« ノミノフスマにノミノツヅリ | トップページ | 母校野球部(県立社高校野球部)・春の県大会ベスト4でした。 »

ギンランとヒメハギ・・付録にキンラン

2012年5月1日天気は晴れ

 この季節に里山で大変会いたくなる野花があります。ギンランとキンランなんです。キンランの思い出は、後ほどで・・

Ginnrann2012
ギンラン・・ラン科キンラン属の多年草です。

 山道の道沿いに咲いてます。草丈10センチほどの小さな花です。このラン科の花の咲く場所は、我が地で小生は一箇所しか知りません。後ほど記するキンランもほとんど見れませんが、過去に沿道で出会ったことがありますね。
 ちょっと季節が早かったかもですが、会いたくて行った場所には、この画像の一花しか楽しめませんでした。最初に見つけた時(数年前)は、数花を楽しんだ記憶があり、年々増えることを願ってました。残念ですが、毎年会いに行きますが、少なくなっているような気がして心配しています。

Himehagi2012
ヒメハギ・・ヒメハギ科ヒメハギ属の常緑多年草です。

 この花は、この季節には大きな池土手(手入れのされた)辺りに行くとよく見られます。色と造形の面白さが好きなんですね。本年の画像は、乱雑に咲いているものを掲載しましたが、面白い花をつけた草姿を、寝転ぶようにして近写を楽しむ花なんですね。デジカメを地面に置いて、カメラ任せに撮影することもある花です。この画像のなかには、白花も写ってますね。パソコンに落としてから気づきました。老眼が進んでいますね(笑)。

Kinnrann2011
付録のキンラン(昨年の画像)・・ラン科キンラン属・多年草です。

 なぜ付録としたのは、昨年の画像で我慢していただくためです。ギンランよりも大きくよく目立ちます。咲く場所も毎年違う場所のような気がします。此花は歩いているのかと思う時がありますね。以前に出会った場所に行くと見つかりませんが、ふと出会うことがよくありますね。また盗掘されているのかもしれませんね。それぐらい綺麗な草姿をしていますね。車で走っていて、里山付近の沿道で出会ったことがありますが、菜の花等が咲き乱れているのですが、おっと車を止めてしまうほど、同じ黄色の花ですが美しさに違いを感じますね(葉姿が素敵なのかも)。

 このキンランには、大変深い思い出があります。一番最初にキンランに出会った時に、その美しさに魔が差して、我が家に持ち帰り鉢植えにしたことがあります。ネットの野花の師匠に、「此の花を鉢植えで、育てることはできません。」と教えられて、恥ずかしい思いをしましたが、この事件で野花を追う心構えが確りとできました。
 小生は、絶対に花に手を触れないと誓いましたね。自然のままの花達を楽しもうですね。自然のまま・・この楽しみ方を知ると、心が益々和み、豊かになり、そっと眺めていると虫達が花を演出してくれることも知りましたね。
 触るよりも悪どい、盗掘が多いですね地エビネが見れなくなってしまいましたね。里山を探し回りたいのですが、時間がなく、花好きの爺さんの鉢植えエビネを楽しむしかないです。

 ギンランよりも少し遅く咲くキンランにも会いにゆきたいですが、無理なようです。母校野球部が春の県大会でベスト4に勝ち上がっています。こちらの応援も重要ですからね。

« ノミノフスマにノミノツヅリ | トップページ | 母校野球部(県立社高校野球部)・春の県大会ベスト4でした。 »

里の花綴り・H24」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
キンランにはそんなことがありましたね。しかし、その翌年までは自宅で花を見ることができたのが慰めとなりましたね。
小生もこのGWの最後あたりで、キンラン・ギンラン・エビネ探しで心当たりの野山歩きをしたいと願っているところなのです。
一番少ないのはギンラン・その次がエビネ・そしてキンランは一番多く出会えます。
こういう生育の仕方もお土地柄によって違うものなんですね。

愛犬が元気なころはその野山歩きによく連れて行ったもので、その頃地エビネの前で「伏せ」をしているビデオ映像が今でも残っています。
ですが、帰宅してから体中についているダニ取りが大変でした。

ギンランについては出会いたいと思って出かけても空振りすることが多くなっています。小生はここのところ6-7年ほどこの花を見て居ません。
標高の高いところでたまに見かける程度です。

最近はサラリーマン時代のようには気軽に出かけなくなり、月に精々3-4度ほどにペースダウンしています。
それとても気持ちを励まして強いて出かけるような按配です。
こんなことで自分の歳を感じてしまいますね。

そうそう御母校の活躍が楽しみですね。
夏は是非甲子園に駒を進めて欲しいものです。

投稿: ぶちょうほう | 2012.05.02 09:05

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

母校は、ベスト4でした。準決勝の東洋大姫路と3位決定戦の明石高と2試合延長戦でしたが、破れましたね。
打撃が良いから夏は楽しみです。守備が心配ですね。投手は良い子がいますよ(小さいですが)。

さて、花追いですが、アルバイトにでてから、ぶちょうほう様のダニ取りが大変でしたと言われるほどゴソゴソ出来ていません。カブでまわっていて、ちょこっと里山に入ってみて楽しんでいるだけなんです。

それでも、充分に楽しいです。この季節は、カブを止めて花を眺めまわっていると言うぐらいに咲き上がってきています。仕事がどうしても夕暮れ時からになってしまいますね。上手くはかどらない時がありますね。

投稿: 呑気おやじ | 2012.05.07 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノミノフスマにノミノツヅリ | トップページ | 母校野球部(県立社高校野球部)・春の県大会ベスト4でした。 »