« 2009年8月23日 - 2009年8月29日 | トップページ | 2009年9月6日 - 2009年9月12日 »

林道の風の中で、昆虫を楽しむ・・

2009年9月5日天気は快晴、残暑がきびしい・・

 午前中は、イチロー選手が復帰した大リーグを、寝転んで楽しんでいます。イチローは凄い選手ですね。ファンと言うより尊敬してしまいます。復帰後も大活躍ですね(イチローにしてはあたりまえ・・)。
 小生は野球と言うスポーツをいろんな角度から考察するのが大好きなんですが、イチローと言う選手からは、常に新しい魅力(特にプロ野球選手として)を見せられる様です。本日も、アウトコースの明らかにくそボールと言う投球を痛烈にヒットにしましたね。野球経験者からすると、彼の技術や打つと言う心理が、小生の想像を超えてしまうのですね。ですから、彼のプレーの魅力には、瞬きせずに見ずには居れないのですね。
 イチローについては、新記録を達成後のオフシーズンにでも、じっくりと考察してみたいです。

 さて、林道を少し走ってきました。爽やかと言うより残暑が厳しいと言う感じでしたが、標高を少しあげると爽やかな風に吹かれました。
 「林道の季節」が、はっきりとわかる画像を掲載しましょう。タラノキに花が咲き、センニンソウがからみ、その下には秋の定番のイタドリの蕾がいっぱいですね。

 そんな中をのんびり走っていますと、黒い大きな蝶が舞います。今までも、「大きな綺麗な蝶だなー。」と眺めるだけで、とても画像にすることが出来ませんでした。この日は、一匹が産卵していたようでして、確りと画像に出来ましたので、嬉しくて塵埃記を進めることにしました。

「カラスアゲハ」ですね。2匹いますが、1mぐらいまで近づけました。羽を閉じている方が産卵しているようです。いつもなら林道で飛んでいる姿しか見たことはなかったのですが、素敵な色を持っているのに驚きましたね。

 本日の林道遊びは、これで充分だと満足していたのですが、クサギの花に「クロアゲハ」が、沢山戯れていましたので、デジカメ遊びを確りと(ピンボケの山)楽しみました。花がクサギだったからでしょうか、すぐに花から飛びだしてしまいますので、シャッターをどんどん押しましたが、こんな画像が精一杯でした。

 また、じっとしていない昆虫では名を馳せている(ホバーリングして蜜を吸う)「ホウジャク」も楽しみましたが、光量が少ないうえに、望遠です、素敵な画像は作れませんでしたが、実物をじっくりと小生は楽しみましたね。

 また里山の小川では、「ハグロトンボ」が交尾の最中でした。沢山のハグロトンボが、争うように飛び交っているのを楽しみましたね。
 この小川で、「初めて見る草花」(シロネじゃーとお知らせいただきました。)に出会いました。なんと言う名前を持っているのでしょうね。検索中ですね。

 他にも、ゴンズイの実、ミズタマソウ、クルマバナ、アカソ、ニガクサ、アレチヌスビトハギ等々と楽しみましたが、お目当てだった「ナンバンハコベ」が花をつけていまして、本日の林道遊びは充分に満足しましたね。

 オマケは、昆虫を楽しむと言うことですので、面白い虫こぶを眺めましたので掲載しましょう。
「ヌルデミミフシ」「ヌルデハベニサンゴフシ」ですね。虫こぶも色々あるようで、自然の仲間として、これからも楽しんでやろうと思いましたね。ネット検索で「虫こぶ図鑑」と言うのがありまして、その数の多さに驚きました。

 ついでのオマケは、山深くの里の畑で、咲き乱れている「フウセントウワタ」ですね。テントウムシがまだ戯れていますね。また、稲穂が実る田圃では、いち早く一輪ですが、「ヒガンバナ」も楽しめましたね。

