« 悲喜交々日々から平凡な日々へ・・ | トップページ | 春がやってきていますね・・ »

今こそ、踏ん張れ日本!(東北・関東の不幸に哀悼)

2011年3月20日天気は曇りのち雨・・

 日本に大変な不幸がやってきて、沢山の人達が犠牲になられました。報道から心が痛み沈んでいます。ネットどころではないのですが、亡くなられた方達には哀悼し、何もかも失くして避難されている方達に励ましの言葉と、政府への対応の不満とで塵埃記に落としておきます。
 小生は、何も出来ず、もどかしくてなりませんが、この災難は大変長期に渡って日本人が試されることなるなーと。これから私達は何が出来るのかを思案しています。

 小生は、阪神大震災で、当時10歳の甥っ子をマンションの下敷きになって亡くした痛ましい姿を目にし、震災の不幸を間近で経験しました。その後に甥っ子の大きな家族だったのが、散り散りに全国に離散してしまいました。余り連絡がなくなりましたが、元気で各地で活躍していることを祈っています。

 阪神大震災以上の、経験したことがない災害が日本を襲いました。小生があれこれ言う言葉なぞ見つかりません。ただ被災された方達に「頑張れ!」と言うより、今こそ、日本人の持っている素晴らしい性情を活かして、日本全体で「踏ん張れ日本!」と日本人全体に励ましの言葉を落としたいです。

 一言だけ菅総理に苦言を落としたいです。震災後にヘリコプターで、直ちに視察に出られた報道を見て、小生は怒りを覚えました。「あなたが視察して、何が出来るのですか」と思いました。その視察の半日の間に、日本のあらゆる災害のプロ達や官僚を集めて、緊急対策本部を立ち上げるのがリーダーの仕事だと感じたからですね。

 この期に及んで、色々とお頼みして対策部を細切れに作ろうとしているなんて、リーダーとしての資質や力量不足を感じてならないです。阪神大震災の時も、政治が乱れて、野党だった方が総理大臣でしたね。
 政治が乱れてリーダーシップの弱い時に、災害が襲ってくる・・・そんな不幸も感じましたね。

 でも日本の民衆の底力は、政治に頼らずに、阪神大震災では、みごとなボランティアが立ち上がり、この震災ではインターネットが活躍するボランティアが立ち上がるような気がしますね。スピードを規制で抑える政治家達ですが、民衆のスピード援助があっと言う間に入り、細かな救済が行われるのを期待しますね。乱れた政治は、今後の復興をじっくり議論して、日本国民総ての人達を救える道を見つけて欲しいです。

 なんか田舎の爺おやじの訳のわからない記述になってしまいました。まとまらないので、この辺で閉じます。

 画像ですが、枯野の何もないところから春を呼ぶ草花が咲きあがってきている季節になっています。

「土筆」をダウンロード

「加古川土手のアマナ」をダウンロード

「アマナ」をダウンロード

 何もなくなってしまった被災地をテレビで見ました。土筆やアマナのようにひ弱いですが、そんな被災地に、いち早く元気な皆さんが咲きあがり、その後に沢山の人達が繁茂してくるのを、長い目で応援して行く老後になったなーと気持ちを引き締めているところです。

 テレビからですが、東北の避難している方達の謙虚な言葉に感動しています。日本人の底力を感じています。日本全体が優しい謙虚な復興をめざして、踏ん張りましょう。

« 悲喜交々日々から平凡な日々へ・・ | トップページ | 春がやってきていますね・・ »

塵埃記(2011)」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
小生の画像掲示板に素敵なお言葉と春の景色を頂いているのに、3月10日以来ずっとそのままにしてしまっています。
このことについてお詫び申し上げます。

そしてあの悲惨極まる3.11の大災害でしたね。
このあまりにも悲惨な光景を知ることにより、ネットでものを発することが出来なくなってしまいました。
茫然自失といった毎日が続いていました。

日が経つに連れて、いろいろなことが判明して来ましたが、未だにあのショックが尾を引いていて、何がなんだかよく判らないような、そんな情けない状態なのです。
自分がこれから何をどうするべきかも判らずにモタモタして暮らしている有様です。
こういうときはリタイア組は哀しいものですね。
現役サラリーマン時代には仕事に追われる毎日があったわけですから、こういう国難のときにも仕事で明け暮れ出来ますが、退職している今はこんなときにも徒らに時間を過ごすしかないのですから・・・・。

仰言る様に政府は如何にもひ弱ですね。
しかし、それを補う政治勢力も無いようですので、この現実も実に悲しいことです。
そんな中ですので、せめて、ご提示の民衆の底力がスピードと具体性を持って力を発揮してくれることを望みたいですね。

投稿: ぶちょうほう | 2011.03.23 14:49

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

小生も、あの悲劇から暫くは、何もする気がおきないほどでしたね。

もう人間の傲慢からは、日本は脱却してくれることを望みますね。

太古の昔から、自然災害の列島ですからね。その日本人が築き上げたのも、自然の中の至るところに神を見出したのだと思いますね。その謙虚さを取り戻して欲しいですね。

元通りに戻すと言うより、自然に優しく、謙虚な復興を望みますね。

何も出来ない小生ですが、阪神大震災の後もそうでしたが、ある程度落ち着いてから、町内旅行は淡路にしよう、宴会は長田まで行こうと努力しましたね。
三陸は遠いですが、お金を落としに行くことは、出来るだろうと思ってますね。

投稿: 呑気おやじ | 2011.03.25 13:50

呑気おやじさん お久しぶりです

既に震災から17日、地域が崩壊した中で住民の皆様・自衛隊・警察・消防の方々の頑張りに頭が下がります。

西宮で被災した身には他人事とは思えません。

それにつけても、菅の振る舞いには怒り以上の憎しみの感情を抑えきれません!

