« ある若者の社会性の欠落 | トップページ | 相撲賭博もありましたよ・・相撲界の野球賭博で思い出しました。 »

やっぱり未来も「優しさ」で・・遊季節・6月の2

2010年6月18日天気は雨・・

 とうとう梅雨の季節となりましたね。月日の流れるのも早いです。サッカーの日本代表がみごとに勝利して、嬉しい報道もありましたが、相撲界の暴力団がらみの賭博や大臣になった議員の秘書が、女性のお尻を触ったり、弱者を傷つけたり、騙したりとエリートと言われる社会からも、相変わらずの社会性や人間性を疑ってしまう報道も多いですね。

 2回にわたって、社会性の欠落と題して色々な戯言を落としましたが、どんどん乱れ欠落してゆく世になるのじゃないか、歯止めはどうすればと思考していましたが、先週末の深夜のラジオで、「心を育てる親と子の絆・・東京大学名誉教授 小林 登」様のお話を聴くことが出来ました。

 最後にアンカーが、「自殺、苛め、虐待と増え続ける現在をどうすれば良いと思われますか・・」との質問に対する小林 登先生のお答えに感動しました。
 先生は、「大丈夫ですよ。人類が集団社会を築こうと、脳から心へ「優しさ」と言うプログラムを組み込んだからですよ。隣人や仲間に優しくすることによって、理想の集団社会を作ろうと言う心が芽生えて、ここまで発展した社会を作ったのですから、高度に成長した人類です。もっと素晴らしい優しさでもって、未来の集団社会を作るでしょう。優しさがキーですね。」でしたね。

 優しさは、小生の大好きな言葉でして、優しさを内在していれば、社会集団での色んな人達とのお付き合いや子供達にも素敵に対応できると思いますね。厳しい言葉や躾の中にも「優しさ」を内在させねば・・・・と思います。

 小生は思いますね。人間の集団社会が乱れて、残虐な殺戮行為や自然災害などの飢餓的人間崩壊が続いた時に、民衆に対して、社会性について偉大な助言者が現れたような気がしますね。お釈迦様、キリスト等々、日本では親鸞あたりでしょうかね。言葉だけで、辻説法助言したのでしょうが、民衆は指導者として尊敬したのだろうと思いますね。
 ぼちぼちと現れてくるのでしょうかね・・・・まだまだ乱れはピークを迎えていないのでしょうかね。オカルト的に恐怖を煽って発する助言では駄目ですね。人が真に平穏で暮らせることを助言してゆかねばですね。小生はやっぱり「優しさの世界」を・・・ですね。

 またまた戯言で、塵埃記をすすめてしまいました。季節の花達を追いかけるのも、梅雨を楽しむ季節となりましたので、追っかけは一休みとなります。6月の10日から、仕事をしながら楽しんだ花達をデジブックにしました。
 お暇な方は、遊んで見てください。


« ある若者の社会性の欠落 | トップページ | 相撲賭博もありましたよ・・相撲界の野球賭博で思い出しました。 »

塵埃記(2010)」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
イチヤクソウがついに咲き出しましたね。

「やさしさ」と「力に頼った他への強制」・・・この相反することが時代の節目節目で、作用しあって、あるときにはナチスドイツや侵略戦争のように現れたり、反対に釈迦無二、ムハマド、イエスキリスト、孔子や弘法大師が現れたのかもしれませんね。
それはまるで物理学で学んだ作用と反作用のように相互に関連していたのではないでしょうか。

それでなければ北朝鮮による拉致のような悪逆非道な仕打ちを、やさしさの一面からだけでは語ることは出来ないような気がするのです。

欲望が勝ると、やがては「やさしさ」を打ち消して独りよがりが動き出し、やがては乱暴な力を伴い、他を強制して挙句の果てにいわゆる「勝ち組」にノシあがり、他もこれを真似る。
こんな事の連鎖が、長い年月行われてきて、又それと同じくらいの力で人間が本来持っている「やさしさ」も作用しているのではないでしょうか。

投稿: ぶちょうほう | 2010.06.19 11:41

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。

小生は、子供の頃に映画を見すぎたのでしょうか、どうも情緒的に物事を見聞きしてしまうようです。

 でもぶちょうほう様が的確に論理的なコメントを落としていただきます。

作用と反作用と捉えると、なるほどと思えることが多くなりますよね。

北野タケシが、今の政治家を見て、振り子が小さいといいましたね。良いにつけ、悪いにつけ、振り子の幅が大きかったと言いましたね。良い方に大きな振り子は、反対に悪い方にも大きく振る・・・作用、反作用でしょうかね。

投稿: 呑気おやじ | 2010.06.22 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある若者の社会性の欠落 | トップページ | 相撲賭博もありましたよ・・相撲界の野球賭博で思い出しました。 »