« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

「ペンタックス賞」・・猫に小判となりました。

2009年12月22日天気は、寝ていてわからず・・

 12月に入って他界した義母のことがありまして、何日か仕事が出来ませんでしたから、その仕事を追いかけるのに忙しくしていました。仕事は一段落しましたが、年末・元旦は新聞屋の一番忙しい時期となります。英気を養うために本日は、朝の十時から午後5時まで寝ていました。寒さも厳しく炬燵で丸まっていました。

 さて、11月ごろからデジブックと言うネット遊びを知りまして、遊んでいました。このブログにも何点か登場させましたね。そのデジブック広場で、ペンタックスが「秋の色」と題して、デジブックのコンテストが行われていました。
 昨日が結果発表の日だったのですが、本日の早朝に入って見まして、驚きました。なんと小生の作品に賞が与えられていました。こう言う類に縁のない男でして、嬉しいより恥ずかしいなーと素直に感じたしだいです。

★秋のデジブックコンテスト2009★で結果発表されています。お暇な時に、小生の作品と同時に他の入賞者の方々の作品も楽しんでみてください。

 小生は、カメラ技能やカメラ技術は一切ありません。10年ほどデジカメで野花達を記録として残す為に遊んでいるだけなんですね。いまだに露出やら感度や広角やらとカメラ言葉もわからないほどです。

 そんな輩がなぜ応募したか・・賞品に興味があったわけではありません。高級カメラがを頂いても、高級レンズを頂いても「猫に小判」なんですよ。野山を駆け回って野花達を追いかける体育会系ですからね。できるだけ手軽なカメラが良いわけですね。マクロ撮影も簡単、望遠もある程度楽しめるものが理想ですね。
 そんな訳で、ペンタックスX-70と言うのを現在は使用しています。そんな訳で、なぜ応募したのか、自分でもはっきりとしません。
 デジブックを知って間がなく、デジブック広場をうろついていていて、コンテストを知ったことが大きいですね。

 ただ冷やかし半分と言う気持ちがあったことは確かです。凄いカメラ技能の人達が苦心して作られた作品ばかりだろう。だったら素人は素人なりに、出来るだけ素人ポイ作品に仕上げて、我が地の秋のデジブックにしてやろうと思ったことは確かです。花画像なら年季が入っていて少しは自信もありますが、あえて風情ばかりで作ったのも、そんな気持ちがあったからなんですね。風情の切り取りもまったく素人ですからね。3脚を置いてじっくりとなんて考えたこともありません。車で走りながら車窓から撮ったものもありますね。遊び心満載で応募してやれだったのですね。

 アルバム作りも簡単でしたね。保存している画像からひょいひょいと選んで作成時間は40分かかってなかったと思いますね。デジブックはアルバムにするのには、手数がかかりませんね。

 そんなこんなで賞を頂いて、嬉しさの結論ですが、先ずは我が地の素敵な自然(被写体)に賞を譲りたいです。そして小生には、どんどんデジカメ遊びを続けなさいとのご褒美だと思うことにします。愚妻に、「またデジカメもって、里山にいくのー。」と睨まれるのが少しは和らぐと思いますね。

 ではでは、皆様・・冬至です。寒さが厳しくなります。ご自愛いただき、素敵な年末・年始をおすごしくださいませませ・・

26kirisitannkann

 左記の画像は、200万画素の一番最初に買ったコンデジ(10年ほど前ですね)ですね。ポケットに入れて色んな花画像や旅の画像を作って遊びました。今は、孫のオモチャとなってますね。「爺っ、こっちむいてー」とカメラを構えますね。
懐かしい画像で(小生にとっては)、皆さん素敵なクリスマスの夜を楽しんでくださいね。

| コメント (3)

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »