« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »

我が家の歴史と時代が進む(逝く)感じがします・・

2011年2月9日天気は曇り・・

 東京での弟達の結婚式が過ぎ去り、10日になろうとしてます。式では、列席者を眺めるにつけ新婚さん達の今までの「頑張り」を眺めてきたような結婚式でしたね。これからも仲良く東京で頑張りぬくことを、田舎から祈っていましょう。

 その一週間後すぐに、亡母の七回忌を済ませました。我が身内(都会で暮らしてます)は、色々と多忙でしたので、亡母には申し訳ないですが、我が家族だけで済ましました。
 式では、孫達が立派でしたね。お坊さんが仏壇の前でお経をあげている間、長男(3歳)は大変静かに大人しく、お経に聞き入ってました。また次女(1歳)は、母親の膝の上で眠ってしまいましたね。
 年老いたお坊さんが、感心されて「こんなに大人しくしている子達を見て、仏様は喜んでいますよ。」と言ったあと、「お経は、子供が眠ってしまうようにあげるようにと教えられてきましたが、妹さんは眠ってくれましたね。」と大変喜んでいただきましたね。

 墓参りも済ませて、小生の同級生がやっている中華料理店で昼食をかねた家族宴会で、亡母の七回忌を無事済ますことが出来ました。来年の亡父の13回忌には、身内を集めて亡母の分も一緒に執り行うことになってますね。

 冠婚葬祭がほぼ一段落した感じですが、郷里で実家を守っている小生は、なにか我が家の歴史が進んでいる感じがしましたね。亡くなって逝った先祖の時代が薄れ、新しい者達の時代がやってきているのを感じますね。
 家族全員が、「明るく、元気に」にその時代を楽しみながら歩いて行きたいですね。

 そんなこんなですが、友人の父親が亡くなったり、また親しくお付き合い頂いた我が地選出の元衆議院議員(元国務大臣)」が昨年末に亡くなられて、「お別れの会」もやって来ます。時代が進んで逝く感じですね。
 その間に、この11日には、中学時代の「同窓会」がありますね。地元に暮らしている連中が多くなると思いますが、皆の元気な姿を見ることが出来ますね。
 その上に、この月末に3人目の孫がやって来ます。同窓会や孫の誕生と、懐かしい時代が逝き、我が家の歴史が新しく刻まれてゆくのを感じるのでしょうね。

 そんな訳で、相変わらず仕事と共に、家族や地域の人達との関わりに忙しい毎日がやってきています。
暖かくなって、大好きな孤独遊びの一人ドライブや草花達をしゃがんで眺める時間が来ることを待ち焦がれています。

| コメント (2)

« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »