« 老人と若人の成長とは・・(下積み経験) | トップページ | 遊季節・5月の増刊号です。 »

遊季節・・野花を追う楽しみ・・

2010年5月1日天気は晴れ・・

 遊季節と名打って、身近な自然の中で花達を楽しんでいます。ネットを始めた頃にホームページをどのように遊んだら良いかと、試行錯誤しまして、安物のデジカメを買って、愛犬ドラムの散歩のついでに田園の畦道の花達を撮って掲載して、ページを飾っていました。その時に、ご覧頂いたネットのお友達のお陰で、野草花の奥の深さを教えてもらいました。その後も、草名の検索に大変な助言を頂き、今も助けていただいています。

 その方のご指導やら、楽しみ方の素晴らしさを知ってから、身近な自然をもっと深く知りたくなり、野草花以外に夕日を追いかけたり、虫達を追いかけたり、樹木の花達まで追いかけるようになりました。

 野草花の追いはじめは、畦道散歩の花達でした。1km四方ぐらいの田園の花達でした。それでも追いきれないほどの花達が次々と咲き乱れ、季節を追いかけることを知りました。今では季節を感じながら、もうあの花が咲いてくるだろうなーと感じられるようになりましたね。

 その季節の花達を追いかけるのが、我が地の沿道や里山、林道、川原辺りまで広がってゆきましたね。そんなことをしていると、年月の経つのが早いですね。その季節に咲きあがる花達の時期になると、咲いているかなーと飛んで行きたくなりました。

 そんなこんなで、季節的にはエビネ、キンラン、ギンランを眺めたくなり、過去に出会って里山のある場所へ行って見たくなりました。

「ギンラン」をダウンロード
 小枝が乗っかって咲いていました。まだこの一株の花しか見れませんでした。小枝を除けてやりました。ギンランは小さい草ですから、里山の道すがらに咲いてますが、見つけにくいです。

 時期が早かったのかもですが、エビネやキンランを見ることが出来ませんでした。この2花は、ギンランと違って目立ちますからね。エビネは数年前に見たときは、沢山の花固体を見ました。年々少なくなり、昨年などは例年の見つかりにくい所の花を楽しんだだけでした。キンランは、もう2年ほど楽しむことが出来ていないです。小生が楽しむくらいですから、誰もが楽しむことの出来る所でしたね。花が移動することはないと思いますね。

 花達を追いかける楽しみの一つに、新しい出会いがあります。
「何草なんでしょう?」をダウンロード
 田園の休耕田の中で、大変に目立つ大草ですね。色も季節外れの感じもしますね。季節を楽しむ他に、草花への新しい出会いと言う楽しみも、小生を駆り立てる一つとなっていますね。パソコンの中に「検索中」とある草花が沢山あります。咲き出しやら、芽吹きやら等々で、後日にあっと気づく花達も出てきましたね。

 戯言が長くなりました。そんなこんなで、「遊季節・4月の3」が出来上がりました。新緑を楽しみながら、春風に吹かれている素晴らしさを少しでも感じて頂ければ幸いです。またバックの音楽を「故郷」としましたが、小生の郷愁は、夏ですね。炎天下にボールを追ったこと、少年時代に川で、朝から晩まで遊んでいたことです。


« 老人と若人の成長とは・・(下積み経験) | トップページ | 遊季節・5月の増刊号です。 »

塵埃記(2010)」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
デジブックを楽しませて頂きました。
どの画もピントぴったりで、メリハリが利いていて、素敵な仕上がりですね。

さて、この記事のなかの「何草なんでしょう?」は一体何者でしょうか。見たことがありませんし、見当が付きません。
葉っぱはリンドウに似ていますが、春のうちからこんなに化けるはずはないですね。

スライドショーでミツバチの分蜂を見て羨ましく思いました。
女王蜂を捕まえて巣箱に入れれば、残りの蜂もついてきて、それにより養蜂できるそうです。
つまり自前で蜂蜜を採れるようになるそうですよ。一ついかがでしょうか。

スライドショー中の15番はカラーかもしれませんね。
また、17番の鳥は図鑑で見るとコチドリというのが一番近いのではないかと思えました。

ギンランを見られて良かったですね。
三河ではキンランのほうが圧倒的に多くてギンランは見ることが殆どまれになりました。

投稿: ぶちょうほう | 2010.05.01 20:43

ぶちょうほう様・・早速にありがとうございます。
ミズバショウの件は、迷ってました。「こんなのも飛んできてます。」としたかったのですが、編集し忘れでした。
でも、カラーと教えていただき、コチドリと一緒に変更できました。

本日に、フデリンドウとトリガタハンショウヅルを見つけることが出来ました。フデリンドウは、数年ぶりになると思いますね。

此花も、ハルリンドウじゃないかと言うところを、フデリンドウでいかがでしょうと、教えていただいた記憶が蘇りますね。

投稿: 呑気おやじ | 2010.05.02 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老人と若人の成長とは・・(下積み経験) | トップページ | 遊季節・5月の増刊号です。 »