« ジュウニヒトエ・ジャケツイバラにカノコソウ・・ | トップページ | ウツボグサ・ナワシロイチゴにタンナサワフタギ »

良心を持つ(作る)大切さ・・遊季節・H24・4

2012年5月20日天気は晴れ・・

 深夜の仕事中に、NHKラジオの心の時代「明日への言葉」を楽しんでいます。面白いお話が多いのですが、どうしても自分の日常と比較してどうかと考えてしまいます。

 沢山のアルバイト(配達員)が勤務する会社(新聞屋)のことも思考してしましますが、心の持ちようによって良い方向に向かう様な気がしてなりません。管理・指導する(社員系)人達が、「配達員は宝物」と言う心を持って接すると良いと思いますね。なぜかと言うと、配達員の勤労で会社が成り立っているからですね。社員系(事務から営業を含め)は、ある意味でその経費で働いていますからです。
 深夜に働いて稼ごうとする配達員達は、能力には関係なく単純な仕事(危険もともないます)をやり遂げなければなりません。そんな中で、管理・指導する人達の心を読み取ろうとします。そこで心だけは、「配達員は宝物」と言う思いやりの心が必要だと思いますね。その良心だけで、指導や育成にも心が通い合い信頼が生まれ、スムーズな業務になりますね。心を持っているか、いないかだけで決まるような気がします。

 この様な良心は、色んな世界に通じますね(「我が部下は宝物」・「我が生徒は宝物」等々)。行動に表すことができなくても、心を持っていると、周りの人達は、その心を読み取ろうとします。持っているかいないかと言う小さなことですが、大変に大切なことだと思いますね。また良心を持ち続けることで行動や姿勢を産んできますね。

 小生も老成してから心の持ちようを考えるようになりましたが、若い人達に良心の作り方(持ち方)を学んで欲しいと思いますね。人間社会の複雑さの中で、どんなに時代が進んでも、心の読み取り合いが最重要なところとなりますね。ネット社会においても同じ様に良心を求め合っているのですからね。
 この事がなくなると、心無い事件の多発となり、孤独な心に苛まれる社会となりますね。「絆」と言う言葉がよく使われますが、良心を求め合っているのだと思いますね。
 良心を持つことによって、人の世は生きやすくなるのじゃないでしょうか。持つだけ簡単なことですね。目標・夢(欲)も良心の上に乗せて欲しいです。

遊季節・H24・4が出来ありました。お暇な方はお楽しみください。

 

« ジュウニヒトエ・ジャケツイバラにカノコソウ・・ | トップページ | ウツボグサ・ナワシロイチゴにタンナサワフタギ »

塵埃記(2012)」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
矢継ぎ早な更新でしたね。下の記事で掲載された3つの花はこちらの記事にも出ていますので、こちらの記事にだけコメントさせていただきます。

まず、今回の心の持ちようのお話については沢山の部分で同感させていただきました。
言葉は違いますが小生は「思いやりの心」という心構えを高校生のときに漢文の先生から授業中に教えていただき、その言葉に深く感銘して、今日まで来ていますが、それが実生活に必ずしも反映・浸透してはいなかったのではないかという点に於いて反省頻りです。

皆が良い方向にそれぞれ影響しあうようなそんな社会になると良いですね。

今回も圧倒的な分量がスライドショーになってきましたね。
野の花だけに留まらず、野鳥や昆虫にまでマルチに興味を持たれて、きちんと画像にされて見えます。

それから呑気様が活動範囲を垂直方向にも若干範囲を拡大されたようで、ミヤマハコベやハクサンハタザオが登場して来ましたね。

お忙しい中を良くぞこれだけの画をものにされたものだと驚いています。

投稿: ぶちょうほう | 2012.05.21 11:37

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

良心の方は、身近なところからの視点で綴りましたが、世界の動きやら、日本の政治やら日本の世風やらで、どうも未来が不安になるのですよ(孫達を見るからかも)。
 夢や目標を持って頑張る若者達も、良心の上に乗取って欲しいと願うのと、世界の民族紛争やら、宗教紛争やらを見ていると、重い思想の中でのことの様に感じてしまいます。人類の破滅の未来映画等を見ると、確実に壊すのは人類なんですね。思想的には軽いですが、良心を持ち合わせたらなーと思い続けています。
重い思想を抱いて、自爆テロで沢山の人命を奪う行為も、人にはそれぞれの家族や人生があるとの思いやりの心が生まれないのかとか、中国の官僚の超賄賂世界を眺めると、貧しき人への思いやりの心(北朝鮮も同じ)がないのだろうかとかが浮かんでしまうのですよ。豊かになっても、なお悪心が沸く人類に不安がいっぱいなんですよ。

 また花達のスライドショーは、俳句の季語等々の説明を読みはじめて、季節をどう感じるのかの影響が反映して来ているのかもしれませんね。

 いろんなことに心が揺れる自分を、まだ若いのかもしれないと言う事と、今まで何を学んできたのだろうと思い知らされている昨今ですね。

投稿: 呑気おやじ | 2012.05.22 09:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュウニヒトエ・ジャケツイバラにカノコソウ・・ | トップページ | ウツボグサ・ナワシロイチゴにタンナサワフタギ »