« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月8日 - 2011年5月14日 »

県立社高校野球部・準優勝(春の県大会)・・

2011年5月4日天気は晴れ・・

 兵庫県高校野球の春の県大会が行われていまして、昨日が決勝戦でした。我が母校である社高校は、1回戦で育英(7対2)、2回戦で報徳(3対1)、ベスト8では三田松聖(8対0)と強豪私学を次々と破り、ベスト4では武庫荘総合(4対0)を破り、決勝戦に駒を進めていました。

 昨日は、明石市が公立強豪校を作ろうと数年前から力を入れている明石商業高校との一戦でした。公立校同士なんですが、明石商業は四国の名門・明徳高校野球を学ばれた方が指導しているのでしょう。ユニホーム姿は明徳高校を彷彿とさせる縦縞でしたね。

 明石商業は、決勝戦まで来るだけに、さすがによく鍛えられて素晴らしい野球をしてきましたね。社高校も応戦しましたが、5対3の惜敗で準優勝に輝きました。(我が校のエースが不調でした。)

 我が校も、前森脇監督が築き上げた「県下で、山間の野球部が強豪私学校を破る高校として名を馳せてきました。」が、現橋本監督はそれに肉付けをはじめたような強豪校になってきている感じを持ちました。

 総合力は、強豪私学校と互角に戦って圧倒していましたね。ただ都市部の高校との違いは、まだまだ純粋野球でして、ズルさに欠けていたような気がしますね。野球と言うスポーツは、相手の裏をついたり、相手の配球を読んだり、色々な心理戦が要求されますね。我が校は、まだまともにぶち当たっている感じですね。

 我が校には、阿比留君と言う素晴らしい左腕投手がいますが、どうも試合中や試合のたびに好不調の波があるようですね。この辺も心理面ではないかと思います。大人しく優しい子かもしれませんね(スタミナの問題かも)。「僕の球は、打たれるものかー。」と腕を確り振って投げ込めば、大丈夫だと思いますね。

 そんなこんなで、兵庫県での準優勝校です。おめでとうと言いたいです。いつも応援しているOB達や地域の人達は、これでまた鼻高々で暮らせますね。

「遊季節・H23・4」が出来ました。応援の合間をぬって、林道の季節の花達に遊んでもらいました。


| コメント (4)

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月8日 - 2011年5月14日 »