« 感謝する心を持つ大切さ・・(ロンドンオリンピックから) | トップページ | ナンバンギセル・ノダケ・ママコナとサワトウガラシ・・・ »

ガガブタとガガイモ・池面のトンボ達・・

2012年8月17日天気は快晴・・猛暑

 オリンピック、お盆も過ぎ終わり、のんびり過ごしていますが、大変な猛暑です。自然の中に入ってゆくのがちょっと心配(熱中症)で冷房を利かして、甲子園野球を眺めながら、パソコンの前ですね。

 ガガブタとガガイモを仕事の途中で眺めましたので、二つの花達でブログを進めます。ガガとは古語の鏡のことだそうで、鏡蓋、鏡芋と和名であります。由来は諸説あるようでして、はっきりしませんが、古語からの名と言うことは、大昔から皆さん楽しんでいた花達なんですね。

Gagabuta2012
ガガブタ・・ミツガシワ科アサザ属の多年草です。
 近写です。何とも言えない造形をもっていますね。

Gagabuta2012no2
ちょっと引いた画像です。こんな感じで池面に咲き乱れています。

Gagabuta2012no3
池面を眺めるとこんな画像になります。我が地から加西市に入ったところの池で楽しめます。何年か前に、もっと密集して白花が咲き乱れていて、真夏に雪模様を感じたほどでした。この花は、一日花でして、朝咲いて午後にはしぼんでしまいます。と言うことは雪模様を感じるほど咲いているガガブタは、希にしか楽しめないと言うことになりますね。

Gagaimo2012
ガガイモ・・ガガイモ科・ガガイモ属のツル性多年草です。
 近写です。毛で覆われている花で、ガガブタと似ていると言えば言えなくもないですね。

Gagaimo2012no2
 ガガイモが咲き乱れている姿です。この時期には、この様に絡みつくツル性の植物をよく目にします。ヤマノイモ、オニドコロ、ヘクソカズラなどですが、花を楽しみますと確りと名前を呼んでやることができますね。
 ガガブタやガガイモは、身近な自然の中で楽しめますが、野趣がいっぱいで大好きな花達です。

 オマケは、池面で遊んでいるトンボ達を掲載します。

Utiwayannma
ウチワヤンマです。
 オニヤンマだと眺めていましたが、尾っぽに突起をもっていますね。検索でウチワヤンマに行き着きました。

Syoujyoutonnbo2012
ショウジョウトンボです。 鮮やかな赤い体ですね。

Tyoutonnbo2012
チョウトンボです。ピントぴったりに画像に為難いトンボです。ひらひらと飛び回っていることが多く、何かに止まっている姿は、距離がありますね。

 この蝶を、200万画素の安物ポケットデジカメ(昔の愛機)で、近写したいと、何年か前の朝方に飛びかう池面に行き、草に付いていた姿を確りと近写出来た時の喜びが蘇ってきますね。自然との遊びは、毎年追いかけて出会って眺めたいと言う楽しみもありますが、過去の出会いとかも記憶が蘇り楽しめるものだと思ったりしています。これもデジカメと言う、画像に残すことが、その楽しみを増やしているのでしょうかねー。

 もう一つ戯言です。田舎の年老いた方達が言ってます。「昔は熱中症と言うのは、なかったなー、日射病はあったなー、ちょっと思うのだが、春や梅雨が短い、すぐに暑くなり、体が徐々に夏に向かって慣れて行かない、だから熱中症が増えるのかもしれんなー。まあ風が流れる田舎では、少ないじゃろう。」とですね。


« 感謝する心を持つ大切さ・・(ロンドンオリンピックから) | トップページ | ナンバンギセル・ノダケ・ママコナとサワトウガラシ・・・ »

里の花綴り・H24」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
甲子園の高校野球もいよいよ最終局面間近になりましたね。
長らく続いてきた真夏の暑さも甲子園が決勝戦の頃には勢いがなくなると聞いてきましたが、今年の夏はどうなるのでしょうね。

土地のご老人の仰言る様に昔は熱中症と言う言葉が無くて、小生が子供の頃は「日射病」とも云わずに「かくらん」という呼び名が一つだけありました。
恐らく「霍乱」と書くのでしょうが、”かくらん”と言う言葉で充分でした。

昔は文明の利器も未発達で、暑さに対しては扇風機すらも無くて、うちわで扇ぐか、我慢するしかなかったですが、
それが当たり前でしたね。
ところが現代では手軽・気軽に冷気を得られて、子供の頃から暑さや寒さに対する抵抗力が低くなっていますね。
その辺が原因しているような気もします。

呑気様とのお付き合いの中では常連となった、夏の懐かしい花達・昆虫達を楽しませていただきました。
ウチワヤンマは今でも未だ見たことが有りません。

投稿: ぶちょうほう | 2012.08.20 20:32

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

のんびりと自然の中に入って、季節遊びをしたいのですが、本年はどうもそう言う訳にはゆかないようです。極身近な毎年恒例の花達で、ブログを更新するしかできなくなりました。老眼の進みと体力(気力)の衰えも感じはじめました。

 また愚妻の身内が亡くなりました(明日葬式です)。本年は、沢山の別れがあった気がします。冠婚葬祭の多さを感じています。そんなこんなから、老いを益々感じるようになってしまいましたね。

 どう老後を生きるかを思考しすぎて、行動する気力が停滞していますね。

投稿: 呑気おやじ | 2012.08.21 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感謝する心を持つ大切さ・・(ロンドンオリンピックから) | トップページ | ナンバンギセル・ノダケ・ママコナとサワトウガラシ・・・ »