« 県立社高校野球部・準優勝(春の県大会)・・ | トップページ | 無法松の一生・・遊季節・H23・6・・ »

走り梅雨・・遊季節・H23・5・・

2011年5月11日天気は雨・・

 また雨の日に塵埃記を更新しています。新聞屋の業務は雨の日は大変なんですが、この降り続く春の雨は「走り梅雨」と言うのですね。こんなことを初めて知る呑気者ですね。

 晴れている日は、夕暮れにのんびりと集金業務を散歩がてらにこなすのですが、この天候不順で業務がままになりませんね。今後の晴れた日に、いっきに頑張らないといけないですね。

 さて相変わらず好天の時には、身近な季節を楽しんでいますが、この5月7日に孫達を連れて、身近な里山に入りました。孫達と自然の中に入るのは、初めてのことですね(まだまだ幼いですからね)。
 若い親達が連休間の孫達のお守りに疲れてしまったようですので、小生にお守りがまわってきましたね。まあ生まれてまだ2ヶ月の赤ん坊もいますからね。

「孫達・里山の中で・・」をダウンロード
 歩き易い道を選んで、里山を楽しませてやろうとしました。遊園地や動物園や水族館は、親達や保育園の遠足でも経験してますが、誰もいない自然の中を2人はどう感じたのでしょうね。

「我が地で見れる滝の前で・・」をダウンロード
 少しだけ険しい道を歩きますが、滝を楽しませてやろうと、下の孫は抱っこして連れてゆきました。長男はもう大丈夫ですね。これから爺が、自然との付き合い方を教えることが出来そうですよ。

 孫達を眺めていると、「家族」と言う世界を思考してしまいますね(山田洋次監督の言葉の影響かも・・)。小生は、立派になるとか出世するとかよりも、どんな家族を彼らが作るのだろうかなーと考えてしまいますね。
 被災地の方達は、家族をも被災してしまいましたね。言葉にならないほど悲しいですが、復興の道は家族の和と助け合いこそが、もっとも必要じゃないだろうかと遠くから励まし、見守りたいですね。

 そんなこんなで、また戯言が落ち続いてしまいそうです。この辺で・・
孫達と一緒に身近な季節を楽しみました。「遊季節・H23・5」としてデジブックにしました。お暇な方は、暇つぶしにしてください。

« 県立社高校野球部・準優勝(春の県大会)・・ | トップページ | 無法松の一生・・遊季節・H23・6・・ »

塵埃記(2011)」カテゴリの記事

コメント

呑気おやじ様
 孫に里山の自然学習をされながらの子守、とても良い
お爺ちゃんですね。
 私も呑気おやじさんの真似ではないですが孫には、出来るだけ自然に触れさせたくて借りた土地に苺、さつま芋を植えて収穫させたり私が登った近隣の山へ連れて行ったりしています。
 その孫も5年生になりスイミング教室、ゴルフ教室、塾に又、冬は、スキー、夏は、プールと海に忙しく会う日が少なくなって来たのが寂しいです。

 最近、呑気おやじさんの影響を受けてか山に登った時に見た花の名前をメモするようにしましたよ。
(花の写真は、仲間がメールで送信してくれるので)
この前に行った宍粟の阿舎利山では、一人静香、イカリ草、
レンギョウ、ミツマタを見ましたがイカリ草は、綺麗ですね。
15日は、多紀連山の三嶽へ行きます。
クリン草が咲いているそうで楽しみです。

投稿: きりちゃん | 2011.05.11 22:15

呑気様 こんにちは
我が家にも毎日のように孫がやって来ます。
もうじき二歳になりますが、世間では「魔の二歳」と言うそうですね。
あまり可愛いのでついついパーフェクトにお付き合いしていて、そんなことばかりですので疲れ果ててしまう・・・・そんなところでしょうか。
「天使との交接時間」・・・こんな嬉しいひと時を持てることに感謝していますが、時には疲れて煩わしさを感じる場面も出てきますね。(勿体無くてバチが当たりそうです)

呑気様はお孫さんたちと遊ぶ間はべったり派ですか、それとも適当に距離を置いて見ている派でしょうか。
小生は孫の要望に近いところに居て接するようにしていますので、ベッタリ派になっているようです。

検索中の花が二つありましたね。
ヤブニンジンなどは近いかなと思っていますが、確証がありません。
ケキツネノボタンでは無さそう・・・としたものは珍しい八重咲きですね。
キツネノボタンの仲間でしょうが、実で確認することになるのでしょうね。

投稿: ぶちょうほう | 2011.05.12 09:58

きりちゃん様・・ありがとうございます。

孫は可愛いですね。小生は、どう育てようと総て若い親達に任せていますから、責任がないから大変に可愛いですね。爺に遊んでもらいなさいと頼まれると「よっシャー」ですね。

クリンソウを楽しまれるのですか、素敵な花ですよね。大好きなんですよ。クリンソウの時期は、フジも綺麗で、楽しめますよね。

・・・・・・・・・・・

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

孫のことは、同じ屋根の下と言うわけではないですが、一緒に暮らしているのと同じ状態ですね。
婆のせいか、若い母親のせいかわかりませんが、悪戯をすると2人が、「爺に怒ってもらいますよ。」と言って、孫達に言い聞かせていますね。

ですから、小生の言うことは大人しく聞いてくれますね。小生と遊ぶ時は、2人とも泣くことはないですね。以前から、泣いて駄々こねると、「だまれっ!、泣くなーっ!」と大きな声で怒鳴るのは、小生だけみたいです。

草花のことで、キツネノボタンかどうかの草花は、咲いている総てが八重咲きなんですよ。それで、どうかなーと思ったのです。

また樹木で、カマツカかなーとしましたが、本日にカマツカの花を楽しみまして、アズキナシではないかと、花を見ながら思い出した次第です。
こんなことも、花を楽しむ記憶遊びみたいなものだなーと思いましたね。

投稿: 呑気おやじ | 2011.05.13 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県立社高校野球部・準優勝(春の県大会)・・ | トップページ | 無法松の一生・・遊季節・H23・6・・ »