« 自慢の弟から・・遊季節・H23・7 | トップページ | 10万ヒット越え・・ »

ツバメが巣を作った・・遊季節・H23・8・・

2011年6月18日天気は小雨が降り続く・・

 ネット発信や季節の草花追いもままにならない日々が続いています。梅雨の季節でもありますし、睡眠時間を削ってまで里山の中へ入ってゆく、元気(躍動感)がないですね。

 雨の日に(仕事が出来ない)、ネット発信する様になってしまったようです。これといった話題のない田舎生活ですが、毎日楽しく深夜のアルバイトに出かけてます。6月中頃から、会社に飲酒検知器が導入されました。
車両に乗る前に、ふっと一息吹くと検知しますね。小生は酒が大好きで、飲みすぎ傾向の人生を送ってきましたから、あえて深夜のアルバイトを選んだ経緯も少しあります。今度の飲酒検知器の導入で、また飲みすぎが防げるような気がしますね。

 若い社長との会話で、「労務管理が厳しくなればなるほど、働く者は楽になるのですよ。管理する方は大変でしょうがね。」と応えてしまいました。

 さて、商売を廃業して4年になろうとしていますが、お店には金属のシャッターがつけられています。出入りのドアのところのシャッターは上げ下げしていますが、他は下ろしたままにしています。そのシャッターにツバメが巣を作りましたね。

「シャッターへの燕の巣」をダウンロード
もう卵を温めているようですね。飛び交っていましたが、一匹は必ず巣にいますね。

 だいぶ昔になりますが、玄関屋根の下にツバメが巣を作って巣立っていったことがありますが、あくる年には帰ってきませんでした。
このシャッターに巣を作ったツバメの為に、シャッターを触ることができなくなりましたね。まあ、もう3年以上は動かしていないから、今後もそのままで良いです。またもう動かないシャッターになってしまっているかもですね(商店街の「シャッター通り」に参加中)。

 田舎のご家庭へ集金に参ります。ツバメが巣作りしているのをよく見かけます。ツバメの為に玄関の戸を少し開けているお家、納屋や倉庫に隙間を作ってやっているお家と色々と見かけますね。
 これも最近では、カラスがツバメの巣を襲うからですね。昔は蛇が一番の大敵だったようですね。小生宅の土蔵の屋根下に山鳩が巣を作って雛を育てていましたが、ある日カラスが襲って巣を壊してしまいましたね。愛犬ドラムが吼えて守っていたのですがね。

 さてさて、ツバメは何から巣を守ろうとして、金属シャッターに巣作りをしたのでしょうね。蛇は大丈夫だと思います。カラスには、小生が早朝に帰宅しますし、昼間はご近所の方達や孫達が喧しいです。そんなことを考えたのでしょうかね。

 オマケで、我が家のバケツの中の亀です。

「バケツの中の亀」をダウンロード

 仕事中に農道を走ってますと、亀がよく歩いてます。もちろん蛙が一番多いですね。蛙は雨の日には、車で避けるのが大変なぐらいです。少なからず轢き殺していると思いますね(合掌)。
 亀は、孫の為に持ち帰りましたが、お婆ちゃんと二人して、暫く楽しんだら裏の池に放してやろうねと言い聞かせてますね。

そんなこんなで、田舎の日常を過ごしています。趣味の野の花追いは、里山へは入れませんでした。オマケで誤魔化す遊季節となりました。

遊季節・H23・8です。

« 自慢の弟から・・遊季節・H23・7 | トップページ | 10万ヒット越え・・ »

塵埃記(2011)」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
鬱陶しい空模様が続きますね。
そんな中ですが、燕が巣を作ったと言うお話はめでたいニュースのように思います。
是非ひな鳥が巣立つまで無事に過して欲しいですね。
小生は蛇のことを一番心配していましたが、街なかで舗装道路ですので、蛇も近づかないのでしょうか、どうか十分注意してあげてくださいね。

付近の野の花のスライドショウを楽しみました。
これを見てから、小生も自分のカメラの交換時期が来ているのかと感じるようになりました。
こちらでは大変鮮明な画像が並び、それと比べると小生のカメラが作り出す画は濁りが相当混じっていることに否応無く気づかされた次第です。

飲酒検知器の導入・・・・そんな時代になってきたのですね。

投稿: ぶちょうほう | 2011.06.18 21:50

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

レスがすぐにつけられないのですが、御容赦下さい。

ツバメも亀も元気ですね(笑)。
飲酒検知器は、毎日仕事前に一吹きしなければなりません。全員のデーターを取っているそうです。小生は、検知器に数値がでると、仕事をしてはいけないと思いますがね。反応して数値がでた奴がパラパラいますね。
小生は、0.00を続行中です(笑)。当たり前ですよね。
小生が「数値がでたら、帰るからな。」と若い社員に言うと、困ったような顔をしますね。新聞屋の業務は、代わりをするのが急には出来ないのですよ。

 酒を楽しんでから、5時間は眠るか等で、過ごしています。仕事前に確り睡眠をとる生活になりましたね。酒の量も、愚妻に言わすと「朝(寝酒で、多め)と夕方とあわせても、半分以下になってますね。」ですね。昼間のアルバイトをしていたら、夕暮れからだらだらと居酒屋で過ごしていただろうと思いますね。

ではでは・・・・
甥っ子の結婚式がやってきます。そのあとは、例年の夏の予選です。また熱い夏になりそうですね。

投稿: 呑気おやじ | 2011.06.20 16:53

呑気おやじ様
最近の住宅事情で燕等の巣作りが無くなっていると聞きましたが有るのですね。
 日曜日に社を通過して黒田庄の山登りに行った時、
大きな蛇を見ました。
棒で触っても逃げなかったのが不思議でしたよ。
 私も2番目の子供が生まれた時、新聞配達をしました。
山田太郎の新聞配達の歌詞に朝起きるのが辛いと有りますが
私は、新聞が濡れる雨の日が辛かったです。
又、入れている新聞を抜き取られるのもね。
新聞が配達されている時まで起きているので配達をすれば
良いものをと思う事もあります。
 頑張って下さいね。

投稿: きりちゃん | 2011.06.21 22:56

きりちゃん様・・ありがとございます。

蛇の大きいのは、驚くほどの奴にであいますね。農道幅ぐらいのに出会いますよ。

さて、田舎の新聞屋での楽しみですが、色んな人との出会いですね。ひきこもっていた若者、家のローン返済の為に昼は会社勤めをしながら頑張る若者、勤め先がなくてやってくる若者、喫茶店の開業資金をと頑張る若者等々を眺める毎日ですね。
 それに年老いたベテラン達ですね。ベテラン達の人生模様の話も面白いですね。

 幸いに皆さん小生の周りに集まって色々な話をしてくれますね。若者達の色々な悩みを聞くことになりますね。
 単純な肉体労働ですが、継続する(休まない)と言う辛さを持っている業務ですよね。自然(天候)とも、まともに体で味会わなければならないですね。

 小生は、この年齢ですから、ある意味で修行(継続)して心を磨こうかなーぐらいで勤めています。

 若者達からは、何かが足りない連中がやってきている感じですね。よくは判らないのですが、小生は「自信がない」と言う弱さを感じる時がありますね。

 反対にベテラン達からは、生き抜く自信みたいなものも感じますね。家も建て、子供達も立派に育て、孫達を楽しみ、配達は趣味の延長みたいな感じですね。
70歳を超えて頑張られる方もいますね。でもだんだん少なくなってきましたね。小生より歳上は、5人になってしまいました。

 50人を超える大所帯の新聞屋です。老若男女の色々な人生模様を眺める楽しみを、この歳になって味わっていますよ。

ではでは、山登りの楽しみを続けてくださいですが、お体だけは御自愛くださいね。

投稿: 呑気おやじ | 2011.06.23 16:01

ご無沙汰しております。なかぞらです。
私のブログに立ち寄ってくださったようでありがとうございます。最近は、写真を撮ることも減り、掲示板に載せる写真もなく、すみません。
明日、5日はお誕生日でしたね。おめでとうございます。happy01
お孫さんも増えてにぎやかでいいですね。体調に気をつけてご活躍くださいねheart02

投稿: なかぞら | 2011.07.04 20:15

なかぞら様・・ありがとうございますよ。

誕生日のお祝いのお便りを・・大変嬉しいですよ。
お元気にお過ごしなんですね。それだけで充分です。
簡易ホームページ時代には、色々とアドバイスを頂きましたね。

小生は、63歳になりましたね。
梅雨明けに さぶろくのカブ 元気勝負・・・と落としましょう。

投稿: 呑気おやじ | 2011.07.08 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自慢の弟から・・遊季節・H23・7 | トップページ | 10万ヒット越え・・ »