« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

また高校野球の難しさを知りました・・遊季節・H23・10

2011年7月28日天気は晴れ

 母校社高校野球部を応援し続けて40数年になります。本年も夏の予選を楽しませてもらいましたが、また敗退(ベスト8)してしまい、40数回目の自棄酒を楽しんでしまいました。

 今年は、絶対的本命無しの大会となり、我が母校も春の県大会準優勝校として優勝候補に挙げられるほどでした。4回戦までは順調に相手を蹴散らす様に勝ち上がり、ベスト16になって、強豪私学の神港学園をコールド勝ちして、期待は膨らむばかりとなりました。

 ベスト8の相手校(川西緑台)を侮るわけではないのですが、勝ち上がってくれると予想していました。小生の感想ですが、高校野球の難しさを感じさせていただきました。

 先ずは、相手校の川西緑台高校を褒めなければなりません。主戦投手を中心とした確りとしたチームの形を作っていましたね。昔の社高校野球部に似て、強豪校を倒す為に、投手は低めにコントロールよく粘り強く投げる、打者はコンパクトに打ち返す、守りは派手さはないが確実にやる。バントは確実に、コツコツ1点を積み重ねる攻撃でしたね。投手はバックを信頼して、打たせてとろうの気持ちが充分に感じられました。

 我が校は、主戦投手が大会前に体調を崩しまして、チームの確りとした形が出来ませんでしたね。控えの投手陣が代わりながらチーム力のない高校を相手に勝ち抜いてきてました。打順も日替わりの様でしたね。ベスト16になってやっと主戦投手が投げ、強豪校を破りました。ベスト8の川西緑台校を、侮ったのではないのでしょうが、主戦投手が投げずに控え投手で対抗しましたね。打撃が素晴らしく充分に打ち勝てるチーム力になっていた我が校でした。

 ですが、相手校の強豪校を倒してやるぞの確りとしたチームの形に、真の強豪校になりきっていない我が校が、焦ってしまった様な試合内容でしたね。選手も監督も応援団も、勝てるだろうと言う気持ちがあったのは、確かな事実だろうと思います。また高校野球の難しさを感じてしまいました。
 小生は思いますね。僕達はまだまだと言う謙虚さと強豪に立ち向かってゆく、社高校野球部のチームの形を確りと作り上げてほしいと願いますね。

 夏の予選応援中に、また極近い身内(若いです。66歳)を亡くしました。もう驚いてしまったりで、またまた忙しい毎日となってしまいました。少しの合間に、心を落ち着ける様に夏の季節を楽しみました。安らぎを野の花達に求めるようになってきていますね。酒よりも、安らぐなーと感じてきています。歳かもしれませんね。

遊季節・H23・10が出来ました。お暇な方はお楽しみ下さい。

| コメント (4)

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »