« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月6日 - 2009年12月12日 »

妻の母が危篤です・・

2009年12月3日天気は小雨模様・・

 本日の早朝から妻が実家に帰りました。90歳になる母が危篤状態だそうで、今日明日にも旅立ちそうだと言う電話があり、すっ飛んで行きました。

 デイケアーなどにはお世話になっていましたが、つい最近まで元気でした。ところが所持品などを綺麗に整理していて、お寺参りもすませたところで、肺炎になって緊急入院して、すっかり肺に水がたまり、危篤との知らせだったそうです。

 90歳になる義母を思い出しています。よく働く人でした。亡くなった義父の「こんにゃく屋」を朝から晩まで手伝い、田圃や畑にも勢を出していましたね。

 小生と義父とが一緒に飲んで、義父が戦争の思い出話を語って、楽しそうに酒を酌み交わしているのを、料理の準備をしながら、台所から明るい笑顔で見つめていた義母の顔を思い出しますね。

 妻からの知らせが届くのを待っていますが、なんか落ち着きません。妻には、「散髪に行っときなさいよ。」と言われてますが、人間90歳も生きると、義父の時と違って、妻は気丈夫に振舞ってますね。でも彼女は、時が来ると大泣きしますよ。

これで、小生の周りには戦前、戦中、戦後を生き抜いた人が居なくなりそうですね。

 午後4時30分・・妻から電話がありました。「少し持ち直されましたが、準備はしておいてください。」と医者が言ったそうです。意識は戻ってないそうです。危篤中が少し長引くようですね。

 また少しばたばたしますが、昭和の時代が遠のいてゆく思いです。最近、深夜の仕事中に、NHK第一から毎夜午前3時50分に流れる歌に聞きほれて、ほろりとしながら軽四を走らせています。
「昭和浪漫第2章」です。You Tubeにありました。貼り付けておきましょう。

| コメント (1)

« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月6日 - 2009年12月12日 »