« 真夜中でも花遊びと応援の日々はじまり・・ | トップページ | 母校野球部の応援記2・・ »

母校野球部の応援記と月下美人

2009年7月26日天気は曇り。

 社高校野球部(母校)の応援記なんですが、順調にベスト16まで勝ち上がりました。本日に神戸国際大付属高校との、ベスト8をかけての一戦を高砂球場で楽しみました。
 新聞評では、両校ともダークホース的な優勝候補に名があがっていましたが、我が校の実力押し切り勝ちと言う内容でしたね。

 先発投手の高橋君は、入学当初から有望な左腕投手として期待されていましたが、故障が多くて投げられない状態が続いていました。この大会も背番号3番でしたね。初登板と言う思い切った投手起用となりましたね。
 豪腕速球投手でして、打ってみろという感じで投げてましたね。7回まで、相手打線をねじ伏せたと言う試合内容で0封しましたね。
 完投すると思いましたが、8回からは期待のエース井上君が登場しましたが、ピリッとせずに、また前川投手の救援を受けるという内容でしたが、かろうじて3人で完封で逃げ切りました。
 
 少し心配なのは打線でしたが、6回から登場した相手エースから、1番の主将がまた試合を決める二塁打を放ってくれましたね。7回まで、点の入らない緊迫した試合での彼の痛打は、応援席から歓声が轟きましたね。

 さて、完投させなかった豪腕高橋投手ですが、OB達の噂では、肩か肘に故障を持っているそうで、この大会後には、将来は大学や社会人で活躍するために手術に踏み切るそうでして、監督も交代させたのじゃないかと思いますね。それにしても、みごとな投球でした。故障がなければ、本日のような投球を、夢の甲子園で全国の野球ファンに見てもらいたいなーと、小生は思いましたね。

そんなこんなで、明日も晴れれば、ベスト4をかけての、公立高校同士の戦いとなりますね。淡路の古豪洲本高校との一戦となります。姫路球場での応援が楽しみです。

月下美人記・・
 母校の応援の為に、昼間は試合後に少しだけ集金業務をこなしています。その時に、あるお家の玄関前のお庭に、月下美人の蕾を沢山見ました。お婆ちゃんに、「月下美人ですね。」と言うと、「今夜あたりに咲きそうやなー。」といわれましたから、深夜の業務で近くの農道を通りますから、「お婆ちゃん、深夜に見に来ても良いですか。」と聞きました。お婆ちゃんは、「ああ、何ぼでも、そやけど真っ暗やから、気ーつけやー。」でしたね。

 深夜業務(午前3時)の途中ですが、お婆ちゃんのお庭に参りました。本当に真っ暗でして、小さな小溝に足を取られてこけそうになりましたが、玄関先まで歩いて行きましたが、肉眼ではまったく花を拝めません。
 簿やーっと白ぽいものが見えます。デジカメをその方向にあわせてシャッターをぱちぱちやりました。モニターに花が捕らえられているのがわかりまして、早々に仕事に戻りました。

 パソコンに落としてみてのお庭の「月下美人」ですね。お婆ちゃん曰く、「13ほど蕾があるさかい、今年は花が小さいと思うわー。」でしたね。沢山咲いていますね。真っ暗で2、3花だと思っていました。
 「月下美人の花」です。小生は思いましたね。昼間ならいざ知らず、夜に楽しむ花を、真っ暗な庭に咲かせている。良い香りがしましたが、香りを楽しむのでしょうかね。画像にして楽しむ方法は、お婆ちゃんは知らないと思いますね。
 田舎にもいろんなお家がありますが、月下美人を玄関前に植えられているのは、このお家だけですね(笑)。まあ、小生も初めて眺める(暗くて肉眼では眺めていません)素敵な花でした。深夜でも、また花遊びしていることのお知らせとなりました。

さあ、呑気に綴っていますが、明日の応援も睡眠0時間で参らなければなりません(当直週です)。でも、大丈夫ですよ。午後8時から、3時間は眠れます。応援の為に、今から眠りますと記して、閉じましょう。

 

« 真夜中でも花遊びと応援の日々はじまり・・ | トップページ | 母校野球部の応援記2・・ »

アーカイブ4」カテゴリの記事

コメント

呑気おやじさん、又いつかの夏みたいに
甲子園まで行けると良いですね(^^)/

投稿: mituru | 2009.07.27 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夜中でも花遊びと応援の日々はじまり・・ | トップページ | 母校野球部の応援記2・・ »