« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »

春風の優しさを楽しむ・・・

2009年6月5日天気は雨。

 5月の春は、樹木を中心に自然を楽しみましたが、小生のライフワークとなっています。身近な草花も同じに楽しんでいました。しかし仕事柄、動きますので、定点的に同じ場所を隈なく追う事が出来なくなってしまいました。
 本日の更新は、この一週間の間に楽しんだ草花で進めてみたいと思います。

 その前に戯言ですが、「春風の優しさ」と題をつけました。優しさについて、また少し戯言を並べて行きますね。前の更新の時に、真の優しさは逞しさが必要だと述べましたが、小生が思う理由を記しましょう。

 真の優しさには、耐える、我慢すると言う資質が絶対不可欠となりますね。不条理や不正義を曖昧に見過ごせないですよね。立ち向かって行くのは勇気が要りますね。でも、「優しさ」でじっと耐えて見つめて是正を模索することが必要な時の方が多いですね。インド独立の「ガンジー」と言っておけば、少し違いますが、良いかもです。

 身近なところでは、幼児に対する母の愛が、逞しい優しさと言えるかもですね。お乳を欲しがって愚図る(夜鳴き)、抱き上げてあやしてやる等々と、優しく見守りながら四六時中そばに付いて育てて行かねばならないですね。その忍耐力や包容力の逞しさが要りますよね。そうやって優しく育む中に、「母(女)は強し」となって行くのでしょうね。
 男で大切なのは、昔のお相撲さん達によく使われた「気は優しくて、力持ち」でしょうね。逞しい男が、優しい気持ちを持っている・・・日本男児の古来からの原風ですね。
 逞しさのない優しさは、なんと言えば良いのでしょう。「おとなしい」、「あたりさわりがない」・・難しいですが、周囲(相手)に対して、無関心と言う現代の風潮に向かってしまいそうですね。うん?、なんかまとまりません。また、優しさに付いては、考察して続けてみます。

 では、野の春風達を綴りましょう。先ずは、里山を久しぶりに歩きました。
目的の花は、「シライトソウ」でした。沢山咲きあがってましたが、薄暗くて、手ぶれピンボケですね(笑)。歩いていると、小さいですが真白な「ツルアリドオシ」を楽しめましたね。この2花が結合して秋に真っ赤な実を一つつけますね。まるで夫婦を現すような草花で、好きな花ですね。
 「オカタツナミソウ」も咲きあがってましてね。また、例年楽しむようになった「ヤマトキソウ」なんですが、固体数が少なく、また小さく風に揺れまして、ピンボケの山を築きました。やっとピントの合ったのが、上記画像の花姿とあいなりました。あっ、その横に咲いていた「トンボソウ」は、ピントがあった様ですね(笑)。
 また草や樹木に絡んで、色の変った花でして、好きな「タチカモメヅル」なんですが、まだ星型のチョコレートの様には、開ききっていませんでしたね。

 オマケには、里山深くの古池に咲く「コウホネ(河骨)」の花なんですが、小生の満足の行く画像となりました。この花画像は、池面からニョキリと言う言葉が合うほどの花姿となりました。コウホネの花は、この模様でないと・・と思いますね。

 次の春風は、加古川沿いの堤防辺りで吹かれました。
この堤防の上は、車道になっていまして多くはないですが車の往来があります。その車道下の土手に、数キロ(全線といっても良い)に渡って咲き乱れてますのが、「アカツメクサ」なんですね。それに負けじと群生している「セイヨウヒキヨモギ」ですが、遠目ですと黄色い絨毯を敷き詰めた様に見えますね。
 
 もう、夏の風情を感じさせる「ヤナギハナガサとヒメジョオン」「ムシトリナデシコ」も元気に咲きあがってきてますね。
 また、「ヤグルマギク」も園芸から飛んできたのでしょうか、咲き乱れているのを楽しみました。アカツメクサやセイヨウヒキヨモギに混じって、「オヘビイチゴ」も点々と咲いて彩りを添えていますね。
 上記の花達は、野の花にしては大花の部類で、目に飛び込んできますし、帰化植物のオンパレードと言う感じの堤防の春模様ですね。それから、小さな草の、「マンテマ」も、大草の間から群生しているのを眺めることができますね。

