« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »

田舎の新聞屋の若者達を眺めて(精神力)・・

2010年1月16日天気は晴れのち曇り・・

 寒波がやってきて、田舎の新聞屋業務も色々な模様を眺めることになります。小生ももうすぐ2年となり、すっかり皆さんと打解けまして、業務の内容全体を見渡せるようになり、楽しく眺めて仕事を一緒にこなしています。

 そこで、新聞屋業務で一番辛い季節がやって来ましたので、若者達を眺めています。彼らとの色々な会話が、小生自身にも影響を与えてくれますので、塵埃記に落としてみたくなりました。

 先ずは、配達業務15年目を迎え、36歳で屈強な青年を眺めてです。彼は、我が地の配達区域では、北海道と言われるほどの山間部を配達しています。今から雪が積もる、道路が凍る、寒風が吹きすさぶとあらゆる冬の難行が待ち受けている地域ですね。
 彼は小生に、「呑気さん・・新聞配達で、この時期を乗り切らないと、続くか続かないかは判断できませんよ。」と言います。色んな若者達が配達の仕事にやってきますが、この季節を乗り切れないのを見てきているのでしょうね。小生は、この辛い季節から入り、本年で3回目を迎えようとしています。彼から、「呑気さんは、OK・・」・・と笑って眺められているようですよ。

 彼もこの寒さの厳しい季節になると、配達中に「何でこんなことしているのだろう。」と・・放り出して、何度か辞めたくなるそうです。小生が「なぜ、続けている?」とたずねると、彼は、「この仕事をしながら、いくつもの昼の仕事をしましたが、合わなかった。サボる奴やいい加減な上司より給料が安いと言うのに腹がたって、喧嘩してやめてしまいました。ここの業務は、働いた見返りが給料に確り帰ってきます。また自慢や見栄を張る必要がないから楽で、ここまで続いてしまいました。」と・・彼は、誰でもが出来ない地域の部数を多く配達していますから、年齢相応の給料を稼いでいますね。

 この屈強な青年との対比として、ひきこもっていた青年(21歳で、前にも少し記しました。)を持ってきましょう。彼も半年が過ぎました。だいぶ仕事も慣れてきて、少しづつですがまわりも見れるようになり、皆さんの手伝い仕事もできるようになりましたね。しかし、これから2ヶ月間の田舎の新聞屋の難行がやってきますね。
 上記の屈強な青年も母親を子供の頃に亡くしています。ひきこもり青年も両親を亡くしています。生きてゆく苦労は大変ですね。屈強な青年と小生が応援しています。
 彼は、両親を亡くしてから、腹から笑ったことがないそうです。ですから笑顔が作れないのですね。小生と話をしていると少し笑顔ができ、本人も「笑ってますかー?」と喜ぶようになりましたね。まだ他の皆さんとは会話が出来ませんね。
 なんとかこの季節を乗り切らしてやりたいですね。小生は、彼が配達に出る前に、「仕事だと思うな、お前の修行だと思いなさい。逞しい人間になるため修行だと思いなさい。」と言って送り出します。彼は、「仕事だと思うとしんどいですね。立派な人間になるためですね。」と応えてくれますね。彼の両親も宗教家だったそうで、彼も今の世(どんな世か想像してください)から逃避していたのでしょうね。

 彼らに共通していることは、自慢話や見栄を張れないことですね。純粋なんでしょうね。小生は大好きですね。
ただ屈強な青年は、不合理には怒りを表す、ひきこもり青年は逃避と言う面を持ち合わせていますね。
 でも新聞配達業には、不合理や見栄を張ることも、まったく必要のない世界ですね。突き詰めれば、言葉や会話の苦労もありませんね。
 自身の体力と精神力とが頼りとなる業務ですね。彼らは、自分達の仕事を恥ずかしがっていますが、小生が「お前達の方が、素晴らしい仕事をしていると思うよ。」と・・実際に小生が見てきた競争社会でのあたふたした若者達より、数段に純粋で、足が地に着いている感じですね。

 小生は彼らから、生きてゆく、生きようとする・・精神力(どのような表現が良いのだろう)みたいなものを感じながら、自分自身にも反映させて、これからも青春なんだと思うようにしようと思いますね。

「集金途中の田舎の風景」をダウンロード
 気温マイナス3度となった夕暮れ時に集金業務をこなしています。カブを止めて風景を眺めながら、「もう帰ろうかなー、熱燗が飲みたくなったなー。」と心が叫びます。あの道路の向こう側に、まだ15件ほどお伺いせねばならないお家があります。そんな時に彼らの配達している様子を思い出します。「なんてことはない、人生は修行の連続だ。やりきろう。」と、こんどは心がつぶやきますね。。仕事だと思うと、稼ぎが安くて、お酒の誘惑に負けてしまいますからね。

