« 2009年11月1日 - 2009年11月7日 | トップページ | 2009年11月15日 - 2009年11月21日 »

呑気な丹波の紅葉情報・・

2009年11月10日天気は小雨降る・・

 昨日は休刊日でした。前の夜は友人達と飲み明かしました(休刊日前は恒例となりました)。昼前に起き出しまして、空を見ました。雲が多かったですが、晴れていました。「よっしゃーっ、久しぶりに一人ドライブじゃ・・」とデジカメ積んでドライブですが、季節は紅葉シーズンですね。身近なところの紅葉情報を検索して出発しました。

 丹波の山南から、篠山に入り、武田尾、有馬と走りきってやれと頭に浮かべて出かけましたが、朝からなら何とかなったのですが、昼過ぎに出ましたので、篠山で日暮れを迎えてしまいました。お遊び情報と言うことで、デジカメ機能の中にパノラマと言うのがあります。荒い画像ですが、小生が眺めたままの紅葉情報(11月9日現在)と言うことで塵埃記を進めます。お寺の説明は、ネット検索してくださいね。
それから、画像のコントラストを少しだけ強くしました。実物より赤が少し鮮やかになっているかもです。

石龕寺・・兵庫県丹波市山南町岩屋2
先ずは、紅葉では有名なところです。
「石龕寺の紅葉」をダウンロード
 まだまだこれからと言うところでしたね。それと真っ赤に色づいているものもありましたが、鮮やかさを感じることが出来ませんでした。それから笑ってやってください。この画像が、パノラマ機能を初めて使いますので、上手に出来ませんでした。画像が重なってしまいましたね。「色づいていると綺麗」なんですがね。ちなみに参道を歩くのに300円が要ります。沢山の紅葉が楽しめますね。

大国寺・・兵庫県篠山市味間奥162
次には、小生が大好きな小さな山寺の紅葉です。
「大国寺の紅葉」をダウンロード
 3枚のパノラマですので、山寺の全体が入ったと思います。色づいていますが、旧年に見た鮮やかさが出ていない感じです。ここのモミジは素晴らしい赤なんですがね。
 では、裏から見た紅葉で「眠り地蔵」です。この山寺で、この風情も大好きです。
「裏から見たパノラマ紅葉」も追加しておきましょう。まだ少しパノラマが失敗気味ですね。

 次に向かったのが、知る人ぞ知ると言う洞光寺なんですが、ほんとに小さな山寺でして、篠山の山手の方を捜し走り回りました。その途中で素敵な山紅葉を見ましたので掲載ですね。
「篠山の山紅葉」をダウンロード
まだまだパノラマが確り出来ませんね。まあ風情だけでもお楽しみください。

洞光寺・・兵庫県篠山市東本荘301
道端のお爺さんに聞きました。それでも間違ってしまいました。「そこを入ると寺が見えるから・・」と言われたのですが、見過ごしまして、奥へ奥へと行ってしまいました。もう午後4時です。天候も悪くなり日暮れ時のような明るさでしたね。
「洞光寺の紅葉」をダウンロード
 こんもり模様の小さな紅葉ですが、「うーん、いけるじゃないか・・」と思いましたね。「こんもり紅葉」に近づいて眺めました。晴れた日にじっくりと眺めたくなりましたね。

 もう日暮れとなり、飛ばして帰ることにしました。帰り道で大山茶花が見たくなりました。
西方寺・・兵庫県篠山市今田町今田新田82
樹齢600年を超える大山茶花が、小さなお寺ですがあります。日暮れでフラッシュを使いました。
「西方寺の大山茶花」をダウンロード

 駆け足で紅葉を楽しみましたが、本年はもう楽しむことは出来ないと思います。でも身近なところでも紅葉は、沢山楽しめますね。仕事ついでに探してみましょう。でも、林道を走って、山のまだら紅葉は行って見たいですね。「さてさて行けるかなー」と落として、本日の塵埃記を閉じましょう。

デジブックを追加・・紅葉を沢山デジカメ遊びしました。ネット遊びがどんどん増えています。
デジブックでアルバムを作りました。まだまだ素敵なアルバムにはなりませんでした。色々遊びながら、素敵な草花アルバムやムービー的な画像編集を楽しみたいです。音楽が鳴りますよ。ご注意ください。

| コメント (1)

秋の里をぶーらぶら・・パート2

2009年11月7日天気は快晴・・汗ばむ陽気です。

 さて、仕事もどんどんこなしていますが、里の秋模様も我が田舎をぐるぐるまわって楽しんでいます。題名通りにぶーらぶらと塵埃記を進めましょう。

 数日前には、凄い寒波が押し寄せて冷え込みましたが、この2、3日は雲ひとつなく晴れ渡り、天高くなんとやらで、秋の空を眺めましょう。「渡り鳥」が、何鳥なんでしょうね。渡ってゆくのか、渡ってきたのか、小生にはわかりませんが、素晴らしい眺めです。また野池に参りますと、いろんな鳥達がやってきています。空を見上げると、この野池で遊ぼうかと言う「渡り鳥2」が、ぐるぐる周辺を飛び回ってますね。ちなみにピンボケの山を築きました。

 野池を出て、里の山道の秋を楽しみましょう。「キセルアザミ」が、まだまだ元気です。「ムラサキシキブの実」を見つけました。「サンキライ(山帰来)の実」「ヒヨドリジョウゴの実」は、山道のいたるところで赤合戦を演じる秋を眺めることが出来ますね。
 山道で、「アオミズ」と言う草花に出会いました。見過ごしていたのかもしれません。

 田園地帯の農道や畦道の秋風情をと、ぶーらぶらして見ました。「フユノハナワラビ」がすっかり小金色になり、日を受けてキラキラ輝くようになっていました。また畦道に大変増えてきました「アメリカキンゴジカ」なんですが、此花はいつの時間帯でも花が開いていると言う草花ではないようです。枯れ草のようですから、誰も見ようともしませんね。やっと花が開いているときに出会うことが出来ました。
 休耕田や雑地を眺めますと、「センナリホウズキ」の花が咲き乱れてます。

 ぐるぐると草花達に遊んでもらってますが、本年は「あらら・・」と声が落ちることがよくあります。初夏に咲く草花が、元気にまた綺麗に咲きあがっているのに出会いますね。野池には、「タカサゴユリ」が、ぽつんと一花、草丈も低い状態で咲いていました。また、川原の笹薮よこでも、ぽつんと一花ですが、「ハナウド」が、みごとに花を咲かせていました。ホトケノザやハコベやナズナと春の花が咲いています。初夏に咲く「グンバイナズナ」も確りと咲いていましたね。
 前のブログ記事の野のキキョウが咲き乱れているのも変な感じなのですが、温暖化による気候の変化なんでしょうか、不思議な感じを受ける秋模様も楽しみましたね。

 農家の周りをぶーらぶらして、本年の一番の柿の木を探してみました。青空に栄えた、この「柿の木」が、今のところNO1としておきましょう。ゴルフ場周辺で楓の紅葉を探しました。もう真っ赤に色づいていますが、美しいものがなかなか見つかりません。冷え込みで赤くはなっていますが、いまいちですが、小さいですが綺麗な「モミジ」も見つけましたから、貼り付けて、秋の里のぶーらぶらとして、閉じましょう。

 あっ、ジャイアンツが日本一になりましたね。米国ではヤンキースと、本年は人気NO1の名門チームが優勝しましたね。松井選手の活躍と言い、何か因縁があるような気がしますね。

| コメント (1)

« 2009年11月1日 - 2009年11月7日 | トップページ | 2009年11月15日 - 2009年11月21日 »