« 電子辞書を買いました。 | トップページ | 老人と若人の成長とは・・(下積み経験) »

野生美を思考してしまう「一輪草」・・遊季節・4月の2

2010年4月20日天気は雨・・

 暖かくなったり、寒くなり雨が降ると言う「女ごころと、春の空」(笑)の季節模様になっています。春で皆さんが動き出したのか、集金業務ではお留守が多くなり、仕事がはかどりません。
 ですが、小生には春の花達が時間待ち調整の手助けをしてくれますね。里の野山は、花達を追いかけるのが大変になるほど咲きあがってきましたね。夏の大草達が現れるまでに、花をつけて繁栄しようとしているかの様ですね。

「イチリンソウ」をダウンロード
 2年ぶりに此花に出会いたくて、里山に入りました。咲き出しの花模様だと思います。蕾を含めて4花見ました。
まだ枯葉が残る中で、真っ白な花が目立たないように咲いていました。花は空を向いていません。ちょっと俯き加減です。葉も花に彩を添えるように、花下を飾っています。此花は、純白と花バランスと大きさと言う点では、「野草花」と言う言葉にぴったりの美を備えているなーと眺めて思いました。

「ミツバツチグリ」をダウンロード
 春の野は、黄色の花達で染まりかけました。ヘビイチゴ、キツネノボタン、ウマノアシガタと来まして、ミツバツチグリ、キジムシロ、ジシバリともう黄色の世界と言っても良いですね。ミツバツチグリとキジムシロは、判別が難しいです。葉の違いだけで判断しています。

「アケビの赤花」をダウンロード
 カブで次の村へと里山を抜けてますと、日を受けて真っ赤な花が目に飛び込みました。「やったー、新しい花を見つけた。」と近寄ってみますと、アケビでしたね。でも綺麗な花でしたね。

 そんなこんなで、4月9日から19日までの10日間に、我が地を走り回りながら、春を楽しみました。もう追いかけきれないぐらいに、花達は咲いています。「何草でしょう?・・」とこんな草達まで追いかけたいのですが、小生の知識では到底追いかけることは出来ません。眺めて季節を楽しんでします。

「遊季節・4月の2」を作成しました。選に漏れた花達もありますが、出来るだけ掲載して保存してやろうとしています。少し長いですが、お暇な方は楽しんでみてください。

« 電子辞書を買いました。 | トップページ | 老人と若人の成長とは・・(下積み経験) »

塵埃記(2010)」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
デジブックの画像を楽しませて頂きました。
スライドショウで見ていて、春がこれほどまでに進んでいたのかとびっくりしました。
どの画像も鮮明で、素敵なアルバムだと感服しています。
見た中では、やはりイチリンソウに惹かれ、是非この姿を山中で見たいものだと切実に思いました。

「何草でしょう?・・」と提示された草はカヤツリグサ科のスゲ属で、見分けが大変に難しいものですね。
ヒメカンスゲという種類をネットで検索して比べて見ていましたが、似たようなところがあるにはありましたが・・・確証には至っていません。

投稿: ぶちょうほう | 2010.04.21 21:03

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。
イチリンソウは、素敵な野草ですよね。単純と言うか、素朴と言うか、無駄をなくした花そのものの美を感じますね。
画像にして大きく見ると確りしている感じですが、実物はか弱さを感じ、「元気でふえろよ。」と言葉が落ちましたよ。

カヤツリグサ系と言うヒントをありがとうございます。仕事がなかったらどっぷりと検索にはまるのですが、今は、眺めるだけになりますね。

投稿: 呑気おやじ | 2010.04.22 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電子辞書を買いました。 | トップページ | 老人と若人の成長とは・・(下積み経験) »