« 桜の季節が終わりました・・遊季節・H24・2 | トップページ | ギンランとヒメハギ・・付録にキンラン »

ノミノフスマにノミノツヅリ

2012年5月1日天気は晴れ

 もう5月に入ってしまいました。野の花達はどんどん咲き上がっています。春の柔らかい日差しというより、初夏を思わせるぐらいの陽気な日々がありましたね。深夜はまだ肌寒い日もあり、寒暖の差に小生はついて行けてないのでしょう。体が怠いですね。

 さて里の野花綴りを更新しますが、いっきに花達が来ていますので、ああこの花にも思い出がと綴りたいのですが時間がありませんね。そこで、2記事に分けて進めてみます。

 畦道や農道や休耕田では、花盛りなんですが、そのてんこ盛りにと言った状態の中にいかほどの野花達が咲いているのでしょう。この記事を書きながらですが、頭に十種以上は浮かんできますね。その中で、この時期に真っ白に彩る小さな小さな花達がいます。

Nominofusuma2012
ノミノフスマ・・ナデシコ科ハコベ属の一年草(越年草)です。

Nominotuduri2012
ノミノツヅリ・・ナデシコ科 ノミノツヅリ属の越年草です。

 上記の野花を検索してみると(Wikipedia等々)「小さな雑草花」と記されていますね。この花達の思い出は、我が家西方の田園にどれくらいの野の花が咲くのだろうと追いかけかけて、2,3年後に名前を知りましたね。ノミ(蚤)が付く面白い名前ですが、この花達の名も上手く付けたものだと、また花追いに拍車がかかったことを思い出しますね。ノミノフスマの画像の中に「カスマグサ」も写っています。安いポケットデジカメで花達と遊んでましたが、近写で楽しむ味を覚えましたが、ピンボケの山を築きまして、ネットのお友達と「ピンボケ倶楽部」を結成して遊んだことを思い出しますね。カスマグサは、現在のデジカメでもピンボケの山です。

 こんな小さな花達を知り、以後はどんなに小さな花達をも見逃さないぞと楽しみを増やしてくれた花達を綴りました。

« 桜の季節が終わりました・・遊季節・H24・2 | トップページ | ギンランとヒメハギ・・付録にキンラン »

里の花綴り・H24」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜の季節が終わりました・・遊季節・H24・2 | トップページ | ギンランとヒメハギ・・付録にキンラン »