« 春が待ち遠しくて・・・ | トップページ | 弱冠21歳の青年と海辺へドライブ・・ »

「優しさ」は自己に対しても・・・

2010年2月1日天気は雨・・

 もう2月に入りました。塵埃記は、雨の日に綴ることが多くなりましたね。本日も昼間の業務は、お休みですね。ネットを楽しんでいますが、またふと戯言が沸きましたので落としてみたくなりました。

 深夜の業務は、午前4時にラジオ(NHK)から流れる「こころの時代」を聴きながら軽四輪を走らせています。色んな人達のお話やこぼれる言葉を楽しんでいます。その言葉に影響を受けて、小生なりに色々と思いも巡らせています。
 特に感じることは、こころの時代と言う題名通りに、「今の日本の世風で、心の乱れや病が蔓延して来ている」と・・色んな人達の話の中に触れられていることが多いと思いますね。

 「仕事と子育てが両立できない怠け者の自分が、大嫌いになってしまいました。・・・自分が大嫌いになると大変ですね。24時間大嫌いな奴と一緒にいなければならない。こんな辛いことはないですよね。」と話された女性(有名イラストレーターだったと思います。忘れました)がいました。
 小生の亡き母と一緒ですね。鬱病の一歩手前の状態ですね。彼女の解決方は、「とにかく立ち上がり、起きることだそうです。」
 立ち上がるとお掃除の次は洗濯だと人間の脳は、肉体を活動させることで次々と働き出すと言うのですね。学者の話を持ち出して、笑うから面白い、涙を流すから、悲しみや嬉しさを脳があとから判断すると言うのですね。
 実際に幼児を見ていると、肉体状態が先で、そのあとに泣き笑いの状況が脳にインプットされてゆく感じですね。
 「先ずは起きて、そして笑う。」・・素敵な解決方ですね。亡き母が布団をかぶってしまって起き上がれなかったのを思い出しましたね。

 小生は「優しさ」を重要視していると、この塵埃記にもよく落としましたが、他人に対してもですが、自己に対しても優しさをもって欲しいと思いましたね。上記の彼女もがんばり屋さんだから、怠けていると思う自己に嫌気がさしてきたのだと思いますね。
 自分が嫌いになる前に、自己に対して優しく接してやればと・・小生は思いますね。競争社会で頑張り抜く力も必要ですが、競争ですから負け組が必ず出来ます。でも弱者に対しても優しい心を持たないとですね。それは、自己に向けても同じことだと思いますね。

心の時代からもう一つ・・トルコと日本は大変友好関係(エルトゥールル号の遭難) が深いそうでして、トルコの人達は、日本人が年間に3万人以上の自殺者があると言うことに大変驚いているそうです。トルコの人達はイスラム教ですね。この教えでは、人生の運、不運、幸や不幸は神様がお決めになることで、自分には責任がないと思えるそうです。神にゆだねる・・・これは自己に優しくなれますね。
 
 なんかまた纏まりがつかなくなりました。文章にする苦労を感じますね。呑気者は、この苦労を克服できません。これぐらいでご勘弁ください。
 また中途半端な文章だからこそ、皆様それぞれに色々と思いを抱いていただけるだろうと・・・呑気者を優しく励ましていることも記しておきましょう。

 心が沈む、生きてゆく力がわかない、人生が面白くない等々と蔓延してきている・・・今の総理が「友愛」と言う言葉を落としましたが、小生は格差(競争)社会の中で、先ずは「優しさ」を大きく浮上させたいです。

 貧困にあえぐ何もないアフリカ(スーダン)での医療活動中のボランティア医師が、アフリカには何もないけど「何かがある」(精神的な)と言ってました。豊かな日本に暮らしていますが、なんかギスギスした世になってしまいました。「優しさ」と言う潤滑油が必要になってきたようにも思いますね。

 アバウトミーと言うネット遊びで、「ひきこもったことがありますか?」と尋ねてみました。沢山の人達から回答を得ました。さてさてこのグラフを見てどのように感じられますかね。

« 春が待ち遠しくて・・・ | トップページ | 弱冠21歳の青年と海辺へドライブ・・ »

塵埃記(2010)」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
またまた、今回も素敵な所感を読ませて頂きました。
呑気様とお付き合いして来て、感じる事ですが、最近ますます進化・深化してきていると思います。
さすがに体育会系で、力強く歩み続けられるお方だと感嘆いたしました。
(この場合体育会系は関係ないかもしれません)
今の小生は、呑気様の記事を読んで、力を貰っているようなところがあります。

アフリカには何もないけど何かがある・・・今の日本人にとって、とても含蓄に富んだ言葉ですね。

投稿: ぶちょうほう | 2010.02.05 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春が待ち遠しくて・・・ | トップページ | 弱冠21歳の青年と海辺へドライブ・・ »