« ガラス細工のような透明な花・・・ | トップページ | 遊季節・H23・後半・・ »

遊季節・H23・前半・・・

2011年11月30日天気は曇り時々雨・・

 本年もあと一月となってしまいましたね。歳のせいでしょうか、それとも勤めている会社のせいでしょうか、日々の流れが大変に早い感じで過ごしています。
 その早い流れの中で、小さな家族の営みの幸せやら、地域社会の幸せやら、本年に大変な不幸が押し寄せた日本の幸せがどうなるのだろうと・・深夜の仕事をしながらやら、メダカを眺めながらやらして、拙い思考を巡らして日々を送っています。

 本年は、豊かな国土を持ち、勤勉な国民性の日本が、戦後は幸せを沢山経験してきたようですが、大変な不幸が押し寄せてきましたね。
 小生は、このバランスを思考しています。世界を見ても、格差社会のバランスが崩れているように富(幸)と貧(不幸)との戦争が続いているようですね。
 もし神(人間と地上の継続性)が存在して、そのバランスの天秤を、手でぶら下げているならと思考してしまいますね。小さな家族の幸・不幸から、そのバランスを思考したりしています。またじっくり思考して、この塵埃記に戯言として落としてみたいと思います。

 さて野の花達を追いかけながら、季節を楽しんで過ごしていますが、本年は大好きな里山深くに入ってゴソゴソすることが出来ませんでした。地域生存(永続)をかけて咲きあがろうをしている小さな花達を眺めに行くことが出来ませんでした。
 それでも田園地帯や加古川沿いで咲きあがる花達は、例年通り季節を小生に伝えてくれましたね。本年前半(3月から6月)の野の花達を、遊季節にして自己中心に選抜してみました。

 このごく身近な花達の名を、苦もなく言えることに大変な喜びを感じています。ネット社会に入ってから、この楽しみに導いていただいた方に、画像にした花達を見るたびに感謝の気持ちが沸いてきます。
 花達は、ごくありふれていますが、何年追いかけても、咲き姿や表情が違いますね。小生の眺める心変わりも、花達が持っている自然の健気さには、楽しみが増しても、なくなることはないですね。

そんなこんなで、本年前半の花達を「遊季節・H23・前半」をとして、デジブックにしました。外来種が多くなってきましたが、野の仲間達として眺めてやらなければなりませんね。
 とりあえず撮影日時順に並べました。季節の流れと、その時期に何をしていたのかなーと振り返っています。

« ガラス細工のような透明な花・・・ | トップページ | 遊季節・H23・後半・・ »

塵埃記(2011)」カテゴリの記事

コメント

呑気おやじ様
 今年の同窓会で呑気おやじ様のブログを知ってから私も毎日、パソコンを触っています。
 韓流ドラマ三昧の生活からパソコンと共有する生活に変わりました。
 先日、以前に亡くなられた同級生の連絡を受けました。
 それも2人も・・・
元気だと思っていてもそんな連絡が来る年代になったのだな~と考えさせれています。
 元気が財産です。
元気に次の同窓会で会いましょうね。

投稿: きりちゃん | 2011.12.01 21:56

きりちゃん様・・ありがとうございます。

たった今、仕事から帰ってきました。寒さが厳しいです。年老いた配達人の方が元気で明るいですね。
若い人達が続くかなーと、心配しながら働いてますよ。

11日の休刊日前には、年寄り連中で忘年会ですね。皆さん元気なんですよ。小生も負けてはおれませんからね。

悩み多き若者達に元気がないですよ。励ましているのですがね(笑)。

投稿: 呑気おやじ | 2011.12.02 05:54

呑気様 こんにちは
先ず前編を拝見し、呑気様の追体験をして楽しみました。
一番初めに感じることは、やはり、身近に自然の草花が斯くもたくさんあることに対する、驚きと羨望でした。
良いところで暮らして見えますね。

始めにアマナが出てきて、呑気様とのお付き合いの歴史を振り返りながらアルバムのページをめくって行った次第です。

地球上ではいろいろとんでもない事柄が顔を出してきますね。
先ず第一にこの星の上に生活する全人類に公平平等に食料を分配して行ったら、果たして皆が飢えずに暮らしていけるのでしょうかね。

ノアの方舟の話が、近いうちに現実になりそうな予感すらして、肌寒くなります。

原発は、ロシア、アメリカ、日本とその道の先進国で事故を起しましたが、これが発展途上国で起きないと言う理屈は成り立ちませんね。
そうしたときに人間の知恵ではとても対処できなくなるのは当然のことのように思います。
そして、それこそが天の(神の)バランス取りのような気がしさえします。

人類はいびつに進化しすぎたような気がしませんでしょうか。

投稿: ぶちょうほう | 2011.12.03 15:18

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

ぶちょうほう様のご指導で、草花を楽しむようになり、次ぎに季節を楽しむようになりました。

定点的観察(1km四方の田園地帯)がどんどん広がり、仕事をしかけてカブを乗り回すようになったからですね。
我が地の色んなところを覗き見るようになりましたね。まだまだ未踏の地がありますよ(笑)。

ぶちょうほう様のように、山岳の自然を楽しめないのが残念なんですが、年齢的にはあきらめています。

今、坂の上の雲(NHK)で活躍している本木雅弘(小生と同じ名前ですね)の俳優としての素敵な言葉を聴きましたよ。「希望を夢見て、楽しくあきらめる」と言ってましたよ(笑)。

投稿: 呑気おやじ | 2011.12.05 16:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガラス細工のような透明な花・・・ | トップページ | 遊季節・H23・後半・・ »