 しかしこれでは、真の春風ではないわいと、小さな元気者をゴソゴソ歩いて探しましたよ。「ノビル」君の花が弾けてましたね。小生はこの花が大好きです。夏の線香花火を連想してしまいます。花が弾けて咲く感じがします。
 あっ、そうだ農家のお庭で、ノビルの花の大花ような園芸花を見ました。でも、花が大きくて垂れ下がり、弾けた感じがありませんでしたね。
 それから、渡来の連中には堤防を席巻させてはと、「カワラマツバ」が頑張り出してましたね。またクズの大葉が、帰化植物君達に、「オイラの出番じゃー」と、這う様に伸びてきてましたね。

 そんなこんなで、またまた長編の春風綴りとなりました。これで、孫の二女の百か日の祝い(11日)と町内日帰り旅行(14日)まで、「更新せねば」と焦ることもないでしょう。仕事をしながら、のんびりとまた自然と遊び続けますね。

オマケのオマケです。加古川沿いにある浄水場の中の小さな公園で、綺麗な白鳥を一羽だけでしたが、楽しむことができました。
 「公園池の白鳥」をダウンロード
 この白鳥は、渡り、また飛ばないのだろうかと、明くる日も見に行きましたよ。「カラスと白鳥」なんですが、カラスが狙ってますが、餌付けされていますね。でも飛び出す心配がありますよね。小生が思うに、飛ぶのに一番大切が大羽をぬかれているのかもしれませんね。どうも「小羽を半開きした状態」で、泳いでいるようでしたね。

はい、雨でして塵埃記を進めることができました。疲れました。集金の仕事もできないから、居酒屋に参ることにしましょう。終わり・・・

| コメント (1)

仕事の合間に春謳歌・・樹木の春パート5・・

2009年五月31日天気は晴れ、夕暮れに仕事に出る時は雨・・

 月末から月初めにかけては、集金業務でカブで走りまわっています。大半が終わってしまいます。後は、会社、病院、自衛隊等々と期日指定のある方達で、のんびりと自然と遊びながら(時間つぶし)仕事をこなしています。
 「こんにちは、○○新聞です。お婆ちゃん、お元気ですかー。」とお伺いします。お婆ちゃんは、「もう、来ての頃やと思とった・・ハイハイ」ですね。お婆ちゃん達は、「アソウはん、あかんなー、息子も嫁も働かな食えん、孫を預けて、おらしまへんがなー。」・・小生は、「そやなー、お婆ちゃん、そやけど、仕事がない若い衆も多いそうや、お婆ちゃんも元気で、息子夫婦の為に孫の守をがんばってやー・・」ですね。
 人と人との対話が不可欠の田舎の集金業務ですね。小生は、安心したコミュニケーションによって励ましあうと言う世界は、集金業務が最後の砦のような気がして、その意味でも老後の楽しみとして仕事を続けたいなーと、自身を鼓舞していますね。

 戯言は、これぐらいにして「自然と遊ぶ」で塵埃記をすすめます。
田舎の村から村へと、「木々が覆い被さる山道」を走りぬけて仕事をこなしています。春風に吹かれて爽やかです。のろのろとカブを走らせて樹木の春の花達を楽しんでいます。沢山の樹木の花達を楽しんでいますが、全部掲載すると凄い数になり、また樹名を確りと同定できません(ネット交流の楽しみとします)。そこで、好きなもの、と初出会いとを綴って行きたいと思います。

 先ずは、我が家から出てすぐに楽しむ「シンジュ(落葉高木)」の花ですね。冬の葉のない姿も好きですね。「ソヨゴ(常緑高木)」の花や、我が地では、いたる所で見れる「クリノキ(落葉高木)」も花を付け出していますね。

