての活躍の場があると言う記事もありましたね。

 種も指輪にしたいぐらい美しいと言う記事もありましたので、早速貰ってきた種の皮をむいて見ました。

Tougomanotane2012トウゴマの種

 模様が面白いと言うことでしょうね。まあ上記の植物達の様に面白さや、美しさは、非常に多岐に渡っていて、毎年追いかけて楽しみたくなりますと簡単に結んで、明日からの祭りに備えたいと思います。

« 県立社高校野球部・秋の県大会はベスト16でした。・・遊季節・H24・9 | トップページ | ミカエリソウ・ヤマトリカブトにアキチョウジ・・オマケ色々・・ »

里の花綴り・H24」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
長らくご無沙汰していました。
また小生の掲示板のほうにもお訪ねくださり、ありがとうございました。
この一ヶ月間は、家で沈潜して居ましたが、それはネット上のことで、実生活では孫のお守りで明け暮れていました。

幼児との交接の時間は何物にも変え難い、実に貴重な一瞬の連続ですね。
こんな宝物のような時間を生きられて(ささやかではありますが)、幸せを感じます。
でも、毎日がとても疲れるものですね。

呑気様の身近に見られた秋の草花のうちでは、三河で見るものと重なるものもありますが、未だに出会えないものもあります。
これこそがお土地柄なんでしょうね。
そしてそういうものにネットを介して出会えるのが、いつも呑気様が仰言る「醍醐味」に違いありません。

季節が進んでいくとこれからリンドウ、ウメバチソウ、センブリの咲き出す時がやってきます。
これらの花に出会うのが楽しみですね。

投稿: ぶちょうほう | 2012.10.09 08:34

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

 孫との遊びは、大変楽しいですが、疲れると言う言葉はついてまわりますね。息子の時には思いつかなかった、彼らがどのような行動を取りながら頭や体を発達させているのだろうと、眺めて楽しんでいます。

 上の二人は、だいぶ大人しくなりましたが、3番目(1歳7ヶ月)の末娘が、母の前だと大変な我侭なようで、長く泣き喚いていますね。
 仕事に出かけかけた母親が、困り果てていますね。小生は、母親に「時間が解決してくれるよ。」と言ってます。泣き喚く時期は、長い一生の間の一瞬ですね。日々が流れ、歳を重ねるごとに忘れられてゆきますね。

 野花を追いかける時間が大変に少なくなっています。ぶちょうほう様の仰るように、自分を鼓舞しないとならない年齢になってきたようですね。
 ネットも同じで、発信と言う心も鼓舞しないとですが、小生はブログは、小さな自分史(日記)でも良いなーと思うようになりましたね。

 オケラの花を楽しみに行きたいです。

投稿: 呑気おやじ | 2012.10.10 13:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県立社高校野球部・秋の県大会はベスト16でした。・・遊季節・H24・9 | トップページ | ミカエリソウ・ヤマトリカブトにアキチョウジ・・オマケ色々・・ »