« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月13日 - 2009年9月19日 »

秋を探しに、山里へ・・・

2009年9月12日天気は雨が降り続いてます。

久しぶりの雨模様です。のんびりと塵埃記を進めましょう。
 さて、テレビのニュースから政局が大きく変化しているのを眺めています。呑気な感想を落としておきましょう。
民主党政権になって、民主党議員達がぞろぞろとテレビの画面に登場するようになりましたね。どうしても、テレビのニュースによく登場した自民党の大物議員達と比べてしまいます。彼ら(両者とも)を詳しく知らない小生(庶民)は、どうしても顔や姿や話し振り等々のテレビから見える様子で比べてしまいますね。

 そこで小生は、「民主党議員達は、自民党議員達に比べて、若くて行動力を感じます。」と言っておきましょう。まあ、政権を奪取して燃えている時を差し引いてもですね。それぐらい自民党が、旧体質を引きずってきたのだと感じずにいられませんね。元気な民間企業は、もうとっくに若者達に譲っていますね。
 年老いた官僚の「天下り」がどうのと言ってますが、給料の安い若手官僚の「天上がり」にしたらいかがでしょうと言いたいです。
 世界は、オバマ大統領・48歳に託したのですからね。戯言はこれぐらいにして、田舎の呑気な世界を綴りましょう。

 9月に入り晴天が続きました。「残暑が厳しい」と言う言葉がぴったりの季節でしたね。そこで秋が恋しくなり、秋を探してやれと、昨日の午後から、我が地から少し北奥の山里を楽しもうとカブで走ってきました。

 先ずは、林道越えで行こうと少し標高をあげたところからの「山里」を眺めました。もう田圃が黄金色に輝いていますね。「これぞ秋だ。」と言いたいです。では、林道道中と山里辺りの野草花を探して、秋を楽しみましょう。

 林道途中の秋は、「ヤマジノホトトギス」が咲いていました。なんとも言えない姿と色合いを持った草花ですね。山里に咲き乱れる日も近いですね。
 「シュウブンソウ」も咲いていました。秋分草と名を持ってますが、標高のあるところでは、一足早く咲きあがったようですね。その横で、「ガンクビソウ」も咲き乱れていました。面白い名をもらってますが、実物も面白い草風情を楽しめますね。

 山里近くまで降りてきました。「ヤマハギ」が、五部咲きと言う感じで、いたるところに繁茂しているのを眺めます。
 昨年に、アサギマダラを楽しんだ山寺へちょいと立ち寄りました。「ジャノメ科の蝶達」が並んでポーズをとって、「画像にしろ!」と言っているようでしたのでシャッターを切りました。大きい方がジャノメチョウ、小さい方がヒメウラナミジャノメだと思います。「蛇の目かー・・」とポロリ独り言が落ちました。「モスラは、蛇の目を持っていますが、と言うことは相当大きな蛇に似た怪獣がいることになる。」と言うネットからの記述を思い出したからですね。

 次に楽しんだのは、昨日の秋探しで一番嬉しかった草花との初出会いでした。長年身近な草花を追っていますが出会えなかったですね。
 「カラスノゴマ(烏の胡麻)」です。大葉の下に小さな黄色い花が、垂れ下がるように俯き加減に咲いています。大草に小花がつくと言う感じで、野草の風情がいっぱいで、素敵な感動を覚えましたね。野花を追う事に、また弾みがつきましたね。

 山里に入りました。畑には、「オクラ」の花が咲き乱れて綺麗でしたね。その畑そばの畦道には、「マルバルコウソウ」や、違う畦道では、「タヌキマメ」も楽しむことが出来ました。
 もう稲刈りもはじまっていました。その実った稲穂の下には、あわて者の「ヒガンバナ」を眺めて、「もうすぐ、お彼岸やなー・・」と秋を感じましたね。

 山里の野池土手辺りも楽しみました。我が地の池土手は、アレチウリも見れますが、クズが断然に多いです。山里池で驚きました。クズも繁茂してますが、池土手の大半に「キクイモ」が大繁茂していまして、鮮やかな黄色の大花ですので、壮観でして、何とか見たままを画像に出来ないだろかと頑張りましたが、駄目でした(笑)。

 また、この春にはじめて見た「クマツヅラ」の繁茂を、この土手で楽しみました。長く花をつける草花だなーと思いまして、検索すると色々と薬草になったり謂れが多い草だと知りました。草姿も結構楽しめますよ。

 農道をくるくる巡って帰ることにしました。途中で秋が落ちていました。「落ち栗」を見ましたね。カブをとめて、栗を画像にしようとすると、その横で「ニホンハッカ」を楽しむことも出来ましたね。そのほかに、農道そばで咲く野草花達も楽しみました。またブログ右横上のスライドショーにでも貼り付けておきますね。

 さて、帰り道に大好きな野池に立ち寄りました。鳥達がいっぱい見れるところなんです。夕暮れ近くになってます。鳥達が眠りにつくのでしょうか、「白鷺の木(笑)」を楽しむことが出来ました。夕日に逆光気味ですね。

そんなこんなで日が暮れてです。大好きな「野池の夕暮れ」です。鳥達がどこへ帰るのでしょう。空を舞い、ススキが素敵な姿になっています。もう夕暮れ時は、すっかり秋の風情がやってきていますと綴って、駄長編を閉じましょう。

| コメント (1)

« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月13日 - 2009年9月19日 »