« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »

田舎を巡ると楽しい出会いがあります。

2009年9月19日天気は秋晴れ・・

 民主党・鳩山内閣の顔ぶれが決まりましたね。大臣クラスは平均年齢61歳です。小生と同じ段階の世代が残ったと言う感じでちょっと心配ですが、副大臣クラスは40代後半の方々ばかりの様子です。世界が「変革」を求めているようですので、若い力で新しい日本のありようを、清く正しく確りと作り出していただくことに期待しますと記しておきましょう。

 さて、「自然と遊ぶ」のカテゴリーで塵埃記を進めます。相変わらず仕事の途中に、田舎の里山、田園、野原、野池を徘徊して、秋の草花を追いかけています。草花は右上の「遊季節」と言うブログパーツ(画像をクリックすると大きなスライドショーが見れます。)で、随時掲載してゆくことにしまして、本日のブログは、小生が楽しんだ自然模様を掲載して進めます。

「野を這うセンニンソウ」をダウンロード
藪や樹木に絡んで、センニンソウが咲き乱れている季節ですが、田圃の畦道辺りの野を這いながら咲いていますね。しゃがんで上から眺めるセンニンソウですね。

「畦道のツリガネニンジン」をダウンロード
畦道でこんなに密集して咲いているツリガネニンジンの花を見るのは、初めてでした。「おうっ・・」と声が出て立ち止まりました。

「古い休耕田そばで・・」をダウンロード
ミズギボウシを楽しもうとごそごそ入りました。秋の草花がそろっているようですが、左端にリンドウの蕾も見えますね。リンドウが咲き出すともう冬の足音が聞こえてきますよね。

「自然の弱肉強食」をダウンロード
ナガコガネグモでしょうか、シオカラトンボを網にかけて、毒で麻痺させた瞬間でしょうかね。こんな世界が、自然の中で繰り返されているのだろうなーと眺めました。

「水中で咲く花」をダウンロード
田圃の間にある小さな溜池(2坪ほど)で見つけました。葉の様子からミズオオバコだと思います。初めて見る花ですね。水中で4花ほど花姿そのままに咲いていました。水中花ではないと思い、池周りを探しました。1花ですが、水没寸前の「ミズオオバコ」を楽しむことが出来ました。近くですので、明くる日に見に行きましたが、水中にも花を見ることが出来ませんでした。

「空中に浮くドングリ」をダウンロード
 少し里山に入ると、ドングリが空中に浮いて揺れていました。面白い画像になると頑張りましたが、駄目ですね。でも、蜘蛛が引っ張りあげた、またドングリが絡んだにしては??・・・重そうですよね。
 重そうと言うなら、「栗」が弾けて、どんどん落ちてゆきそうな季節になってますよ。

「葛の家」をダウンロード
田舎の農家辺りをぐるぐるまわると、こんな家を眺めることが出来ました(笑)。放置もここまで来ると「おみごと」と声が出そうになりますね。また葛の繁殖の凄さも知ることとなりましたね。

「ヒラタアブの大近写」をダウンロード
農家のそばで、ニラの花を楽しんでいました。いつものようにヒラタアブがやってきました。ヒラタアブを絡ませてニラの花画像をと思いましたが、今回は、ヒラタアブを狙って見ました。小生のお遊びとなりましたね。

「田圃のコナギ」をダウンロード
秋の田圃に咲く色々な花達を楽しもうとしますが、花が確りと開いた状態で楽しめないような気がしてなりません。
午前中から昼ごろまでは、咲いている様なんですね。小生の仕事柄、午後遅くになって徘徊しているのが原因かもと、ふと思うことがありますね。

そんなこんなで、楽しい出会いで綴ってみました。閉めには、「秋の夕暮れ」を貼り付けましょう。まだ光量が強く、赤点が表れましたが、カイツブリが演出してくれました。カイツブリは、口笛を吹くとどんどん遠ざかりまして、画像の中に入れることが出来ましたね(笑)。

楽しい出会いでの追加記事です。
「シダの下に隠れて咲く花」をダウンロード
 シダが生い茂っているところで、ごそごそ遊びました。ミゾソバの咲きかけ、ヤブマメ等々と素敵な花姿がないか探していました。シダの葉の下に真っ白な素敵な花を見つけました(シダの葉を掻き退けました)。ネット検索すると「丹後サラシナショウマ」(近写しておきました。)に行き着きました。うーん、丹後と名のつく花に初めて出会ったことになるなーと、思い出深い出会いとなりましたね。
また、簡単な検索ですので間違っているかもしれません。「上の画像の草花は、丹後サラシナショウマではないですよ。」と詳しくわかる方がおられましたら、お知らせいただくと大変に幸せに感じます。

| コメント (2)

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »