« 二泊三日の鹿児島旅行・・ | トップページ | 田舎(トトロの里)巡り・・樹木の春・パート2 »

桜が散って、沿道(里山)の樹木の春の花達・・

2009年4月23日曇り時々晴れ

 鹿児島旅行から帰ってきまして、たまっていた集金業務をこなす為に、カブで飛ばして我が地をグルグルまわっていました。やっと落ちつきましたが、明日からまた4月分の集金をのんびりと自然を楽しみながらのカブツーリングとなりますね。

 そこで、桜が散ってしまいましたが、沿道や農道の畦道は花盛りとなっています。デジカメを積んで仕事をしてますので、ドンドン花画像ができます。呑気家の書斎の「09年・田舎の自然」と言うアルバムに、遅れ馳せながら追加しています。

 本日の塵埃記の更新は、カブで走りながら目に飛びこんできた樹木の花達に近づいて楽しんだ画像を掲載して進めようと思います(木姿全体が素敵なんですが、デジカメはまだそこまで撮りきれませんね)。

 我が地は、ツツジ祭りがあるほどで、「ミツバツツジ(落葉低木)」のピンクがどこを走っても目に飛び込んできて、楽しめます。
 高速道路のそばを走ると、側壁のフェンスに「アカメガシワ(落葉高木)」の赤く色づいた葉に引かれましたね(これから面白い花をつけますね)。街路樹は、桜から「ハナミズキ・白花」「ハナミズキ・ピンク花」が満開となり咲き乱れてますね。

 次の村へと行くのに、山道を少し走ります。そこには「クサイチゴ(落葉小低木)」の花がいたる所で見る事ができますね。
 林道を走りぬける時には、「ニガイチゴ(落葉低木)」が真白になっている樹木もあるほど咲き乱れているのを楽しみます。もちろん探せば「モミジイチゴ(落葉低木)」も楽しめますよ。

 仕事を夕暮れにまわして、少し大きな里山の中の林道を走れば、「クロモジ(落葉低木)」が満開となって、黄色の彩りが素敵です。また大好きな「ザイフリボク(落葉小高木)」を探します。少ないですが、見つけると例年よりは、花付きが良いのでしょうか、真白な綿毛を纏ったような樹木を楽しめますね。

 こうなると、じっくりと林道の中の樹木の花を楽しんでやれとなりますね。「アオダモ(落葉広葉樹)」の花に近づいて楽しむと、なんとも言えない風情に見惚れますね。また「ウワミズザクラ(落葉高木)」が満開に近くなっている木に出会いまして、見上げましたが、素敵な春姿でしたね。出会ったのは、この画像の木だけでした。

 白い花達ですが、もっといたる所で沢山に目に飛び込んでくる樹木の花も掲載してやりましょう。「ガマズミ(落葉低木)」「コバノガマズミ(落葉低木」なんですが、違いが難しいですが、葉と風情の差を感じただけで同定は不安ですね。

 もうこうなって楽しみかけると、陽気に誘われて(仕事を忘れ)、ゴソゴソ歩いてみたくなりますよね。前から花の蕾を見ていて気になっていた樹木がありました。<咲いているかなー>と山の中へ入って行きました。咲いてくれてましたよ。我が地での初出会いとなりましたね。「ミヤマシキミ(常緑低木)」なんですが、薄暗いところで、フラッシュ撮影となりましたが、群落しているようで、秋の赤い実(有毒)とこれから毎年楽しめるなーと嬉しくなりましたね。
 ついでに、昨年に出会った「トリガタハンショウヅル(ツル性低木)」を探しましたが、昨年と同じところに咲いてくれてましたね。まだこれからのような気がしますね。その近くで、「キブシとサルトリイバラ」の花を楽しみましたが、面白いコントラストを感じましたね。

 樹木の花達を次々と目に飛び込んでくる順に記しましたが、樹木の名前の難しさを感じています。「この木なんの木、気になる木・・♪」と口ずさみながら眺めた樹木を2つ掲載します。
「なんの木1」・・落葉低木の部類でしょうかね。「なんの木2」なんですが、風情が素敵でしたね。ヤシャブシ系でもなさそうな、高木でして、落葉する様ですね。

あっそうそう、山の中で飛んでいる姿や色合いが素敵な少し大きな鳥を見ましたね。鳥画像を素敵にお作りになるお友達から、「カケス」ですねーと教えていただきましたね。山の中の自然は、美しいものがいっぱいですね。

 そんなこんなですが、里山から抜け出て、さて仕事じゃと山裾の野池で準備していると、あらら、もう「ヤマフジ(木本性ツル植物)」が咲き乱れているわいと眺めて、今度はタバコをイップクしましたね。

 沿道と林道を走っていてのオマケですが、ソメイヨシノはすっかりと葉桜となりましたが、まだ咲き誇っている桜が綺麗でしたので、掲載しますね。

「里山で見た大きな桜の木」なんですが、樹木にツル性の植物が絡んで、なんとも言えない風情を見ましたね。

ある沿道では、「ボタンザクラ並木」が満開となり眺めましたね。

それから、ネットのお友達から、紅白と言いますか、白とピンクが一本の木から咲く桜を掲示板投稿で、ご紹介頂きました。そこで、捜し歩いたわけではないですが、田舎をグルグルまわっていまして、農家のお庭で見る事ができましたね。「源平枝垂れ桜」と言うそうですね。白がもう少し頑張っていてくれたら、源平合戦になって見頃でしたでしょうね。

えいっ、明日からまた楽しいカブツーリングでの仕事に追いかけられます。そこで、もう一つオマケです。
 我が家の庭で、孫と楽しんでいる「タラヨウの木(常緑高木)」の花が満開です。小さな蜂が見えますか、無数の蜂達がやってきて、昼間はズート、ウブーンと言う羽音が聞えてますね。
 また、孫との散歩では、お寺の花達も楽しみます。「カリン(落葉高木)」の花を見せてやり、「綺麗なー」と言う言葉を教えていますね。

 そんなこんなで、塵埃記を更新する事ができました。なんかまだ掲載漏れの樹木がありそうですが、もう整理がグチャグチャです。こんなところで、自己満足して閉じましょう。

 さあー、もうすぐ男の子の季節ですね。もうある田舎では「鯉幟」が新緑の春風に舞っていますよ。孫もそうですが、皆さんも心だけは、春風のように明るく元気でお過ごしくださいね。小生は、年がら年中の呑気者ですから、それでも一番心がウキウキ(花が咲く)と、爽やかに日々を過ごしたいですね。

« 二泊三日の鹿児島旅行・・ | トップページ | 田舎(トトロの里)巡り・・樹木の春・パート2 »

アーカイブ4」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
旅行からもどり、ひと段落付いたご様子。
今回の記事は、まるで里山花図鑑のように盛りだくさんですね。
よくぞこんなに収集されましたね。
改めて感じますね、御地の植生の豊かさというものを。
トリガタハンショウヅルというものを小生はまだ見ていません。
こういうものに是非出会いたいものです。

何の木その1:はコクサギに似ています。
これの葉を揉みますと生ゴムのようなヘンテコな匂いがします。

その2は見た記憶が無いように思います。
名前が全然浮かんできません。

投稿: ぶちょうほう | 2009.04.23 15:26

あらら・・ぶちょうほう様・・ありがとうございます。
更新途中に、入ってきて頂いたのですね。
孫がやってきて、遊んでやったりで、完成していなかったかもです。誤字や脱字でいっぱいだったと思います。

やっと、追加記事も足しまして、18時30分に完成しました。
花談議の嬉しいコメントに感謝します。

今日は、孫の誕生日で、今からお祝いのささやかな宴を6人家族が楽しみますね。

投稿: 呑気おやじ | 2009.04.23 18:41

呑気さん こんばんは、

里山の春の花々と鹿児島旅行のアルバムを楽しませていただきました。

あっと言う間に4月も終わりですね。
ゴールデンウイーク突入で安い高速道路での旅や外国への旅をされる人たちが多いでしょうね。

豚インフルエンザが世界を蔓延しているようですが、日本に上陸しない事を願いますよね~!

可愛いお孫さんのお誕生日祝いで目を細めて~?
もう大きくなられたでしょうね♪

投稿: ryo | 2009.04.29 22:41

これはウワミズザクラではありません..アオサダの木の花です..

投稿: | 2015.05.13 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二泊三日の鹿児島旅行・・ | トップページ | 田舎(トトロの里)巡り・・樹木の春・パート2 »