« 今こそ、踏ん張れ日本!(東北・関東の不幸に哀悼) | トップページ | 共栄会・・遊季節・H23・2 »

春がやってきていますね・・

2011年4月8日天気は雨・・

 我が家の裏の池の土手の大きな桜が咲き乱れてきましたね。春がやってきています。
3月11日の日本を襲った大災害で、心が震災のことでいっぱいで、またそのことを塵埃記に記すこともできないで、日々を過ごしています。

 小生の人生は60年を超え、戦後の貧しい時代も少し知っています。また高度成長期の浮かれた時代も知っています。阪神大震災の悲劇も知っています。また今の時代の日本の精神性や家族の衰退も眺めています(最近に「トウキョウソナタ」と言う映画をみて、つくづく感じました)。

 今回の大災害も、小生はふと思います。「何十年、何百年に1回あるかないかの大災害だなー、あと30年後に起こってくれたなら、こんな世界を見ずにすんだのになー。」と・・・
 阪神大震災後の復興の苦しみ(悲惨な状態)も、我が身内の姿を見て知っています。そんな日本も眺めなければならないのですね。ネットに落とす言葉が見つかりません。
 東北の人達・・北国の粘り強い精神力で、頑張ってくださいとしか言葉が見つかりません。日本全体に不幸が連鎖しないように政治家達の努力も望みましょう。

 さて、塵埃記を進める話題ですが、本年も田舎の身近な花達を通して季節の移り変わりを楽しんでいます。花名を追いながら楽しむのですが、まだ花達の面白い名前まで記していませんが、とりあえず「遊季節・H23」版として、発信します。
 例年の様には、確りと追えませんが、小生の目を通して、田舎の早春の季節風情を楽しんでみてください。

« 今こそ、踏ん張れ日本!(東北・関東の不幸に哀悼) | トップページ | 共栄会・・遊季節・H23・2 »

塵埃記(2011)」カテゴリの記事

コメント

呑気おやじさん こんばんはー

私も、小学校時代神戸から疎開してきた子と過ごし、
16年前には自ら阪神大震災で被災した身なので、
そこから立ち上がる苦労を思うと東北の被災者には
慰めの言葉も見つかりません・・・

そんな中、私も昨日 近くの夙川公園の観桜に
連れ合いと行って来ました。
何が有ろうとも 桜は今年も咲き誇っておりました。

投稿: アナログ親父 | 2011.04.11 18:16

呑気おやじ様
 久しぶりのコメントを読まさせて頂きました。
暗いですね。3月11日から1ヶ月が経ちますが何回も余震が有り、先程、車に乗っていたらナビが緊急ニュースのように地震が有った事を言っていましたよ。
 私事ですが昨日、清掃登山をした後、満開の桜の木の下で総勢35人で花見をしました。
勿論、募金箱を置いてね。
色んな所で募金をしているけどそれでも3万円ほど集まりましたよ。
 帰宅後は、出かける時、干していたふかふかの布団で昼寝をしたら爆睡していました。
同じ日本に住んでいてもふかふかの布団で寝られるって最高の幸せで申し訳無くも思いますが・・・・・

投稿: きりちゃん | 2011.04.11 18:59

アナログ親父様・・ありがとうございます。
御地の桜の画像もお届け頂き、大変に嬉しく思います。
身近な幸せをかみ締めないとですね。

私達の生きている短い人生の中で、日本の歴史上で類稀な激動の時代を生きているのかもしれませんね。
まして、大戦を経験した人などは・・・と思います。恐らくこれからの歴史家が証明してくれるでしょうね。

・・・・・・・・・・・

きりちゃん様・・ありがとうございます。

コメントを拝見すると、明るく和やかな雰囲気が伝わってきます。この不幸があったといっても、皆が縮こまることの方が危険かもしれませんね。
元気に明るく過ごすことが、日本の復興の近道かもしれませんね。

新聞屋の業務が忙しくなってます。統一選挙などでですね。
そんなこんなで、お返事が遅れがちになりますが、御容赦下さい。

投稿: 呑気おやじ | 2011.04.14 05:34

呑気様 こんにちは
久しぶりにやっと、ブログを更新する気持ちになりました。
あの大災害は本当に私たちにまで精神的なダメージを与えてくれましたね。
その後の原発被害もあとを引いていて、これは大変な試練がこの列島に降りかかってきましたね。

でも呑気様が書かれているように、国民が全員で、粘り強く、息長く頑張るしかないですね。
私たち日本人にはそういう力が未だ残っていると信じたいと思います。

呑気様ご提案のように、東北地方に旅行に行って、地元経済活性化の一助を図るとしますか。

投稿: ぶちょうほう | 2011.04.16 16:23

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

御ブログがまったく更新されませんでしたから、体調でも崩されたのかなーと、少し心配していました。

コメントを投稿頂き、安心しました。御ブログも拝見しました。

日本の今度の災難で、地球の未来は自然との調和と共存と言う大切なものを、日本人が世界に先駆けて、示すチャンスと捉えることも出来ますね。
庶民はその底力を持っていると思いますね。

世界で唯一、原爆を体験した民族としては、原子力を少し甘く見ていましたね。これも政治による傲慢な発展をめざしたかもですね。
一挙には、今の日本を変えることが出来ませんが、未来には、優しい世界を日本は目指して欲しいと思いますね。

弟の居る東京が心配です。東京が災害に会うと、代わりがないから、日本は終わってしまう気がしますね。これも傲慢な政治が作り出したのかもですね。

投稿: 呑気おやじ | 2011.04.18 15:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今こそ、踏ん張れ日本!(東北・関東の不幸に哀悼) | トップページ | 共栄会・・遊季節・H23・2 »