 ふと思いますが、小生がもしも若い頃に、この新聞屋の業務を経験していたら、廃業した商売ももう少し違った模様で続いていたかもしれないと思いましたね。なぜかと言うと、「人は、1000円(今の価値で)稼ぐのに、大変な労力と精神力が必要となる。1000円を大切にしただろう。」と思いますね。毎日のように通っていた居酒屋も思案し出しました(成長したようです)。立志伝中の成功した人達は、このことを知っていたのだろうなーと思いますね。

 若者達を眺めてと題して、またまた戯言を落としてしまいました。他にも沢山の若者達を眺めています。サボり魔、見栄はり、口だけで何も出来ない等々と眺めています。また立派になろうと努力している若者も見ます。
 彼ら若者達は、まだ家庭を持っていない連中ですから、本当の人生はこれからなんですね。また彼らの模様も記してみましょう。

 さあー、今から近くの村へ集金に行こうです。

| コメント (2)

寒波来襲です・・

2010年1月14日天気は晴れてますが、冷たい風。

 地元の恒例の佐保神社えびす祭りも終わりました。小生は亡き義母(49日も過ぎていません)ことがあり、汚れていますので参加してはいけないのですが、サービス飲食のうどん屋をやらされました(もう年季が入ってしまい、代わりがなくなりました)。
 準備から3日間頑張りました。9日、10日は暖かかったから、そう忙しくはなかったです。兵教大の学生アルバイト達(女性)が、「大変美味しい」と言ってくれたのが救いで、どうにか役目を果たせましたね。

 そんなこんなの日常ですが、新聞屋業務が忙しいです。小生の昼の仕事の集金業務がたまりかけてきました。その上に夜の業務に寒波がやってきましたね。配達員達が一番困るのは、道路が凍てることなんですね。
 カブが滑って転倒してしまいます。大きな怪我につながりやすいのですね。この寒波で、何人かが転倒しています。幸いにスピードを出していませんから、人身の転倒はなく、皆さんに大きな怪我はなかったですね。

 話はそれますが、小生は、カブで集金業務をこなしています。会社の軽四輪でも出来ますが、カブの方がはるかに効率が良いです。
 農道を走って、早く行けますし、農家の玄関先まで行けます。また白い顎鬚のお陰で、畑で仕事をしているお婆ちゃんが、「あっ、集金人さんやー」とあとを追っかけて家に戻ってくれますね。
 そんなこともあり、スーパーカブが大好きなんですが、転倒を怖がる人が多いですね。でも単車(オートバイ)は横に倒れるものと設計されているような気がしますね。

 カブに乗っていると色々あります。もちろん転倒まがいもありますが、単車が横に倒れる時は、ハンドルを放すことが重要だと思いますね(小生の経験で)。
 道路が凍てていて滑っての転倒も、ハンドルを放すと単車だけが滑ってゆきます。カブを大切にし様とハンドルを持っていると引っ張られて大怪我の可能性もありますね。
 カブ(単車)は、横に転倒しても、ほとんどカブ本体には損傷はないですね。足のステップが少し歪むくらいですね(すぐに直せます)。
 オートバイレースで、転倒して単車がくるくる回ってすっ飛んでいっても、選手は立っていて、すぐにレースに参加してますよね。溝に落ちる、またスピードの出しすぎでの正面衝突だけは避けて欲しいですね。単車は駄目になるし、乗ってる本人も大怪我ですよ。

 本日の塵埃記のメイン話題が、単車の話でそれてしまいました。集金業務の合間に、寒波が訪れて小休止の一日でした。寒さが厳しいのですが、天気が晴れていましたので、炬燵の中にいれず花を探しに行きました。

 もうなん何年も身近な花達を追いかけていますから、どこに行けば花が見れるか判っていますから、極身近なとことを車でまわりました。

「ソシンロウバイ」をダウンロード
 素心蝋梅ですね。空き家の庭に咲いています。放置されていて全体像は、美しくありません。近写して楽しみました。でも、咲き乱れています。この1月に咲く花はロウバイかもしれませんね。

「ロウバイ」をダウンロード
 此花の真ん中の暗紫色が、蝋梅と言われるものなのでしょうかね。もう少し違う蝋梅も、小生は見ています。これも空き家の乱雑な庭で楽しみました。

「ヒイラギナンテン」をダウンロード
 小生は、このヒイラギナンテンが、この季節に咲く元気者だと思いますね。寒風吹きすさぶ沿道に植樹されたものを眺めてきました。これも木姿よりも近写の方が綺麗ですね。

「沿道のヒイラギナンテン」をダウンロード
 オマケです。木姿も掲載しましょう。

 なんとか塵埃記を進めることが出来たようです。寒椿も咲いていましたが、美しさに程遠かったです。でも花達を追いかける気になれば、日本は年がら年中追えると思いますね・・と落として戯言を閉じましょう。

| コメント (1)

« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »