« カキドオシ・キランソウ・ミツバアケビにオドリコソウ | トップページ | ノミノフスマにノミノツヅリ »

桜の季節が終わりました・・遊季節・H24・2

2012年4月21日天気は曇り雨・・

 もう4月の後半に入りました。「寒い、寒い」と言って、桜が咲くのが遅れていましたが、暖かくなっていっきに咲き誇りました。しかし散るのも早かったですね。見頃は、ほんの2,3日と言う感じだったような気がします。
 深夜の仕事をしている小生は、深夜から帰ってから4時間、仕事に向かう前に3時間と、日に2回床に入りますから、日々の流れが大変に早い感じで過ごしていますが、本年ももう3分の1が終わろうとしていますね。

 昼間の仕事は、カブで村から村へ、里山を越えたり、鎮守の森や田園や川沿いを走ってます。カブを止めて桜や野の花達から季節の風に吹かれています。デジカメ遊びの「遊季節」として、我が田舎の風情や花達をお知らせします。桜は散りましたが、その下の野の花達はいっせいに咲き出してきましたね、 

 本年の桜は、我が地の桜の名所と言うより、村々でごく身近な所の桜を中心に眺めて楽しみました。「日本では、人の暮らしているところに桜あり・・」でした。

Gennpeizakura
源平桜でしょうか?・まだまだ木は小さく低いものばかりですが、人家でこの桜をよく見かけるようになりましたね。最近人気の桜なんでしょうかね。

 野の花達は、夏に向かって大草達が繁茂する前に、「俺達の春だー・・」と咲き出しているように、毎年この季節は感じさせてくれます。

 仕事が忙しくて、里山深くに入って、素敵な花達に確りと出会えないのですが、ありふれた野辺に咲く花達でも充分に季節を楽しませてくれますし、どこでも見れる花達でも、その季節になると出会い眺めたくなります。
 また鳥達や虫達(蝶)を含め色んな自然と遊んでみたいですね。この心理状況は、なんなのかと考える時がありますね(笑)。

そんなこんなで「遊季節・H24・2」です。まだ4月が残ってますが、4月号ですね。

« カキドオシ・キランソウ・ミツバアケビにオドリコソウ | トップページ | ノミノフスマにノミノツヅリ »

塵埃記(2012)」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
スライドショウを見て圧倒されました。
実にたくさんの花たちが押し寄せて来ていますね。
そして素敵に撮った画がこれまたたくさんありました。
特に近接撮影のものでピントピッタリの小気味良いものがたくさんありました。
カタクリ、姫スミレ、ショウジョウバカマ、タチツボスミレ、ゲンゲなどで「凄いな!」と感じました。
そういうことはとも角として、これだけたくさんの素敵な花姿を良くぞものにされたものです。
この季節の代表的なサクラにしても、とても素敵な画がいくつもありました。
一本のものでは38番の重量感のあるサクラの画は気に入りました。
とても素敵な季節の綴り込みではないでしょうか。

ところで下記事コメントの「野花の楽しみ方として、季節感と野生美を味わいたいだけで良いかもと思っています。
あとは学者に任せておけー・・てな気持ち・・・・・」
これには全く同感です。
些細な種別区分の詮索をするよりも、もっと虚心坦懐に自然と丸ごと対面することのほうが余程大切だと思っています。
自然の草木の花と向き合うのに兎角中途半端な学者風を吹かせるのは目障り耳ざわりですよね。

投稿: ぶちょうほう | 2012.04.21 14:30

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

ちょっと標高のある里山深くを歩きたいのですが、時間的余裕が作れませんね。ミヤマカタバミやフデリンドウと言った可愛い花達にもであいたいですが、一人ドライブで走ることができません。

でも記事に落としたように、カブ巡回でもその季節の色々は充分に楽しんでいます。

あっそうそう、息子家族全員がロタウイルス(腸風邪)にやられました。子供達3人は元気になりましたが、本日は親達がダウンしましたね。

投稿: 呑気おやじ | 2012.04.23 00:04

呑気様 お孫さんとそのお父さんお母さんの病気は心配でしたね。
早く良くなり、家族全員元気に生活できるようになることをお祈りしています。

三河では今朝も雨で始まりましたが、昼ごろには上がってくるそうです。
御地ではもう上がっているのではないですか。
天気が良くなれば病気も快復に向かいそうに思いますね。

ところでフデリンドウについてですが、そういえば今年は未だ花を見て居ませんね。
どこかで出会いたいものです。

投稿: ぶちょうほう | 2012.04.23 10:08

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

保育園と言うところは、流行病の始まりみたいなところみたいですね。
ロタウイルスも、一番下の孫(1歳)が保育園に行き出して、すぐに貰ってきました。それが上の二人にうつり、最後は両親ですね。

今日あたりは、みんな元気で保育園、両親は仕事と元気に行ったみたいです。
1歳で保育園というのは、可哀想なんですが、若い両親の考えることですね。母親(看護師)が働きだしましたね。

小生は、スピードがありすぎる気がしますが、今の風潮(稼がないとの世の中)かもしれませんね。母親がストレスを家庭に持ち込まないことを願いますね。

小生は、我が家のモットーは、「明るく元気にだ」・・しっかり守るようにと言いました。大きくなると、明るく元気に・・正しくが加わるのだよとも言いましたね。

裕福に暮らしたい気持ちは、大変によくわかります。しかし人間としての心を考えると、清貧の心も持ち合わせると、追い立てられるような現在社会からも、余裕が出るのかもとも思ったりしています。

爺は、明日から仕事が忙しくなりますね。合間をぬって、季節を遊びますね。

投稿: 呑気おやじ | 2012.04.24 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カキドオシ・キランソウ・ミツバアケビにオドリコソウ | トップページ | ノミノフスマにノミノツヅリ »