 そんなこんなで、またまた呑気な自然ツーリングを綴ってしまいました。拙い走り撮りの画像ばかりですが、「呑気はんは、暑い中を、悩みもなく、元気でんなー。」と笑っていただければ、幸いですと結んでおきますね。

| コメント (0)

絡み咲く小花を、マクロで楽しむ・・

2009年9月1日天気は快晴・・
 
 衆議院選挙が終わりましたね。予想どうり民主党の圧勝となりましたね。評論家達が、結果を色々と考察していますね。
 小生が思いますには、先進国は制度疲労を起こしていると思いますね(オバマがチェンジと言ってますね)。田舎の政治や制度にしても、この60年の高度成長期に出来た制度がどんどん疲弊して、無駄なものが多くなり、目に余る状態や、制度そのものが時代に合わなくなった様に感じますね。
 そのことに気づいていたのだろうが、安穏と旧態の姿勢で市場経済優先主義や選挙地盤の強さに溺れていた自民党が崩壊したことは、遅きに失したと言っても良いと思いますね。
 さて、政権を握った民主党ですが、公務員制度や年金制度、その他もろもろの制度疲労を起こした国を立て直すのは大変だろうと思います。じっくりと腰を据えて、新しい制度改革に取り組んで欲しいです。国民やマスコミも早急に結果を求めるのじゃなくて、我が国の政治を民主党に託したのです。時間を与えて変革を期待しましょうと言っておきましょう。

 では、夕暮れからカブで走ってます。「爽やかな風」に吹かれています。大きな草花の少ない時期ですが、つる性の草木に絡み付いて咲く小さな花達を楽しみます。いつものようにカブで走っているように流し綴りになりますが、塵埃記を進めますね。

 つる性の絡み付いて咲く花達は、今から沢山楽しめます。先ず田園地帯を走っていて、目に付く大きな花は、「ガガイモ」です。虫達も最後の営みを楽しんでますね。また田園の中の池土手では、「葛の花」を楽しみながら、近づいてごそごそしますと、「ツルマメ」「スズメウリ」の小さな小さな花を眺めることが出来ますが、老眼ではよく花姿が拝めません。そこでマクロ撮影となります。パソコンに落として見ますと、可愛い花だと思いますね。
 また、「ネコハギ」の花なんですが、老眼で眺める実物は、白いゴミのように見える花なのですが、マクロ画像にすると素敵な花姿を見ることが出来るのですね。

 秋深くになると、実達も沢山楽しめるようになりますが、葛や草木に絡んで「イシミカワの実」「ノブドウの実」を楽しめる季節になってます。これもマクロ撮影で画像にしますと、なんとも言えない色合いを持ってますね。

 中国縦貫道路の側壁のフェンスにも、これから沢山の絡みつく植物が楽しめます。初夏から咲いている「ヘクソカズラ」なんですが、実も見ることが出来ますね。
 また、「タンキリマメの花」なんですが、小生は「タンキリマメの豆」の弾けた姿が大好きなんです。画像の作りようで、目をむいて、こちらを眺めているようなマクロ画像になった年もありましたね。

 つる性の絡み付いて咲く小花達をマクロ撮影で楽しむ様子を綴ってまいりましたが、オマケは池に咲く「菱の花」です。マクロ撮影を忘れました。カイツブリが現れまして、望遠いっぱいで沢山画像を作りましたが、ピンボケの山となりました。手ぶれしてしまいますね。でも、池面に咲き乱れる菱の花は、マクロよりも、こちらの画像の方が良いなーとも思いましたね。

 そんなこんなで、爽やかに遊んでいます。仕事も順次こなせています。走り回っている田園では、もう「コスモス」が咲き出しています。
 これから秋本番となります。久しぶりに少し標高のある林道に入り、風に吹かれてみたいなーと落として、本日は閉じましょう。

| コメント (0)

« 2009年8月23日 - 2009年8月29日 | トップページ | 2009年9月6日 - 2009年9月12日 »