※家の事は妻に任せ、神戸~阪神間の壊れた店舗の前で食品を提供できるように走り回って居る時、辻元が被災者の前で、自衛隊反対ビラを撒いていたのは決して忘れられない! そいつがボランティア担当だって? 災害予備費を削った蓮舫が節電担当だって?
挙句の果て、尖閣で辞任した仙石を登用???

それでも必死に頑張っている現地の人々に頭が下がります(私には我慢が出来ない)

投稿: アナログ親父 | 2011.03.28 17:15

アナログ親父様・・ありがとうございます。

民衆の中には、先祖から培われた「人の道」が残っていますね。今の日本のリーダー達は、それを壊して行っている感じを持っています。豊かさの中で、最低限の日本の「人の道」が失われている様な気がしますね。

法や規則や道徳を振りかざして、自己の豊かさを保守しようと言う自由ですね。目の前で、野垂れ死にしている人を法や規則の為に救えないと言う論理ですね。
「人の道」に外れて行ってますね。
強きをくじき、弱きを助けると言う「人の道」だけは、守り通す国になって欲しいと願ってます。
「人の道」は、バランスだと思っています。バランスを崩すと、国や民衆は乱れて行くだけだと思っています。

また、田舎者の戯言で、お返事してしまいました。

投稿: 呑気おやじ | 2011.03.30 18:24

呑気おやじ様
想像を絶する東日本巨大地震、胸を痛めています。
26日、募金活動を姫路でしました。
毎年、10月の赤い羽根募金の時は、事業所へ募金のお願いに行っていますが街頭に立っての活動は、初めてでとても疲れましたが道行く人から沢山の募金をして頂き神戸新聞社へ持って行きました。
募金をして頂いた方に感謝の気持ちと私の気休めの1日でした。
是からは、違った事で応援をしたいと思う今日この頃です。

投稿: きりちゃん | 2011.03.31 08:44

きりちゃん様・・・ありがとうございます。

ネットの発信と言う一こまを覚えられましたね。日々の小さな幸せを発信することで、自己に素敵な感情が生まれますよね。

募金活動の心の楽しみを経験されたのですね。素敵なことだと思います。
小さなことをコツコツと、誰かが言ってましたが、このことがないと、庶民の世界は救われませんからね。

ではでは、気軽に書き込んでくださいね。お返事が遅れる時がありますが、必ずお返事しますからね。

投稿: 呑気おやじ | 2011.03.31 19:18

今日は、恒例の花見が無かったので山の会の人とJR網干駅に集合して京美山へ行ってきましたよ。
218mの低い山だけど姫路の街、瀬戸内海、淡路島、六甲山、そして毎月第2日曜日に清掃登山をしている高御位等四方八方が見える素晴らしい山でした。
未だ三草山へ行った事が無いので一度行きたいと思っていますが・・・
そうそう我が家の椿の花は、3つ咲いたばかりですが桜の花がだいぶ咲いている木が有りましたよ。
入学式には、桜の花が有るのと無いのとでは、雰囲気が随分違いますよね。
来年の桜の時に花見が出来る事を願っています。

投稿: きりちゃん | 2011.04.03 20:48

 呑気おやじ様
 最近、コメントが無いので寂しいですよ。
忙しいでしょうが楽しみにしているので書き込みして下さいね。

投稿: きりちゃん | 2011.04.08 15:06

呑気さん 暫らくです。

当地篠山も桜がチラホラ咲き始めました。
芦屋川などは満開のようです。震災で洗濯物のすすぎの場所となった芦屋川からお花見がしたいと思ったのですが、中々出かける暇が無くて~

我が夫の実家、陸前高田の避難場所も、高台から携帯が時々繋がるようで、だいぶ様子がわかるようになりました。
あちらの人たちは気丈な気持ちの人が多くて、「自分たちは生き残ったのだから・・・」という考えで甘えが少ないです。

母方の姉妹家族が不明のままで、父親の弟である夫を頼りに思ってくれていますが、遠く離れていては、励ましの言葉と少しばかりのお見舞いぐらいしかできないことがもどかしいばかりです。

昨夜も大きな地震が会ったようですね。やっと気持ちが落ち着き始めただろうと思うのですが、又・・・

投稿: ryo | 2011.04.08 15:41

きりちゃん様・・お便りありがとうございます。

お返事が遅くなりましたね。申し訳ないです。

ハイキングを楽しまれましたね。小生だったら、小さな花達を探しながらになりますね。
例年なら、瀬戸内海の春の海を楽しみに、御津から赤穂あたりにドライブするのですが、日本を襲った震災で、動きが大変に鈍くなってしまいました。

また、瀬戸内あたりのお便りをくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ryo様・・いつもありがとうございます。

お便りを拝見しますと、お身内の方達が非難されていることを知り、またまだ行方不明の方達が居られるのですね。
大変に心を痛めますね。何も出来ないもどかしさを感じますが、テレビからの東北の方達の優しいく謙虚な言葉は、内に秘めた逞しさを感じて、我々の方が励まされる感じを受けますね。

篠山城の桜も楽しみたいのですが、本年は無理なようですね。車で飛ばせば、すぐに行けるのですがね。

ではでは・・・篠山の春を楽しんでくださいね。

投稿: 呑気おやじ | 2011.04.08 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悲喜交々日々から平凡な日々へ・・ | トップページ | 春がやってきていますね・・ »