« ミズトンボ・アキノウナギツカミとイシミカワとオナモミ・・ | トップページ | ミズオオバコ・アサザとキカシグサ・・オマケにトウゴマ・・ »

県立社高校野球部・秋の県大会はベスト16でした。・・遊季節・H24・9

2012年9月27日天気は晴れ・・

 日々の流れが早いです。もう本年もあと3ヶ月となりました。母校野球部の応援も夏の大会はベスト8でした。我が校に勝った滝川第二高校が甲子園出場でした。この10年ほどなんですが、我が校に勝ったチームが、甲子園に行くと言うのが、大変多い気がしています(8割ぐらい)。

 秋の県大会も新人達が頑張りました。東洋大姫路高校との対戦で、9回ツーアウト、ランナーなしまで1点リードしていていました。ホームランで追いつかれ、連打で逆転され、3対2で惜敗しましたね。優勝候補の一角である東洋大姫路が甲子園に行くのじゃないかと思ったりしています。身びいきなんでしょうかねー・・

 またまた野球(特に高校野球)の難しさを感じさせられた好試合でした。まず感じましたのは、投手はやっぱりコントロールが一番大切だと思いました。相手校のエース左腕のコントロールも素晴らしく、我が校の1年生右腕投手も素晴らしいコントロールで、強打の東洋大姫路校を押さえて、緊迫した投手戦を演じてくれました。

 打者として経験のある小生からすると、アウトコース低め、インコース低めとコントロールよく投げられると、打者はなかなか強打を打ちきれないですね。鋭くスイングすることが困難なんですね。少々球が早くても、真ん中よりにくると、鋭く振り切ることができますね。
 バットの素振りで、アウトコース低め、インコース低めを予想して、振ってみてください(わかりますよ)。

 そんな中で、我が校の1年生投手は、踏ん張りました。7回ぐらいまで、コントロールミスがないと言うほど素晴らしいピッチングでした。8回あたりから、スタミナが持たなかったようで(9回まで投げきった経験があったのかなー?)、球が高めに上ずりだし、ボール3となることが増えましたね。ちょっと危ないなーと感じさせました。
 握力が弱ってボールが上ずり、カウントを悪くすると、ストライクを取ろうと、腕が振り切れず(置きにゆく)、どうしても真ん中よりに球が集まりだしますね。残念ですが、9回につかまり、ホームランを浴びてしまいましたね。
 ボールを速く投げることも才能ですが、コントロール良く投げることも才能だと思います。少々球のスピードが落ちても最後までコントロールを失わないスタミナをつけて欲しいです。

 この試合で、もう一つ野球(プロの野球でも)の難しさを、またまた痛感してしまいました。投手を交代させる時ですね。投手が1年生ですので、交代機は幾度もありましたね。でも0点で抑えている投手は、代えるのは難しいですね。同点に追いつかれて、また二人のランナーを背負った時点で交代しましたが、もう試合の流れ的に、次の投手が抑えきるのは難しいですね。
 8回の先頭打者から、9回の先頭打者から、ホームランを打たれて同点になってランナーなしの時とあったように思います。投手交代しても、結果はどうなるか?ですから、監督も難しい決断に、悩まれたことだろうと想像してしまいます。

 そこで、あの有名な取手二高と常総学院で活躍された木内幸男監督の話をNHKラジオ(明日へことば)から、聞いた話を、ここに落としておきます。対戦相手が決まると、寝床に入ってから、試合をシミュレーションするそうです。 どんな試合になるか色々と考えあぐねて、朝まで眠れないこと多々あったと仰ってました。このシミュレーションで行こうと決められるそうです。ダルビッシュとの対戦のシミュレーションの話が面白かったです。
 木内監督は、「ダルビッシュから一点を取りに行っても、絶対にくれない。だからバントはなし、ランナーが進められなくても、彼がこれで0点だと安心して甘く投げてきた時に、長打が出て点が入ればと考えた。」と・・老練監督な模擬試合を予想され、ダルビッシュを攻略しましたね。

 試合の流れによる監督の難しさもありますが、前もって模擬試合を頭の中で持っていても良いと思いますね。今回なら、1年生投手だからいくら良いピッチングをしていても、7回までとですね。でもこんな好投をするなんてと言うシミュレーションができなかったのかもですね。そう考えると、高校野球は難しいスポーツですね。

 そんなこんなですが、社高校野球部の新チームも強豪校と互角以上に戦えることが分かりました。来年も選手達の躍動する姿を眺めるために、春と夏に球場に行っての応援が楽しみとなりました。

「遊季節・H24・9」ができました。お暇な方は、季節遊びと言うことで楽しんでください。


 
 

« ミズトンボ・アキノウナギツカミとイシミカワとオナモミ・・ | トップページ | ミズオオバコ・アサザとキカシグサ・・オマケにトウゴマ・・ »

塵埃記(2012)」カテゴリの記事

コメント

呑気さん こんばんは、

今頃もうお仕事の支度をなさっていることでしょうね。
随分涼しくなりました。

月に2回、西脇の整形に先生のリハビリ受けに行っているのですが、
今日も、372号線上鴨川信号から右に折れて行きました。

その道を走っているとトンネルの手前ぐらいでしたか、
右に折れる道があるのが何処に行くのか気になっていました。
今日は時間があったのでその道を降りてみました。
「やしろ鴨川の郷」という良いところがあったんですね。

池のほとり、”あぐりぴあ”と言うところでコーヒーをいただきながら
今度は友達を誘って周辺を散策してみようと思いました。

ヒガンバナも咲き始めてとても心地よい風に当たってきました。

そうそ、ハギがたくさん咲いていました。

投稿: ryo | 2012.09.27 22:32

ryo様・・ありがとうございます。

西脇へリハビリに通われているのですね。確り養生してくださいね。

「やしろ鴨川の郷」も楽しまれたようですね。もう出来て相当の年数が経っていますね。出来る時には、儲からない箱物をまた作るのかと、問題になった施設ですね。

でも自然が豊かで、整備されていますから、綺麗なところとなってますね。
 鴨川は、篠山と同じぐらいの気温だと思います。加東市の北海道と言われています。開発が遅れて、まだまだ自然がいっぱい残っていて、野花達も豊富ですね。

ではでは、お体ご自愛いただき、篠山から西脇の秋を楽しんでくださいね。

投稿: 呑気おやじ | 2012.09.28 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミズトンボ・アキノウナギツカミとイシミカワとオナモミ・・ | トップページ | ミズオオバコ・アサザとキカシグサ・・オマケにトウゴマ・・ »