 林道に入れば、「わおっ」と声が出るほど咲き乱れている「エゴノキ(落葉小高木)」の花ですね。また、真白に色づいて目に飛び込んでくる「ウツギ(落葉低木)」も凄いですね。
樹木の春では、空木系が目につく季節ですが、農家の庭や山道に「ニシキウツギ」が綺麗ですね。右端に見える山が三草山の一部ですね。

 また、ノイバラの咲き乱れも目にしますが、よく似ていますが、少し風情の違う「セイヨウヤブイチゴ(半常緑低木)」を初めて画像にしました。チョット色がピンクに染まってました。検索すると、園芸で入り野化したみたいで、ある場所でノイバラと一緒に咲き乱れてましたね。
 沿道を走ると、好きではないのですが、増えてきました「イタチハギ(落葉低木)」ですね。帰化植物だそうですね。やっぱり和の里山風情には合わない色ですね。その逆に、「ネジキ(落葉小高木)」の花なんですが、整然として可愛いですね。和の風情にぴったりですね。

 少しサボって、里山深くへ見たい樹木の花を思い出しました。「ウリノキ(落葉低木)」の花なんですが、咲いてくれてました。小さなマッチ棒のような蕾が弾けてカールして、花模様となりますね。雨が降ってきまして、この樹木の瓜の葉に似た下で雨宿りをしましたね。
 畑で、キーウイの花が満開なのを楽しんでましたので、マタタビの花を探してみました。まだ咲いていませんでしたね。でも、凄い初出会いがありましたよ。「ウラジロマタタビ(つる性落葉木本)」の花ですね。マタタビ科の花達も葉に隠れるように咲きますが、素敵な花顔を持っていますよね。

 あっ、里山ふかくに入ると、小生の大好きな色を持っている「コアジサイ(落葉低木)」も花をつけて、楽しませてくれましたね。沿道を走ってのオマケは、「桑の実(落葉高木)」にしましょう。真っ黒と赤かーと、子供の頃にカイコを飼ったことを懐かしく思いだし、眺めましたね。

 自然と遊ぶですから、オマケのオマケで参りましょう。野池あたりでは、「スイレン白」「スイレン赤」を楽しめますね。里山深くの池で、ヒツジグサを見るのを忘れてしまいました(笑)。

 農家の庭をオマケしましょう。「なんと言う樹木でしょう?」かね。花で木が覆われていますね。もっと近づきたかったのですが、家の中から、ゲートボールの練習でしょうか、コンコンと音が聞えてきまして、眺めるだけにしました。
 また、ある農家のお庭で、「ブラシノキ(常緑低木)
を楽しむ事ができました。この花もはじめて眺めることができましたね。
 また、庭木に絡ませて「テッセン」の大花を30花ほど見ました。「おみごと・・」と声がでましたね。石灯篭の頭に、セッコクが満開のお家もみました。モッコクの花が見たいですね。

 さて、我が地には野池が沢山あります。最後に動物を登場させましょう。「野池に、ヌートリア」ですね。深夜に仕事をしていて、道路で見たことがありましたが、画像にできたのは、初めてです。こんな簡単に見れると言うことは、増えているのでしょうね。
 「泳ぐヌートリア」です。
 こうやって、綴ってきますと、仕事をしていないと言うのがバレてしまいそうですが、夕暮れにちょいと走れば充分に消化できますね。

超オマケです。カブで里の道を走っていると、色んな動物に出会います。素早く逃げて画像にできないだけですが、「逃げない蛇」にも出くわします。1mちょっとはありましたね。枯れ枝が落ちていると思いましたよ。カブでよかったですね。軽四輪だと・・さてさて蛇君は、どうなったでしょうね。

 相変わらず呑気に、自然を楽しんでいることで、このブログをすすめています。呑気おやじは、毎日を楽しく生きているのだなーとご推察頂ければ幸いです。身近な小さな出来事や自然を楽しむ事で、人生は面白くなりますねとでも、締めくくって更新を閉じましょう。
忙しさに甘えた自己反省も込めて・・こんな走り書き発信でよいのだろうかなーと、ポロリ落としておきましょう。

| コメント (1)

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »