« 母校野球部の応援記2・・ | トップページ | 田園地帯の夏模様・・ »

母校野球部応援記を閉じる・・

2009年7月29日天気は曇り・・

 先ずは、社高校野球部の選手達に「よく頑張った。ご苦労様。」と最終学年の選手達に言ってあげたいです。強豪校がひしめく兵庫の大会でベスト4まで勝ち残りました。また歴史をひとつ積み重ねましたね。

 育英高校は素晴らしいチームでした。さすがに何度も全国制覇を成し遂げている野球部の歴史の重さを感じさせてくれました。投手の物怖じしない堂々とした投球、打者のチャンスに確りと点をもぎ取る打撃など、うーん強いと唸りましたね。

 社高校は、持っている実力は出し切れませんでした。投手が自滅してしまいましたね。ツーアウトから、四球を連発して押し出しの一点、またその塁が埋まったところで3塁打を打たれて4点目が入りました。この一撃で、浮き足立って実力が出せなくなりました。
 小生が期待していた、打たせてとる投球をして欲しかったです。四球は防ぎようがないですからね。打たせていれば、野手の正面に飛んでいた打球があったかもしれませんね。
 まあ、これも育英高校の実力ですね。その見えない重圧に腕が縮んでしまったのでしょうね。

 さて、本夏の母校野球部の応援も6回も楽しませていただきました。すぐに秋の大会がはじまりますね。新チームの皆さんに、暑い夏の練習に耐えて、また強豪校を苦しめる、また超えてゆく実力を養ってくださいと結んで、応援記を閉じましょう。

 

« 母校野球部の応援記2・・ | トップページ | 田園地帯の夏模様・・ »

アーカイブ4」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
今朝の朝刊で、御母校の準決勝で敗退を知りました。
7-1だったですね。
試合の内容は、呑気様のこの記事で知ったことですが、浮き足立ってしまい、力を出し切れなかった点は、残念でしたが、良くぞ、ここまで勝ち残ってきたものだと、選手の皆様ほか、関係者の皆さんの大健闘を褒め称えたいと思います。

負けたその瞬間から、気持ちを切り替えて、次なるステップアップを目指す、その、敢闘精神も敬服に値します。

全ての関係者は、ゆっくり休んでいただき、また雄々しく立ち上がってくださいね。

熱い思いを、たくさん有難うございました。

なお、私ことですが、しばらくの間、ネットを休ませていただいていますので、悪しからずお願い致します。

投稿: ぶちょうほう | 2009.07.30 10:52

ベスト4 頑張ってますねェ~
それにしても社の頑張りは凄い・・・
そして、羨ましい。

我が母校にはカツを入れたい!
(在校中に全国駅伝出場が唯一の自慢)

投稿: 山名章夫 | 2009.07.30 11:00

ぶちょうほう様・山名章夫様・・ありがとうございます。

毎年の夏の行事となった人生です。でも、この応援の気持ちが、我が人生を正しい道を歩ませてくれたのじゃないかと、つくづく今の人生を自信をもって、歩いているような気がしていますよ。

少年達に対して、道に外れられない役職を持ってしまったことを誇りに思ってますよ。

投稿: 呑気おやじ | 2009.08.01 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母校野球部の応援記2・・ | トップページ | 田園地帯の夏模様・・ »