« 走り梅雨・・遊季節・H23・5・・ | トップページ | 自慢の弟から・・遊季節・H23・7 »

無法松の一生・・遊季節・H23・6・・

2011年5月20日天気は晴れでしょう・・

 東日本大震災から70日が経ちましたが、状況が大きく変化・好転していませんね。日々のニュースを眺めてますが、長期戦の様相になり、これからが心身ともに大変な苦労をされるなーと、報道で気分が晴れることがないですね。

 そんな気分で仕事をしていますから、小生もどうも明るさや元気さがないのだろうと思います。お客様との小さなトラブルが、極少ないですが発生していますね。またお客様の方でも、「日本はどうなるのだろう。景気はどうなるのだろう。」と若い人達は不安な気分ですから、新聞集金のお付き合いも角が立ってくるのでしょうね。

 被災された方達の心のケアも難しいでしょうね。日本の歴史を振り返ると、宗教(日本は仏教)の生死感がケアーをしてきたのかもと思ったり、人災被害ともいえる原発汚染などは、どんな心のケアーが必要なのだろうとか、変な思考が頭をぐるぐるまわってしまいますね。
 励ますことしか出来ない(これが被災者達の心のケアーになるのかと?)・・こんな自己にもやもやしたり、国(政治)がー・・と憂いたりで、沈みがちな呑気者になっていますね。

 そんな頭の縺れた糸を解きほぐす為に、身近な季節の花達を楽しんだり、テレビで映画を見たりして過ごしています。

三船敏郎の「無法松の一生」をまたまた見ました。
 亡き父の経営していた映画館で、10歳の頃に見ましたね。青年期、中年期、そして現在と何度も見ましたが、その都度に違う感動が押し寄せてきましたね。
 今回押し寄せてきた感動は、「ここに日本人あり」だなーと、生きる逞しさ(勤勉)、恥じらい、謙虚、律儀を思い起こさせてくれましたね。また生真面目な日本男子の一生は、「夢のごとし」と短く儚く清いものだとも感じさせられました。
 また見れるように、テレビの内蔵録画に残しておくことにしました。

野の花達も楽しんでいますが、もう追いきれないです。咲き乱れてきています。

« 走り梅雨・・遊季節・H23・5・・ | トップページ | 自慢の弟から・・遊季節・H23・7 »

塵埃記(2011)」カテゴリの記事

コメント

 3日~8日迄、車で秋田県1周の放浪の旅に行きました。
高速道路、観光地共空いていたので助かりましたが是って
駄目ですよね。
 花巻温泉のホテルには、機動隊、パトカーの車が止まって
いたのできっと応援の車だとオモイマシタガ・・・・
 身近な人がボランティアに行かれたので私も行きたいと
思いましたが実行となると・・・
思うのは、簡単ですね。
 18日は、電車を乗り継いで奈良の葛城さんへ登山に
行きました。
ロープウエイ待ちの観光客で一杯でしたたがそんな人を
横目に登りました。
 頂上には、つつじで赤いじゅたんを引きつめた如く
見事でした。
 観光客が多いのが解りました。
 6月2日~5日は、船で大分県九重連山の登山に行きます。
 

投稿: きりちゃん | 2011.05.20 15:54

きりちゃん様・・ありがとうございます。

 旅、登山三昧のようですね。羨ましいです。観光客が多いと言うことは、人気スポットを巡られているようですね。

さて、6月に入って、くじゅう連山を登山されるみたいですね。
くじゅうのミヤマキリシマは、死ぬまでに一度は見たいと思われている方は多いようですね。

そこで、ネットのお友達のページを紹介しますね。くじゅうのKENさんです。くじゅうに住まれて、自然を愛されて、くじゅうから発信されています。
ご参考にしてみてください。

Kenさんのページです。小生はご無沙汰しています。

http://www4.ocn.ne.jp/~kkk110/

投稿: 呑気おやじ | 2011.05.21 05:33

呑気様 こんにちは
スライドショウを楽しませていただきました。小生の住むところとは違い、圧倒的に多い種類と分量にいつものことですが酔いしれました。
中でヤセウツボですか、呑気様のところ以外では滅多に見ない花ですので、嬉しく拝見です。
シライトソウも準備が整いつつあるようで、ここに来て、季節の遅れを取り戻し始めたようですね。

三船敏郎と高峰秀子の「無法松」小生も録画して楽しませてもらいました。
初めに見たのはたしか高校生の頃だったと思いましたが、三船敏郎の魅力に憧れを持ち、高峰秀子の美しさに心惹かれたものでしたが、今回見て呑気様が感じたように、それ以外にも違うことを感じていました。
あの映画はやはり男女間の愛情がテーマでしたね。
そして、その愛情の中に「節度」が重要な要素になっていましたか。
その節度がどこで培われたものか、「日本人ここにあり」と呑気様が書かれていますが、それにつづけて勤勉、恥じらい、謙虚、律儀・・・・・これこそが日本人の美徳なのでしょうね。

お話が変わって、村田英雄の歌では「小倉の祇園太鼓」の部分だけが強調されすぎました。

投稿: ぶちょうほう | 2011.05.21 12:19

呑気おやじ様
お友達のネット見ましたよ。
情報有難うございます。
想像以上に綺麗な景色、花の種類が多いのですね。
前よりもっと行きたくなりました。
ヒカゲツツジは、15日行った篠山の御嶽で見ましたが
昨年の4月17日に行った丹波市にある向山で沢山の群生を
見ました。
又、情報を教えて下さいね。

投稿: きりちゃん | 2011.05.21 21:11

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

無法松の一生をご覧になっていたのですね。良き時代を感じさせられましたが、過去が良かったと思う年齢になったのでしょうね。

でも、我々団塊の世代の青春時代も、色々ありましたが、素敵な未来を予想して行動していたような気もしますね。
今の時代の若者達は、未来をどう描いているのでしょうね。

・・・・・・・・

きりちゃん様・・ありがとうございます。

またネットのお友達のページを紹介しますが、↑のぶちょうほう様のページを紹介しないとですね。

小生を、山野草の魅力の世界に引き込んでいただいた師匠です。
登山歴は、40数年になると伺っています。

ぶちょうほう様のページ・・・
http://blog.goo.ne.jp/buchoho/

投稿: 呑気おやじ | 2011.05.25 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走り梅雨・・遊季節・H23・5・・ | トップページ | 自慢の弟から・・遊季節・H23・7 »