« すこぶる明るく元気に呑気です・・・ | トップページ | 哲学を感じました・・・ »

野池でカワセミを見た・・

2009年1月17日天気は快晴。

 この15日に、集金業務で青野ヶ原にある自衛隊の基地に入りました。そのあたりは、大変に野池が多くあります。カイツブリがいましたから、車を止めて、眺めて、デジカメを準備して、カイツブリが浮きあがってくるのを待っていました。
その時に青いキラキラ輝く小鳥が横切り、野池の水際土手にとまった様でしたので、カメラの望遠で眺めました。「おっ、カワセミちゃんじゃないかー」ですね。望遠がいっぱいでした。もう手ぶれしているのが、レンズからもわかるほどでしたが、シャッターを切れましたね。この一枚だけでした。

「野池のカワセミ」をダウンロード
 凄いピンボケですが、ご容赦ください。鳥達は望遠でないと画になりませんね。仕事中に三脚を積んでまではできないですね。野池で見れるとなると、暖かくなったら遊んでみたくなりましたね。
 でも、小生は動いてなんぼの超体育会系ですから、飛んでくるのを待てないだろうと思いますね(笑)。

 この辺りは、ブラックバス釣りで人気の野池ばかりなんですが、奴らが少なくなると小魚が沸きますね。カワセミもやってくるのでしょうね。ネットの中でもカワセミ画像をよく見かけてましたが、増えているような気がしてならないですね。

2部構成です(笑)・・時の流れが早いですね。

2009年1月16日天気は快晴。

 やっと落ちついた感じになりました。孫と少し遊びました。人通りのなくなった滅んでしまった商店街を一緒に歩きますと、孫は大きな声で童謡を歌いながら歩きますね。家の中にいた老人達がでてきて「呑気はんの孫やなー」と誉めてくれているのやらですね。

「孫・聡一郎」をダウンロード
 小生の栄えて滅んだお店は、孫の広い遊び場になっています。お店をたたんで、はや一年になるのですね。あと二週間もすると、新しい職場でのお勤めが一年となりますね。無遅刻無欠勤の続行中ですね。

 若い頃にスポーツで鍛えに鍛えたとは言え、丈夫な体に産んでくれた親に感謝していますね。この60年間に、風邪やら疲れたと言って寝こんだ経験がありませんね。後頭部を強く打って、三途の川を渡るほどの交通事故を起した時に(医者が駄目だと言ったそうです)、三日ほど意識がなく寝ていたことぐらいですね(これも本人は気付いていません。事故前の1週間ほどの記憶がありません)。

 孫を見ていたり、昨年を降りかえりますと「時の流れが早すぎる」感じを凄く受けますね。小生の60年も夢の如しと言えるほどアッというまに流れた感じがしますね。

 また、新しい人生模様を経験しています。面白いですねー。やっぱり人が好きなんでしょうね。大なり小なりと色々な人がいますが、所詮は食って糞たれて、エネルギーを放出しているのが人の原点ですからね。本体自体は皆同じですね。周りの模様が違うだけですね。

 その模様ですが、やっぱり庶民の不幸模様を目にすると、心が痛んで優しくなってしまう気がします。いつの時代も地球上は、弱者が泣き続けてますからね。小生は、心と体だけは、すこぶる健康で歩いて行ける幸せを凄く感じていますね。広い里山で、ポツリと一人で居て、周りの模様を見ると「わしゃー生かされとるわい。」となりますね。

「梅のほころび」をダウンロード
 集金業務をいっきに済まそうと、昨日軽四輪で田舎を走りまわりました。「あらら、梅がー」と車を止めて楽しみました。
 季節は待ったなしに流れていますね。深夜の仕事から帰ってきて、暫くはテレビの「朝ズバ」を眺めていますが、時はドンドンと流れているのに、政治は澱んで止まっていますね。庶民にとっては大変迷惑なことだと思いますね。
 小生の友人も、栄えていたのですが、何もかも失ってしまう状態に陥っていますね。
不幸が底辺から沸きあがっているのが、気付かない政治や行政に憤りを通り越して、諦めの境地となってますね。庶民の苦しみを肌で感じられる(戦後産まれは、経験してないからなー)政治家(昔の社会党、共産党が懐かしいです)がいなくなりましたね。

 そんなこんなで、塵埃記を進めました。後半に拙い戯言をまた落としてしましました。本日の朝は、土曜日です。チラシがいっぱいの業務となりますね。まあ、もう慣れて頭を使うことなく、体が勝手に動きます。でも、睡眠だけは確りととりましょう。

« すこぶる明るく元気に呑気です・・・ | トップページ | 哲学を感じました・・・ »

アーカイブ4」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
今日は、三河も、雨がぱらついて来ました。
寒い中ですが、干天の慈雨かもしれませんね。

カワセミは本当に綺麗な鳥ですね。仰言る様に個体数は増加傾向かもしれません。
三河ではその原因は、河川の水が綺麗になってきたからだと思っていましたが、野池が主体のそちらではどうなのでしょうか。

お孫さんの活発そうな姿、特に、目のクリっとした所などは可愛いものですね。
こういう子達に、良い世の中を差し出してあげなければなりませんが、私たちは果たして合格点を貰えるのでしょうかね。

小生は最近、極めて涙もろくなってしまいました。
世の中が、まっとうになり、なるべくのことなら嬉し涙で明け暮れたいものです。

今の政治の状況は、相当危険かもしれませんね。
昨今の国会内の論戦を傍観していると、今見えている二大政党には、どうやら当事者能力が無さそうに思えてきてしまいました。
良い政治家を育て上げるのは、国民の身に迫った課題かもしれませんね。

投稿: ぶちょうほう | 2009.01.18 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すこぶる明るく元気に呑気です・・・ | トップページ | 哲学を感じました・・・ »