« 春風に吹かれて・・樹木の春・パート4・・ | トップページ | 仕事の合間に春謳歌・・樹木の春パート5・・ »

若人に苦言・・根っこを知って生きてみては・・

2009年5月22日天気は曇り・・

 商いを廃業して、仕事について1年と3ヶ月になります。ブログのカテゴリーの中のトップにあげている「つぶやき(戯言)」を更新できなかったですね。自然との遊びに集中していますが、実のところは日々、日常を素敵に過ごす為に、地域の活性化や職場の理想やら、今の世を正しい道にすすむ方法などを、愚頭で思考する事が好きなんですね。マスコミや世風に流されているような若人を見ます。根っこの話しで、久しぶりに戯言で、ブログをすすめます。

 私の職場は、新聞販売店ですね。主な業務は深夜の1時からです(アルバイトの配達員がほとんどです)。その中で、入社したり、退社したり流動的ですが、若い人達が社員(専業)として勤務しています。

 私は、アルバイトですので社員の指示にしたがって仕事をしています。その中の社員の諸行の怠慢さに、ついに怒りが爆発して、怒鳴りつけてしまいました。

 私の仕事は、色んな新聞(本誌からスポーツ等々)をコンビニに届けることなんですが、軽四の助手席の前の足場に積み上げて新聞束を積みます(後部荷台は、配達員の新聞束でいっぱいです)。いつもなら、私が丁寧に積むのですが、昨晩は社員が積みこみました。
 その積みこみが乱雑で、新聞の端が折れてしまってました。コンビニで、謝りました。コンビニの店員などとは、親しくしていまして、事無きを得ましたが、帰ってきて社員に怒鳴ってしまいました。その怒鳴ったセリフを記しましょう。

「お前ら、誰に給料を貰っていると思っているんや、会社だと思っているのだろう。本当は、新聞とチラシがお前らの飯の種で、新聞とチラシがお前らの給料を払っているだろ、その一番大切な新聞を粗末に扱いやがって、そんなことで、社員として、アルバイトの皆に示しがつくのかー。もっと愛情を持って新聞やチラシを扱ってやらないといかんやろ。」

 若人達は、勤めている会社の欠点やら、給料の上下やらと不満を持つ事はよく理解できますし、当然の事だと思います。しかし、自分の欠点やら反省点も確り見つめるべきでしょうね。また業務の根っこの部分は、人とのかかわりではないはずですね。その業務こそが、飯の種(給料)となっていますよね。その飯の種を知り、愛情を持って取り組めば、プロフェッショナル(職場の宝)となって行くのだと思いますね。
 色んな職場で、若者達が悩んでいるでしょうね。たとえば医療や介護福祉の世界もですね。飯の種(給料を得る)は、なんでしょうね。患者(老人)と記さなくてもよいですね。仕事の根っこがどこから養分を取るのか、わかればプロの道(人生の歩く道)が見えるでしょうね。

 私は、少年野球や高校野球で、選手達に努力の根っこのことを、コンコンと話して聴かせるタイプの監督でした。「なぜ、毎日、毎日、同じ練習、同じノックをするか、わかりますか。?プレーの理屈がわかっても駄目なんですよ。同じことを繰りかえし練習することで、体に覚えさせて、できるだけ早い動作(スピーディに)が出きる事が大切なんですよ。今は、皆さんはダブルプレーが取れませんが、毎日練習をつづけると、半年後にはダブルプレーを完成出きるようになりますよ。」

 職場でも同じことが言えますね。ベテランは仕事が速いですね。そりゃー毎日同じことを何十年と繰り返してきていますからね。若人と差がでて、当然なんですが、その単調な業務でも、飯の種と思い、愛情をもって取り組むと、単調な業務はすぐにベテランに追いつくと思いますね。そうすると、自信になり、今度は余裕が生まれて、まわりを見れるようになります。野球で言う一番大切な、チーム全体や試合の流れを見渡せるのですね。

なんか、まとまりがつきません。「優しさ」について戯言を述べたいのですが、この新聞やチラシと言う物に対しても優しさや愛情を持つ事が、人生を歩いて行くに大切な資質だと思いますね。
 私の言う資質は、金儲けはできませんよ。ただ、人生をコソコソ歩かないで、堂々と歩いて行ける資質を記して行きたいだけなんですね。
 政治家達も、飯の種は、庶民の税金ですね。庶民に優しく愛情を注ぐことが仕事ではないでしょうかね。
その優しさこそが、慕われて人気となり、票につながって行く、そこが根っこだと思いますがね。

 優しさについては、まだまだ記したいことがいっぱいです。私の大好きなイチローも、心の根っこには優しさがいっぱいの様ですね。この優しさが、胃潰瘍を呼んでしまったのだと思いますね。
 優しさは、逞しさと共存しないといけないと言うことも、また記してみたいと思いますね。

やっぱり、この辺で閉じます。もう少し眠らないと、仕事に差し支えてしまいます。
本日楽しんだ、キキョウソウを貼りつけておきましょう。
「キキョウソウ」をダウンロード
ダンダンギキョウとも言うそうですね。若人もあせらず、ダンダンと仕事の基本を知り、なにが飯の種なのかを知り、そこに愛情をそそぐ優しさを身につけてくださいと結んでおきますね。
人、対人に対する愛情よりも、物(商品や材料等々)や動植物にそそぐ愛情や優しさは、簡単なんですよも、付け足しておきましょう。

« 春風に吹かれて・・樹木の春・パート4・・ | トップページ | 仕事の合間に春謳歌・・樹木の春パート5・・ »

アーカイブ4」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
呑気様の熱気が、こちらに真正面から伝わってきました。
勤め先の店員さんたちも、呑気様に出会えて幸せものですよ。
だって、愛情を持って、自分たちに真正面から向き合ってくれる人生の先輩と同じ職場で働けるのですからね。
叱られたら、そのことを感謝できるようになれば、その若い衆たちは、まっとうさを身に付け始めた瞬間でしょうね。

愛情・友愛・・・・どこかの政党の新代表が口にされましたが、政治家がこのようなスタンスをちらつかせたのは珍しかったですね。
「優しさ」・・・今後の社会を評価するキーワードになるかもしれませんね。
小泉さんが、とんでもない方向付けをしたあとですので、そろそろ皆でまともにしないと・・・・・・。

投稿: ぶちょうほう | 2009.05.23 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春風に吹かれて・・樹木の春・パート4・・ | トップページ | 仕事の合間に春謳歌・・樹木の春パート5・・ »